現在の発言数478,767件!

4人分のレシピの材料を、半分の分量の2人分にする時のコツ

4人分のレシピの材料を、2人分にする時のコツを教えてください。
特に水の分量が難しいように思います。たとえばビーフシチューや鯖の味噌煮を、水も調味料も半分で作ったところ、味はよかったのですが、どちらも煮ている途中で水分がなくなってしまいました。単純に2等分すればいいわけではない、と聞いたことがあります。今までは6人分作っていたので、急に2人分作ることになり戸惑っています。よろしくお願いいたします。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言4件 (全4件)

  • おっしゃるように

    おっしゃるように、素材(肉・魚・野菜)を半分にして、使用する調味料は、
    ■炒め物・和えものの合わせ調味料=できればレシピ通り作って半分使う
    ■煮もの=2/3の量で用意し、少し残すつもりで様子をみながら使う
    ■水分の多い煮もの=2/3の量で調味する
    ■シチュー、カレー、煮豆など=加水→煮詰める→少量加水→煮詰めるを繰り返す
    の要領で個人的には失敗がないかと思います。
    昔読んだ基本書にあったことを個人的意見でまとめました。
    使い残しの調味料は、大根の皮や根菜など煮て、副菜に使ったりしますよ^^

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • HaradaKiTN

    >HaradaKiTNさん

    おっしゃるように、素材(肉・魚・野菜)を半分にして、使用する調味料は、
    ■炒め物・和えものの合わせ調味料=できればレシピ通り作って半分使う
    ■煮もの=2/3の量で用意し、少し残すつもりで様子をみながら使う
    ■水分の多い煮もの=2/3の量で調味する
    ■シチュー、カレー、煮豆など=加水→煮詰める→少量加水→煮詰めるを繰り返す
    の要領で個人的には失敗がないかと思います。
    昔読んだ基本書にあったことを個人的意見でまとめました。
    使い残しの調味料は、大根の皮や根菜など煮て、副菜に使ったりしますよ^^

    HaradaKiTN、お礼が遅くなり申し訳ありません。わかりやすいご説明ありがとうございました。
    調味料を多めに作り使い残す、というのは目から鱗でした。やはりお料理は基本をきちんと勉強することが大切なんだと思いました。
    教えていただいたことを参考に、もっと美味しく出来るようがんばります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お鍋やフライパンのサイズが6人分を作ってらした時のままだと

    お鍋やフライパンのサイズが6人分を作ってらした時のままだと、2人分の煮汁をはっても浅すぎて食材に煮汁がかぶらなかったりしますよね。
    やはりお鍋やフライパンも小さめのものを使ったほうが失敗がありません。口の広いお鍋は、表面積が広いと、加熱している間の蒸発も多くなるので、あっという間に水分がなくなるなんてことになります。
    途中水分がなくなったのにまだ煮込みが足りないときは、水やダシを足していただいても大丈夫です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ありがとうございます

    >nonnonさんさん

    お鍋やフライパンのサイズが6人分を作ってらした時のままだと、2人分の煮汁をはっても浅すぎて食材に煮汁がかぶらなかったりしますよね。
    やはりお鍋やフライパンも小さめのものを使ったほうが失敗がありません。口の広いお鍋は、表面積が広いと、加熱している間の蒸発も多くなるので、あっという間に水分がなくなるなんてことになります。
    途中水分がなくなったのにまだ煮込みが足りないときは、水やダシを足していただいても大丈夫です。

    ありがとうございます。確かにその通り、大きいお鍋やフライパンを使っていました。大は小を兼ねると思って・・・早速、小さいお鍋とフライパンを購入しました。それだけでも随分違って快適です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する