現在の発言数837,824件!

二重国籍で不具合は?

日本国籍で米国永住権を持っています。
仕事の関係で日本に数ヶ月滞在のことも
あり、アメリカへ帰国の際、空港の入国審査で米国永住権が ありながら、何故 日本に長期滞在したか 毎回 詰問されます。 アメリカ国籍を取得したら この様な入国審査で嫌な思いをしなくていいのに。 二重国籍だと日本側では どうですか?
ある人の話では二重国籍の人が アメリカ出国はアメリカのパスポートで。 日本入国と出国は日本のパスポート、そしてアメリカ入国はアメリカのパスポートで入国で特に問題はないと。 実際、どうなんでしょうか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全114件)

  • >Johnさん

    >アメリカへの納税の義務が発生するのは日本での所得が1300万円(確か去年はこの位)以上の場合です。それ以下であれば納税するのは日本のみで、アメリカへは申告するのみとなります。

    なるほど。正直日本での収入がどうなるか全く分からない状況ですので、とりあえず成り行きで場合によっては税理士に相談します。今は国籍喪失届を出したばかりで、長期滞在ビザの申請は来年行います。

    パスポートの件に関しましては、「外国籍の有無」の欄は「有」と答えて事情を説明すれば問題ないという理解です。例えば前述の大坂なおみ選手も、仮に日本のパスポートを更新する際には「外国籍の有無」を「有」と答えないと虚偽になりますし、「有」と答えても更新には支障が出ないと思われますので。

    アメリカの税務申告はTurbo Taxを使うと簡単にできますよ。日本からでもオンラインfilingできます。海外在住者のフォームも揃っているのでソフトに従って進めていけばできる様になってます。

    パスポートに関しては、大阪なおみさんとJohnさんのケースでは状況が違います。
    大阪さんは出生による二重国籍ですから、日本のパスポート申請の際は、アメリカの国籍有りで取得日に出生日を書けば合法的にパスポートを取ることができるのですが。

    Johnさんの場合は ご自身の意思で市民権を取られた日を記入する事になるので、事情を伝えてもアメリカの国籍を有している限りは発行してもらえないという気がするのですが・・

    そもそも 元日本人の再帰化申請は、アメリカ国籍を放棄することが要件となっているので、アメリカ国籍を維持したいのであれば、その要件は満たさないので再帰化申請自体ができないと理解しているのですがいかがでしょうか。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 調べてみたのですが、もし裁判で原告が最高裁で勝つ場合は国籍を持っていることを確認されるのは原告のみですが、その場合は国会による法改正を待たなくても同様の裁判を下級裁判所で起こすことによって国籍を確認することが出来るようです。その場合は判例主義の基づいて余程のことがない限り同様の判決が出る可能性が極めて高いです。
    再帰化申請は実際に日本に生活の拠点を移動する必要があるので、よりハードルが高いですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >在米暦30年さん

    アメリカの税務申告はTurbo Taxを使うと簡単にできますよ。日本からでもオンラインfilingできます。海外在住者のフォームも揃っているのでソフトに従って進めていけばできる様になってます。

    パスポートに関しては、大阪なおみさんとJohnさんのケースでは状況が違います。
    大阪さんは出生による二重国籍ですから、日本のパスポート申請の際は、アメリカの国籍有りで取得日に出生日を書けば合法的にパスポートを取ることができるのですが。

    Johnさんの場合は ご自身の意思で市民権を取られた日を記入する事になるので、事情を伝えてもアメリカの国籍を有している限りは発行してもらえないという気がするのですが・・

    そもそも 元日本人の再帰化申請は、アメリカ国籍を放棄することが要件となっているので、アメリカ国籍を維持したいのであれば、その要件は満たさないので再帰化申請自体ができないと理解しているのですがいかがでしょうか。

    了解しました。毎年Turbo Taxは使っているので、機会が来たら試してみます。

    >Johnさんの場合は ご自身の意思で市民権を取られた日を記入する事になるので、事情を伝えてもアメリカの国籍を有している限りは発行してもらえないという気がするのですが・・

    どうなんでしょうね。正直、やってみなければ分からないです。後戻りはもう出来ませんが。

    >そもそも 元日本人の再帰化申請は、アメリカ国籍を放棄することが要件となっているので、アメリカ国籍を維持したいのであれば、その要件は満たさないので再帰化申請自体ができないと理解しているのですがいかがでしょうか。

    これも初耳です。日本へ再帰化が完了する前にアメリカ国籍を放棄すると無国籍になってしまうので、アメリカ国籍放棄が要件とはちょっと考えられないとは思いますが。

    再帰化後に国籍離脱努力義務が発生するとは聞いています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ベイエリア在住さん

