現在の発言数478,799件!

南高梅を追熟中と言うのをテレビで聞きました。何のため?

南高梅を 追熟中と言うのを テレビで聞きました。何のためか判りませんでした。
梅干しを作りたいと思います。家で青梅を 黄色くさせたほうが美味しいのですか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言2件 (全2件)

  • 梅干は追熟させた方が柔らかく美味しく出来ます

    梅干は追熟させた方が柔らかく美味しく出来ます。
    本当は樹になってる状態で完熟にさせた方がより美味しいのですが、樹から落ちてしまったり、傷み易かったり、流通させるには手間と時間がかかるので難しいです。
    なので、市販されている物は完熟する前に摘み取り、販売しているので、梅干にする前に追熟させるのが一般的です。
    熟していない梅を使うと、固めの梅干で、種からの身離れも悪く、皮が硬い梅干に仕上がります。
    あと、エグみも感じるかな・・・。
    青梅ならカリカリ梅などの梅漬けに向きます。
    梅干しには、熟しかけの黄色くなってる梅を買うと良いです。
    固い青梅だと、未熟の内に摘み取っているので黄色くなるまで追熟させるのは難しいかも。
    黄色くなる前に鮮度が落ちて傷みやすくなってしまうと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 青梅でも梅干は漬けることができます

    青梅でも梅干は漬けることができます。
    しかし、出来上がりは、皮は固く、実離れ(種からの)が悪いものになります。
    重石も昔ながらの梅の倍量ほどが最初は必要ですし、梅酢の上がりが悪いです。よって、塩も多量に必要となります。
    しかし、黄色く熟した梅ですと、香りも違うし、皮も柔らかいものが出来ます。
    土用干しをすれば透き通るような色になり、皮はもっと薄くなります。
    ですので、重石も倍量もかけていたら破れますので、重石は軽くすみます。
    もちろん一番いいのは、梅の実が樹から自然に落ちることですが、それでは店頭に並ぶ頃には腐ります。
    完熟梅を樹から捥いだものでも店頭に並ぶときには危険ですので、青梅の時点で収穫し、追熟して黄色くなったものを主に販売するわけです。
    結論としては、黄色く追熟させたものが確かに美味しいでしょう。
    なんといっても皮が薄いのですから、口に入れたら「ちゅるん」と種から果肉が取れて、とろける様な舌触りの梅干に仕上がりますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する