現在の発言数855,825件!

青春の秋。大人の秋。秋に寄せて。

日曜日は立秋です。
まだ、夏の猛暑に悶えている真っ最中ですが。
しかも、夏の思い出のトピを募っている者ですが。

秋のロマンチックな思い出や切ない思い出、食欲に燃えた秋、芸術にチャレンジした秋のお話など、お聞かせください。

一応、BGMは韓国ドラマ・秋の童話よりReason~チョン・イルヨン~をイメージしております。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言8件 (全8件)

  • 秋といえば!
    40年近く昔の10月某日。
    20歳そこそこの私達は晴れて入籍挙式しました。
    1週間かけてドライブで新婚旅行♪
    若造のくせに離れ形式のお宿に泊まったり。

    そして4年後の10月某日、入籍した同じ日に離婚届を提出。
    忘れられない秋の思い出です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >60代さん

    秋といえば!
    40年近く昔の10月某日。
    20歳そこそこの私達は晴れて入籍挙式しました。
    1週間かけてドライブで新婚旅行♪
    若造のくせに離れ形式のお宿に泊まったり。

    そして4年後の10月某日、入籍した同じ日に離婚届を提出。
    忘れられない秋の思い出です。

    秋の日のお話をありがとうございます。
    思い出というよりも…人生経験ですね。

    いい日旅立ちという歌を思い出しました。
    どちらも新たな旅立ちですね。

    いい日旅立ち、幸福を探しに。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 遠い昔、夫と結婚する前の話です。
    どこかに2人で行き、ふと夫がお花屋さんに入ったと思ったら、一輪のリンドウを買ってくれたのです。
    たった一輪と思ったけど、とっても嬉しかった記憶があります。
    夫はそんなこと忘れてるに決まってますがね。
    今でもお花屋さんでリンドウを見かけると、当時を思い出します。
    トピ主様。
    いつもステキなトピ立ててくださり、ありがとうございます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >60代さん

    遠い昔、夫と結婚する前の話です。
    どこかに2人で行き、ふと夫がお花屋さんに入ったと思ったら、一輪のリンドウを買ってくれたのです。
    たった一輪と思ったけど、とっても嬉しかった記憶があります。
    夫はそんなこと忘れてるに決まってますがね。
    今でもお花屋さんでリンドウを見かけると、当時を思い出します。
    トピ主様。
    いつもステキなトピ立ててくださり、ありがとうございます。

    ありがとうございます✨

    りんどうは秋を代表する花ですね。竜胆という漢字で表されるのを今、知りました。
    漢方薬に使用される…あなたはわたしのお薬、またはわたしはあなたのお薬という解釈をしています。
    プロポーズやね。

    正義という花言葉もあります。半沢直樹が贈られていました。

    デートでお花屋さんに入る~ロマンチックじゃないですか♥️

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 芸術の秋にチャレンジしたお話です。

    生け花を習っておりました。市民文化展へ出展することになりました。
    先生のアドバイスもあり、得意の型で展示をしました。
    その時に生けた花材が、ピン・クッションとフォックスフェイスでした。
    「おお。世の中にはこんな珍しい花や実があるんだ。」と思いました。(検索してご覧ください。面白いですよ。)

    初めて見る花材で初めての花展。楽しかったなあと今でも思っています。写真を撮っておいてよかったです。

    今は、公民館フラワーアレンジメント講座に(年一回くらいの割合か?)参加するくらいです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 小学生時代を過ごしたのは平屋の家で、当時は2階建ての家に憧れてました。
    今なら平屋は贅沢だと思えるんですけど。

    閑話休題。
    その家の庭に大きな柿の木があり、毎年たわわに実がなっていました。
    兄と2人で登っても大丈夫なほどの大きな木でした。
    子供に話したら「柿の木!?しかもお母さんが木登り!?」との反応。
    柿の木の木登りと干柿の暖簾は私の秋の風景です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >60代さん

    小学生時代を過ごしたのは平屋の家で、当時は2階建ての家に憧れてました。
    今なら平屋は贅沢だと思えるんですけど。

    閑話休題。
    その家の庭に大きな柿の木があり、毎年たわわに実がなっていました。
    兄と2人で登っても大丈夫なほどの大きな木でした。
    子供に話したら「柿の木!?しかもお母さんが木登り!?」との反応。
    柿の木の木登りと干柿の暖簾は私の秋の風景です。

    桃栗三年、柿八年といいますね。立派な木がある大きなお庭を想像します。

    最近まで、柿は買うものではなく貰うものでした。
    柿の木があるお家が周りに多く、毎週のごとくいただいておりました。
    干し柿もよくいただきました。
    近年、住宅地まで熊が出没するのです。みなさん木を切ってしまったのです。

    お母さんが木登り=お母さんに子どもの頃があったの?という驚きかな…。( ̄▽ ̄;)あのな、いきなりお母さんじゃないのよ。

    柿色の秋のお話をありがとうございます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 秋の思い出というか、現在進行形のお話です。

    市の健康アプリがあり、ウォーキングソフトと連動しています。歩いた歩数や距離、消費カロリーを記録できるものです。文学作品にちなんだものです。

    それに昨年9月から参加しています。だいたい2万キロくらいですが、来月9月中にはゴールできそうです!
    一年かかりました。
    途中、抽選会があり500円相当の賞品が貰えました。
    最後に当選したいなあと思っています。

    スポーツの秋のお話でした。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する