    調べてみたのですが、もし裁判で原告が最高裁で勝つ場合は国籍を持っていることを確認されるのは原告のみですが、その場合は国会による法改正を待たなくても同様の裁判を下級裁判所で起こすことによって国籍を確認することが出来るようです。その場合は判例主義の基づいて余程のことがない限り同様の判決が出る可能性が極めて高いです。
    再帰化申請は実際に日本に生活の拠点を移動する必要があるので、よりハードルが高いですね。

    最高裁まで行くとすれば何年かかるか分かりませんけどね。少なくとも5年くらいは見ておく必要があると思います。確か2年くらいかかったと思いますが、来年1月末に東京地裁の判決が出ます。

    >再帰化申請は実際に日本に生活の拠点を移動する必要があるので、よりハードルが高いですね。

    ハードルは高いですけど、ベイエリアで稼いだ貯蓄はあるので別に日本に戻ってしばらく住むのは問題ないという状況です。自分は国籍法違反の行為は行いたくないので、虚偽の記載を行って日本でパスポートを更新するよりは再帰化ルートを目指したいです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 日本へ再帰化してから米国籍を放棄された方の体験談です。
    https://www.fiplanning.com/node/2790
    https://www.fiplanning.com/node/2861

    「先日日本に再帰化し、これから米国籍を離脱しようとしている者です。」と書かれているので、米国籍放棄は要件ではないはずです。

    ただし、再帰化後に二重国籍状態でパスポートが取れるかどうかは別の話ですので、そこは分かりません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >Johnさん

    了解しました。毎年Turbo Taxは使っているので、機会が来たら試してみます。

    >Johnさんの場合は ご自身の意思で市民権を取られた日を記入する事になるので、事情を伝えてもアメリカの国籍を有している限りは発行してもらえないという気がするのですが・・

    どうなんでしょうね。正直、やってみなければ分からないです。後戻りはもう出来ませんが。

    >そもそも 元日本人の再帰化申請は、アメリカ国籍を放棄することが要件となっているので、アメリカ国籍を維持したいのであれば、その要件は満たさないので再帰化申請自体ができないと理解しているのですがいかがでしょうか。

    これも初耳です。日本へ再帰化が完了する前にアメリカ国籍を放棄すると無国籍になってしまうので、アメリカ国籍放棄が要件とはちょっと考えられないとは思いますが。

    再帰化後に国籍離脱努力義務が発生するとは聞いています。

    >これも初耳です。日本へ再帰化が完了する前にアメリカ国籍を放棄すると無国籍になってしまうので、アメリカ国籍放棄が要件とはちょっと考えられないとは思いますが。

    再帰化が完了する前にアメリカの国籍を放棄するとは申し上げておりませんが・・。申請時の要件(前提)になっているという事です。

    再帰化申請する際、書類の中に重国籍防止条件として帰化後に「従前の国籍を放棄する」という宣誓書のような書類があるらしく、アメリカ国籍を放棄する意思があるのであれば記入して署名し、再帰化の手続きを進め 帰化後 アメリカ国籍放棄をする。アメリカ国籍離脱の宣誓が出来ない、アメリカ国籍を維持したいという場合は、重国籍防止条件に引っかかるので帰化申請自体を進めることはできないと理解しています。

    仮に、「離脱します」と宣誓しておいて、実際離脱しなかった場合に再帰化が無効になるのか、法務省に離脱証明書の様な物を提出しなければいけないのかは分かりませんが、やはり一番気になるのはパスポート申請時に、「従前の国籍を放棄する」というのが要件での再帰化なので、アメリカの国籍を離脱しない事には発行してもらえないような気がするのです。

    どちらにしろ今回のJohnさんのチャレンジとても気になるので、今後も進捗状況お知らせいただければと思っております。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >在米暦30年さん

    >これも初耳です。日本へ再帰化が完了する前にアメリカ国籍を放棄すると無国籍になってしまうので、アメリカ国籍放棄が要件とはちょっと考えられないとは思いますが。

    再帰化が完了する前にアメリカの国籍を放棄するとは申し上げておりませんが・・。申請時の要件(前提)になっているという事です。

    再帰化申請する際、書類の中に重国籍防止条件として帰化後に「従前の国籍を放棄する」という宣誓書のような書類があるらしく、アメリカ国籍を放棄する意思があるのであれば記入して署名し、再帰化の手続きを進め 帰化後 アメリカ国籍放棄をする。アメリカ国籍離脱の宣誓が出来ない、アメリカ国籍を維持したいという場合は、重国籍防止条件に引っかかるので帰化申請自体を進めることはできないと理解しています。

