現在の発言数469,383件!

料理に使う醤油について

料理に使う醤油について
我が家には、醤油と薄口醤油と2種類あります。
母が良く料理に使うのは薄口醤油なのでそれが当たり前と思いこんでいます。
醤油は主に食卓に置いてあり刺身や冷奴などにかけてます。
本来、レシピに表示されている醤油とは薄口醤油でいいんでしょうか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言6件 (全6件)

  • 薄口醤油は

    薄口醤油は、主にお吸い物などに使いますが・・・・濃口醤油と薄口醤油を使い分けをしたほうが良いと思います。ちなみに我が家の場合、最近1リットルの醤油を長期にわたり使用すると醤油も酸化するので500mlの濃口醤油・白だし、刺身や天ぷらは、だし入り醤油を使っています。濃口醤油は煮魚や煮物などに使うけど、なければ普段と変わらず使用すれば(@_@;)b 良い!つまり使い切れる量の醤油にすればよいよ!!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 基本的にレシピの“醤油”は濃口醤油ですね

    基本的にレシピの“醤油”は濃口醤油ですね。
    ちなみに我が家では薄口醤油は塩分が多いこともありあまり使いません。
    料理によって使い分けしていますよ~♪
    薄口醤油は、色を薄く仕上げたい時に使いますが、長期間保存すると色が濃くなってきますのでご注意☆

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • こんにちは

    こんにちは。関西地方では薄口醤油を使うことが多い様ですが、一般的にレシピに記載されている「醤油」は濃い口醤油を指しています。薄口醤油は発酵時に生まれる色を防ぐ為に、発酵を抑えて色を薄く仕上げ代わりに塩分を補っている為、濃い口醤油に比べると色が薄く、塩分がやや高めで旨みが少ないのが特徴です。素材の色を大切に仕上げたい野菜の煮物やお吸い物など、淡白なお料理に好んで使われます。お料理によって使い分けると良いですね。
    レシピ上で薄口醤油を使う場合は「薄口醤油」と記載があります。
    でもご自宅で薄口醤油を活用しているのであれば、レシピ記載量よりやや少なめに調理すれば大丈夫ですよ。使い慣れているものの方がお母様の味も再現しやすいですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 地域差はあるけれど

    地域差はあるけれど、濃口醤油が一般的です。
    薄口醤油は、見た目は色が薄いですが塩分がしっかりあるので
    見た目に騙されて沢山使うと辛すぎてしまいます
    関西風のお献立に良く利用されますが、関東焚きのおでんにも重宝されます
    それぞれの特徴に合った利用をしてくださいね
    お料理は、素材はモチロンですが、調味料で格差がでます。
    ちなみにお刺身の醤油にたまりと言う関西のお醤油を使うこともあるので
    ご自分の舌に合った醤油選びも大切です

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 濃い口と薄口の違いは

    濃い口と薄口の違いは、色と塩分量です。
    普通に使う濃い口醤油より、薄口醤油の方が塩分は高めです。そのため、色をあまりつけずに醤油の風味と塩気をつけたいときに、薄口を使います。
    普通は単に醤油とあれば普通の濃い口醤油を意味しますが、もし色を薄めにしたくて薄口を使うときは、塩気が強めになるので加減して下さいね^_^)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 好みで。

    料理本に載っているお醤油は濃口だそうです。某NH◯さんの料理本は濃口醤油の事を指しているそうです。
    私は煮物の時は色をつけたくないので、少量の濃口醤油と海水性の塩で味をつけています。
    濃口でも薄口でも、好みの味にするのには量を加減しますので、どちらを使うと塩分が多いおかずになる、と言うことはないでしょう。
    薄口なら塩分が多いので少量使いますし、濃口なら多めに使うでしょうね。
    私は関西人で薄口派ですが、お醤油の味付けについては、濃口を使う関東の方が圧倒的に濃くてしょぱいです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する