現在の発言数477,897件!

ミル、ミキサー、フードプロセッサーの違い

ミル、ミキサー、フードプロセッサーの違い
フードプロセッサーもってるんですが少量だとなかなかむらができたり威力不足でとまりかけたりするのですがどれも同じなんでしょうか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言3件 (全3件)

  • フードプロセッサのパワーは機種によってことなります

    フードプロセッサのパワーは機種によってことなります。また、刃のデザインもメーカーごとにノウハウがあります。
    確かに量が少ないと空振ったり、切るものが硬いと刃とケースに挟まったりしますね。それぞれの機種で適切な量があるのでそれに合わせることが大切です(特に多すぎるとあんまりよろしくない)。
    ちなみにミルとミキサーとフードプロセッサはそれぞれ用途が違います。
    ミルは乾燥したものを粉にするためにつかいます。ふりかけなどを作る人もいますね。これはコーヒーミルで代用可能です。
    ミキサーは基本的には液体物を粉砕してよく混ぜるためのものです。ジュースをつくるのに使いますが、もう少し粘性が高く(訂正しました)ても大丈夫。
    フードプロセッサは部品を交換することでいろいろな下ごしらえに使える多用途下ごしらえマシンです。でも多くの場合は野菜などをみじん切りにするときに使われていると思います。練り物やパンの種などを練るのにも使えます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私はミンサーを使っています

    私はミンサーを使っています
    手動でもミンチが簡単に出来ます
    少量はこちらの方が確実に挽けます
    レシピID:1889507

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • こんにちは

    こんにちは。フードプロセッサー(FP)は容器の大きさによって適量がありますので、大きい容器のものをお持ちの場合は少量ですと、何度か手で混ぜ手伝いながら等工夫しなければなりません、容量オーバーですとモーターが止まりそうになったりします。手元にある使用ガイドに許容重量(容量)などが記載してあると思います。ミル、ミキサー、FPどれも刃を使い切り混ぜ合わせるという点では同じですが、ミルは極少量のものに適しており、ミキサーは縦長な事から上下に運動してくれる様な液体に適しており、FPは両方を合わせ持ち更に極少量は苦手、粘度のあるもの液体の継続使用は不向き…というところでしょうか?FPはお菓子作りから、パン作り、ミンチ肉作りまで刃を変えればいろいろな用途に使え便利ですが、例えばパンのように重いものをある程度の時間こねる場合は、モーターの大きさによりかなり負担がかかってしまい本体が熱くなり止まりそうになる事もありますし、ゆるいパン生地のようなものは中央部から出てきてしまいます。これらの他、鍋の中で直接かくはん出来るバーミックス等もあり、それぞれ得意,不得意がありますので、用途に合わせて使うと良いですね

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する