    仮に、「離脱します」と宣誓しておいて、実際離脱しなかった場合に再帰化が無効になるのか、法務省に離脱証明書の様な物を提出しなければいけないのかは分かりませんが、やはり一番気になるのはパスポート申請時に、「従前の国籍を放棄する」というのが要件での再帰化なので、アメリカの国籍を離脱しない事には発行してもらえないような気がするのです。

    どちらにしろ今回のJohnさんのチャレンジとても気になるので、今後も進捗状況お知らせいただければと思っております。

    >やはり一番気になるのはパスポート申請時に、「従前の国籍を放棄する」というのが要件での再帰化なので、アメリカの国籍を離脱しない事には発行してもらえないような気がするのです。

    まあ可能性はありますが、現状「国籍喪失届」を出さずに日本へわざわざ戻り、さらに虚偽の申請書を提出してパスポートを更新している輩が多いですよね。

    そういう人間が普通にパスポートを更新出来ているのに、正当な手続きを経て日本国籍を一旦失くし、更に煩雑な手続きを経て再帰化した人間にパスポートが発行されないとすれば非常に不公平な話と言わざるを得ません。

    パスポートセンター等に聞いてみますが、もし本当に取れない可能性があれば再帰化ではなく永住権の方を考える可能性も出てきますね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >在米暦30年さん

    >これも初耳です。日本へ再帰化が完了する前にアメリカ国籍を放棄すると無国籍になってしまうので、アメリカ国籍放棄が要件とはちょっと考えられないとは思いますが。

    再帰化が完了する前にアメリカの国籍を放棄するとは申し上げておりませんが・・。申請時の要件(前提)になっているという事です。

    再帰化申請する際、書類の中に重国籍防止条件として帰化後に「従前の国籍を放棄する」という宣誓書のような書類があるらしく、アメリカ国籍を放棄する意思があるのであれば記入して署名し、再帰化の手続きを進め 帰化後 アメリカ国籍放棄をする。アメリカ国籍離脱の宣誓が出来ない、アメリカ国籍を維持したいという場合は、重国籍防止条件に引っかかるので帰化申請自体を進めることはできないと理解しています。

    仮に、「離脱します」と宣誓しておいて、実際離脱しなかった場合に再帰化が無効になるのか、法務省に離脱証明書の様な物を提出しなければいけないのかは分かりませんが、やはり一番気になるのはパスポート申請時に、「従前の国籍を放棄する」というのが要件での再帰化なので、アメリカの国籍を離脱しない事には発行してもらえないような気がするのです。

    どちらにしろ今回のJohnさんのチャレンジとても気になるので、今後も進捗状況お知らせいただければと思っております。

    前回大坂なおみさんの話をさせていただきましたが、「国籍選択」と「帰化」は同じものとは言いませんが、「別物」というよりは「似たもの」と理解しています。

    http://www.moj.go.jp/ONLINE/NATIONALITY/6-4-1.html

    上記の国籍選択届に「外国籍放棄」の宣誓が記載されているのが分かりますよね。

    大坂さんの米国籍は本人の意志で取得したものではないかもしれません。しかし日本国籍の選択は本人の意志ですから、その時点で米国籍離脱努力義務が発生しているのです。自分で取得していない外国籍は抜けなくていい、という話ではないのです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • Kate

    大阪さんの話題で気になりましたが、
    大坂さんは出生の二重国籍じゃないですよね。
    アメリカ生まれではなくて、大阪府中央区出身でしたよ、
    wikipediaにも書いてます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • John

    >20代さん

    大阪さんの話題で気になりましたが、
    大坂さんは出生の二重国籍じゃないですよね。
    アメリカ生まれではなくて、大阪府中央区出身でしたよ、
    wikipediaにも書いてます。

    そうですよ。大坂さんは出生の二重国籍ではなく、親が取ったか何かで米国籍になっています。そして、23歳になった時点で国籍を選択する状況になったのです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 例の国籍訴訟、東京地裁の判決は原告の負けだそうです。https://twitter.com/SandraHaefelin/status/1352126009500336129

    最高裁まで行くつもりらしいですが、高裁の判決までは1年以上かかるでしょうね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • これは非常に残念な判決ですね。判決文では重国籍が憲法違反か否かだけではなく重国籍の有害性も述べられているのですから。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 諸事情で今年は7年ぶり日本に行こうと思っていたのですが諦めようと思います。
    数ヶ月後にワクチンを接種出来たとしてもアメリカのパスポートでは日本に暫くコロナの影響で入国出来ないですし、日本のパスポートは今年で期限が切れるので仕方がないですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 一晩考えてみたのですが、日本のパスポートは今年で期限が切れますし5年遅れになりますが、国籍喪失届を出そうと思います。将来、違憲判決が出ても国籍喪失届けであって国籍離脱届ではないですし。 私の場合、再移住するというのは仕事上と家族の関係でハードルが高いので再帰化は考えていません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ベイエリア在住さん

