現在の発言数489,280件!

分かる?分からない?

 私のスイスの友達、馬を見るたびに「これはおいしくないよ」とか「こっちの方がおいしいんだけど、なぜか分かる?」私「わかるか~!」
 乗馬に行った時も「ここの馬は、だめ!食べれないよ・・・」って、「この馬、乗馬の馬で食用ではないんでが・・・」と言うと「馬はおいしいのに・・・」と話の通じない私にちょっと不満顔。
 これ分かりますか?

 フランス人の友達、ふれあい牧場の様な所で抱っこできるウサギ。子供たちは「かわい~ぃ」とか「ほしい~」と言ってる横で「食べた~い!」だって。 うちの子供ににらまれてました。
 これ分かります?
 
 韓国人の友達、とってもいい子でした。韓国に帰ってしまったのですが、以前料理の話になりキムチの作り方を聞くと彼女はキムチ嫌いのベジタリアンで辛い物の嫌いとの事・・・ 他にもキムチ嫌いが2人、ベジタリアンが2人、プルコギ嫌いが1人、キムチはスーパーで買う物と言い張る子が1人を知ってますが。 一緒にいたみんな大うけでした。 その本人も「家族からも馬鹿にされてる・・・」とちょっとかわいそうだったかな・・・
 
 そういう私も、魚のおいしい町に育ってお刺身が食べれない(なのでお寿司も苦手)なんですが・・・・

 食文化の違いなんですが、こんな分からない、分かる話ありますか?
 あなたはちなみにどちら派? スイス人、フランス人、韓国人、私の話分かる派?分からないは?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言2件 (全2件)

  • 息子が

    水族館で優雅に泳いでるイワシの大群を見て、第一声が『おいしそ~(>∀<)』でしたよ…
    光り物なので、私達親はもちろん『美味しいだろうけど、キラキラきれいだョね~☆』と言っておきました(^-^;

    でも普通にいただくものなので、息子の感想も不思議ではないですョね♪

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • パリで

    こんにちは、

    パリに行ったとき、
    毎日の外食にも飽きた頃、
    「今日はおしゃれなデリ(お惣菜店)でいろいろ買って帰って、
    ホテルでのんびり食べようか?」と、妹と意気投合。

    店頭でくるくる回る鶏の丸焼き、ロティサリーチキンのハーフサイズ、
    パスタ、サラダ、チーズ、デザート、
    女性はいろいろと食べてみたい生き物だから、
    迷いながらも、姉妹で違う物を選ぶ楽しみ。
    酒屋でシードルも調達。

    ホテルの部屋に戻って、
    好奇心旺盛の私でも、食べると言われても
    どうしても手が伸びない物が、
    妹が買った何かのお肉、魚のフライ?
    「あー、これ売ってたね。」
    他にもたくさん買ってあるのでパス。

    その楕円形のフライを食べ終わった妹が、
    「ちょっと!大変だよ、この骨って、もしかして…」
    「何?見せて、鶏にしては細いね、何だろう、か、か、カエル!」
    私は、もう全身硬直!世の中で1番きらいな生き物。

    妹は「私、姿が見えないから平気かな、結構おいしかったよ」と笑顔。
    「もう、骨をこっちに見せないで、捨てて」と。
    今思うと、私が絶対買わないように、
    何かの力が守ってくれたのかも。
    感謝です、本当に命拾いしました。
    もし食べてから事実を知ったら気を失うかも、じんましん、
    自分でもどうなるか予測不能です。

    翌日、聞いたのですが、
    夜中に妹はふと目覚めて、自分が生れてはじめて蛙を食べたのを
    急に思い出してしまい、どうにも気分が悪くなって戻してしまったそうです。

    私が急におびえたり、異常に拒絶したのも
    少しは影響したのかも。
    例の物と同じまな板、包丁で調理したかと思うと、
    イヤな気持ちでした。

    かわいそうで馬肉は食べられません。馬刺しなんて超無理。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する