現在の発言数800,827件!

ごぼうの悪臭

鴨鍋に入れたごぼうが とんでもなく臭くて 少々の不味さには目をつむれる私がリタイアしました。
酸化した油のような匂いだったのですが
同じ経験をされたかたはいらっしゃいませんか
生協から届いて8日目に調理しました。冬なので常温保存していました。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言9件 (全9件)

  • もしもし。。。ごぼうはあく抜きしましたか?
    お酢に30分ぐらいつけておくと、8日目でも使えるんですがね。。。。
    ごぼうが悪くなると、ピンク色になりますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • そういうごぼうをいただいたことがあります。
    私は生協で頼んだものではなく、スーパーで買ったものでした。
    そうですね、酸化した油・・・機械油がしみ込んだような風味だったような気がします。
    わたしも理由は分かりませんが、生産者側の保存方法なのか?土の問題なのか?
    あんなごぼうなら食べたくないですね。
    でも味は買って見ないと分からないので難しいですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >グリンピース♡さん

    もしもし。。。ごぼうはあく抜きしましたか?
    お酢に30分ぐらいつけておくと、8日目でも使えるんですがね。。。。
    ごぼうが悪くなると、ピンク色になりますよ。

    回答ありがとうございます。
    我が家は井戸水を使い放題なので晒し過ぎじゃないのかというくらい流水でアク抜きします。
    もちろん水質も問題ありません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 生協なら

    連絡すると、回収、原因を検査機関で調べてくれると思いますよ。ゴボウが残っていればですが…。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >40代さん

    そういうごぼうをいただいたことがあります。
    私は生協で頼んだものではなく、スーパーで買ったものでした。
    そうですね、酸化した油・・・機械油がしみ込んだような風味だったような気がします。
    わたしも理由は分かりませんが、生産者側の保存方法なのか?土の問題なのか?
    あんなごぼうなら食べたくないですね。
    でも味は買って見ないと分からないので難しいですね。

    回答ありがとうございます!
    同じです!まさに機械油のようでした。
    土…私も一番に考えたのは土でした。

    原因まで教えて貰えるかは少し疑問ですが とにかく生協には連絡してみようと思っています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    連絡すると、回収、原因を検査機関で調べてくれると思いますよ。ゴボウが残っていればですが…。

    回答ありがとうございます!
    三分割に切った状態で供給されたごぼうの内の一本を使い切りましたが残りの二本は手付かずで保存しています。
    生協から検査のための提供を要請されるかもしれないと思い念のため残した物も冷凍しています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 最初に回答して下さったかたに返信送信しても反映されないみたいです。

    回答ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 某有名スーパーで買った牛蒡

    今日、特売で買った牛蒡が、人生初の劇マズだった。 それでこちらのコーナーで検索して理由が分かって、食べるのも辞めた。
    油くさい牛蒡は、食べられない。 情報ありがとう。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ゴボウの、手に負えない悪臭

    >匿名さん

    今日、特売で買った牛蒡が、人生初の劇マズだった。 それでこちらのコーナーで検索して理由が分かって、食べるのも辞めた。
    油くさい牛蒡は、食べられない。 情報ありがとう。

    手に負えない悪臭のゴボウを何度も経験している。一方、問題のないゴボウも何度も経験している。悪臭に困っている人に対して、水を入れたボールの中で軽くすすげば良いとか、酢水に10から30分つけておけばよいとか、さらっと回答して、ベストアンサーなどとなっている。悪臭の元は、アクなどではなく、ゴボウが吸収した油ヘドロそのものである。
    栽培している土壌や、畑に流入したヘドロから、ゴボウが吸収したものである。
    さらっと回答しているのは、悪臭のゴボウの生産者の味方のようにも勘繰りたくなる。
    温暖化で水害を受けた畑が沢山ある昨今は、多くの悪臭ゴボウが出回っておると推察できる。軽度のものは、濃い味で2度炊きしてある程度しのげるが、ほとんどの場合、泣き寝入りになる。土壌から吸収した油ヘドロの悪臭は、ゴボウ自体の問題ではなく、調理方法ではしのげない。このことに言及する人のいないのが不思議である。
    以上

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する