現在の発言数747,009件!

タルト生地の空焼きについて

レシピにマンケ型に生地を敷き詰めフィリングをいれて焼く180℃50分レシピだと、タルト生地底面が生焼けになる。
その為、空焼きしましたが上手くいきませんでした。

160℃で15分程空焼き
→タルトストーン除去(生地がついてくる)して5分同温度で焼き
→粗熱がとれてからフィリングいれて180℃50分焼きで底面生焼けなりました。
レシピにて生地は厚め推奨の為5㎜です。
家庭用の電気オーブンです。

【希望】
2度焼くので空焼き時点であまり色付けしたくありません。
低温すぎると、少し生地がダレてしまうのでダレない温度で。
タルトストーンに生地がつかないようにしたい。
約5㎜厚で底面にしっかり火が入るような工程のアドバイスあれば宜しくお願いします。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言1件 (全1件)

  • タルトは作ったことありませんが、少し気になったので

    こんにちは。

    未成功の段階で大幅アレンジを加え続けるのは危険かもしれないです。
    一つのレシピがダメだと思ったら、他のレシピをアレンジせずに正確に再現して試すことをお勧めします。

    180℃で50分焼くという以外のレシピの詳細(アレンジ前のレシピの事)は書かれていなかったので具体的なアドバイス皆さんしづらい状況なんじゃないかなと思いますが、コメントまだないので、詳しくないのに書き込みしてしまいます。どうかお許し下さい。
    人によって理想は違うでしょうし方法も違うでしょうけれど、ぷーさんの思っていたとおりの効果を出すための工程になっているかどうかという観点で私が感じた事です。


    ① タルトストーンの下にベーキングシートを敷く(くっつかないし、作業も早く出来て、生地の温度低下を最小限に即オーブンに戻せる。但しオーブン自体の温度も②のとおり下がってますので考慮を)
    ② 160℃15分+5分という設定が低温すぎる可能性あり。さらに、中身の出し入れで実際の庫内温度は160℃よりさらに低くなってるかも。
    (家庭用オーブンの戸の開閉で温度は簡単に何十度も下がります。元に戻るまで結構時間かかるので予熱設定温度は少し高めにしたり長めにしたりで工夫する方も多い。それに個人的には160℃は蒸し焼きとかでは経験ありますが、クッキー等では使ったことないです)
    ③ 焦げより生焼けの方が問題なので、まずは焦がしてもいいと思うくらいでやってみたほうが良さそうです(レシピを逸脱しない範囲内で)。もし実際に焦がした結果の調整なのでしたら、この③は無視してください。あるいは短時間で焼けて水分も飛びやすそうな小さいタルトに先に挑戦してみるとか。
    ④ 天板を載せる位置が上段か下段かでも熱の入り方は違ってきます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する