    一晩考えてみたのですが、日本のパスポートは今年で期限が切れますし5年遅れになりますが、国籍喪失届を出そうと思います。将来、違憲判決が出ても国籍喪失届けであって国籍離脱届ではないですし。 私の場合、再移住するというのは仕事上と家族の関係でハードルが高いので再帰化は考えていません。

    そうですか。特に罰金とかは無く、普通に出せますので問題ないと思います。ただ、サンフランシスコ領事館のアポはオンラインで午前10時直後に取らないとすぐ埋まってしまいます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >Johnさん

    そうですか。特に罰金とかは無く、普通に出せますので問題ないと思います。ただ、サンフランシスコ領事館のアポはオンラインで午前10時直後に取らないとすぐ埋まってしまいます。

    アポイントメントが必要だったとは。ところで日本にある土地などの資産や銀行口座などはまだ維持してますか?
    来年辺りに土地の売却や銀行口座の解約を考えているのですが、やはり日本からでしか売却や解約の手続きは出来ないのでしょうか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ベイエリア在住さん

    アポイントメントが必要だったとは。ところで日本にある土地などの資産や銀行口座などはまだ維持してますか?
    来年辺りに土地の売却や銀行口座の解約を考えているのですが、やはり日本からでしか売却や解約の手続きは出来ないのでしょうか?

    今はコロナなのでアポ要ります。領事館のサイトから取れますが、前述のように時間を見ないとすぐ埋まってしまいます。

    日本に土地は持ってませんが、銀行口座はありますよ。解約はどうなんでしょうね。とりあえず電話かチャットのサポートで聞いてみると良いと思いますが・・・。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 大阪なおみさんは出生による二重国籍ですよ

    >20代さん

    大阪さんの話題で気になりましたが、
    大坂さんは出生の二重国籍じゃないですよね。
    アメリカ生まれではなくて、大阪府中央区出身でしたよ、
    wikipediaにも書いてます。

    大阪さんは、アメリカ国籍の父親と日本国籍の母親の間に生まれたので、出生からの二重国籍ですよ。出生によるアメリカ国籍はアメリカの土地で生まれた場合とアメリカ国籍の親から生まれる場合と二通りありますので、親がアメリカ国籍ならば、アメリカ以外の国で生まれても、アメリカ国籍を引継ぎます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >Johnさん、

    >Johnさん

    なるほど、10年ほど前にそのようなことがあったのですね。

    >本人の意思ではなく出生で二重国籍になった人は22歳前に日本国籍選択届けを出せば一生日本国籍を維持できますし、アメリカの国籍に対して日本政府が求めているのは離脱”努力”のみで強制ではないので捨てる必要がありません。なので一生合法的な二重国籍となります。

    そうですね。僕の再帰化も同じような狙いです。日本へ再帰化が出来れば、別に米国籍は勝手に消失しないので合法的な二重国籍となります。その代わり毎年米国へ納税義務が発生しますが。

    すみません、いろいろ参考にさせていただいています。


    >日本へ再帰化が出来れば、別に米国籍は勝手に消失しないので合法的な二重国籍となります。


    ということですが、日本への再帰化が出来たら、米国籍を破棄する義務はないのですか?(破棄したという証明書を受け取った後に提出する、など。)米国籍を廃棄するという「努力義務」だけでよいのでしょうか。

    だとしたら、正式に合法に二重国籍になる方法、ですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >桜もちさん

    すみません、いろいろ参考にさせていただいています。


    >日本へ再帰化が出来れば、別に米国籍は勝手に消失しないので合法的な二重国籍となります。


    ということですが、日本への再帰化が出来たら、米国籍を破棄する義務はないのですか?(破棄したという証明書を受け取った後に提出する、など。)米国籍を廃棄するという「努力義務」だけでよいのでしょうか。

    だとしたら、正式に合法に二重国籍になる方法、ですね。

    「努力義務」のみと理解しています。こちらの方の体験記が参考になります。https://ameblo.jp/sakurany/entry-12395872303.html

    「そして、(日本の)国籍の選択をしたら、日本の法律ではOKなんだって!米国籍残っていても、日本人として単独戸籍扱いになるって言われました。その後で米国市民として政治家とかに立候補したりしなければいいとか。もしそれしたら帰化取り消しだって。」

    普通に生活する分には大丈夫だと想います。ただし、毎年米国へ納税する義務は残ります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
≪ 最新
‹ 前へ
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する