現在の発言数519,220件!

重曹とベーキングパウダーの違いは?

重曹とベーキングパウダーの違いは?お菓子に重曹入れたら
とても苦かったので教えて 下さい。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言5件 (全5件)

  • ベーキングパウダーは重曹にでんぷんやら中和剤やらが混...

    ベーキングパウダーは重曹にでんぷんやら中和剤やらが混ざっているものです。
    重曹をベーキングパウダーのつもりで同じ分量だけ入れたらそれはそれはものすごく苦くなりますよ。
    ペーキングパウダーの中に含まれている重曹は全体の1/5ほどなんです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 重曹

    重曹(炭酸水素ナトリウム)に水分や熱が加わると炭酸ガスが出るため、重曹は昔からお菓子作りに使われてきました。
    でも、重曹を使うと、熱や水分によって分解出来なかった炭酸ナトリウムが生地に残り、苦味の原因になります。生地が黄ばんだり嫌な匂いが残ることもあります。
    この欠点を解決するために、 ベーキングパウダーには、『重曹』に『助剤(酸性剤:酒石酸やクエン酸)』と『遮断剤(コーンスターチ)』を混ぜてあります。
    『助剤(酸性剤:酒石酸やクエン酸)』はアルカリ性である重曹の分解を助け、炭酸ガスが発生するスピードを調整します。
    『遮断剤(コーンスターチ)』は、保管中に重曹と酸性剤が反応して分解するのを遅らせます。
    酸性剤のおかげでベーキングパウダーはほぼ完全に分解します。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ありがとう

    >なうさんさん

    ベーキングパウダーは重曹にでんぷんやら中和剤やらが混ざっているものです。
    重曹をベーキングパウダーのつもりで同じ分量だけ入れたらそれはそれはものすごく苦くなりますよ。
    ペーキングパウダーの中に含まれている重曹は全体の1/5ほどなんです。

    ありがとう(^*^) ベーキングパウダーに します~

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • とても詳しいですね

    >ケーキ職人さん

    重曹(炭酸水素ナトリウム)に水分や熱が加わると炭酸ガスが出るため、重曹は昔からお菓子作りに使われてきました。
    でも、重曹を使うと、熱や水分によって分解出来なかった炭酸ナトリウムが生地に残り、苦味の原因になります。生地が黄ばんだり嫌な匂いが残ることもあります。
    この欠点を解決するために、 ベーキングパウダーには、『重曹』に『助剤(酸性剤:酒石酸やクエン酸)』と『遮断剤(コーンスターチ)』を混ぜてあります。
    『助剤(酸性剤:酒石酸やクエン酸)』はアルカリ性である重曹の分解を助け、炭酸ガスが発生するスピードを調整します。
    『遮断剤(コーンスターチ)』は、保管中に重曹と酸性剤が反応して分解するのを遅らせます。
    酸性剤のおかげでベーキングパウダーはほぼ完全に分解します。

    とても詳しいですね 参考にします~
    ありがとう(^*^)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 焼き菓子に使う重曹は

    >ケーキ職人さん

    重曹(炭酸水素ナトリウム)に水分や熱が加わると炭酸ガスが出るため、重曹は昔からお菓子作りに使われてきました。
    でも、重曹を使うと、熱や水分によって分解出来なかった炭酸ナトリウムが生地に残り、苦味の原因になります。生地が黄ばんだり嫌な匂いが残ることもあります。
    この欠点を解決するために、 ベーキングパウダーには、『重曹』に『助剤(酸性剤:酒石酸やクエン酸)』と『遮断剤(コーンスターチ)』を混ぜてあります。
    『助剤(酸性剤:酒石酸やクエン酸)』はアルカリ性である重曹の分解を助け、炭酸ガスが発生するスピードを調整します。
    『遮断剤(コーンスターチ)』は、保管中に重曹と酸性剤が反応して分解するのを遅らせます。
    酸性剤のおかげでベーキングパウダーはほぼ完全に分解します。

    焼き菓子に使う重曹は、粉の2~3%くらいが適量で、それ以上使うと苦くなります。
    また、ココア生地や黒糖生地に使うと色鮮やかに焼きあがるんですよ。ココア生地なら匂いや苦みもそれほど気になりません。よかったらお試しくださいね

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する