現在の発言数477,973件!

外回り営業職のお弁当

夫が転職で外回り営業職になりました。移動は車です。今までは電車通勤のオフィス勤務だったので保冷剤を入れた保冷バッグにお弁当を入れて会社についたら冷蔵庫に入れ、チンして食べてもらっていたのですがこれからはお昼まで4~5時間ほど保冷バッグに入れっぱなしになり、温めないまま食べることになるので衛生面が心配です。

外回り営業職の皆さんはお弁当どうしてますか?毎日お昼を外で買うとなると家計が厳しくなるので避けたいです。

ちなみにお弁当は夜作るので朝はしっかり冷えた状態で保冷バッグに入れます。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言19件 (全19件)

  • お弁当の除菌

    菌が繁殖する、条件があります。

    水分、温度、環境

    冷やすのは大事ですが、レンジの温度で死ぬわけではありません。
    調理の段階で死滅させることが大事です。
    一般的な菌は65度以上でないと死滅しない、10度以下は活動的ではない

    保冷バックに潜む菌もあります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 質問です。

    >モト給食おばさん

    菌が繁殖する、条件があります。

    水分、温度、環境

    冷やすのは大事ですが、レンジの温度で死ぬわけではありません。
    調理の段階で死滅させることが大事です。
    一般的な菌は65度以上でないと死滅しない、10度以下は活動的ではない

    保冷バックに潜む菌もあります。

    私の住んでいた市は給食センター方式をとっていました。
    11時〜半ぐらいにセンターから給食が届き、12時半ぐらいに食べていました。
    一応冷めないように保温コンテナに入っていましたが、温かいというよりは生ぬるくあまり美味しいかった思い出がありません。
    センター方式の給食は作ってから持ってくるまでに菌が増えたりしませんか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 保温弁当箱…

    うちの夫がわりと車で移動する事の多い仕事です。

    いわゆるランチジャーと言われる保温弁当箱を持参してもらっています。

    ご飯は炊きたてを詰めます。上にごま塩、間に梅干しかユカリを入れます。(念の為 食中毒を防げるかなと)

    おかずを入れる所は常温になってしまうので、お刺身や牛のタタキなどについていた小型の保冷剤を入れます。

    するとおかず入れの容量が小さくなってしまいます。

    もしご主人が嫌で無けれは、黒いごっつい保温弁当箱があります。

    おかず入れが2段になっていますので、上の段には保冷剤とサラダを入れたりします。

    このタイプの弁当箱はスープ入れがついている事が多いです。
    味噌汁など作る時間がない時はインスタントのわかめスープを入れます。(リケンのわかめスープみたいなお湯を注ぐだけのスープ)以前、私もこの弁当を持参していましたが十分美味しかったですよ^ ^

    あと5月頃より車内の温度が上昇します。真夏はえらいことになります。

    釣りなどに使う簡易保冷箱(発泡スチロール製の物)や保冷のきく大きいエコバック(中がアルミになった物)などに弁当箱を入れれば安心でしょう^ ^

    更にその保冷バッグに大きい保冷剤を入れれば安心かもしれません^ ^
    (ご飯は温かいままで美味しいらしいですよ^ ^)

    クーラーを効かせた車での移動が比較的多ければいいのですが、、
    去年みたいな猛暑になり、止むを得ず青空駐車をする場合は流石に外食をしてもらいました。


    こんな感じでもう何年も続けています。
    今のところ食中毒などになった事はありません^^

    参考になりますでしょうか。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • (追加)

    このごっつい保温弁当箱はご飯入れもかなり大きいです。

    ご飯の上に豚の生姜焼きなどを乗せたのも好評でした♪
    他にも温かいおかずでご飯に乗せると美味しいもの♡
    熱々では無いですが程よく温かくて美味しい♪と言っていました^ ^

    おかず入れには保冷剤をしっかり入れてミニトマトやインゲンと前の晩の残りの常備菜。

    おかずは大した事無くても、ご飯に肉(安い豚肉ですが^^;)が乗っているとテンション上がったみたいです(笑

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • もう一つ追加。

    傷みが気になりだした頃…なるべく酢のきいたおかずを一品入れるようにしています。

    例えば、南蛮漬けなど割とガッツリくるようです。

    作るのが面倒だったら…
    惣菜コーナーでワカサギやアジの南蛮漬けを買ってきます。

    新玉ねぎのスライス(1/4個程度)やピーマンの細切りを密閉容器に敷き詰めその上に買ってきた南蛮漬けを汁ごと入れ冷蔵庫に保管します。
    (物によっては魚を弁当箱に入れやすいようにキッチンバサミでカットしておきます)

    惣菜の南蛮漬けはちょっと酢が強めなので 翌朝には嵩(かさ)も増え 玉ねぎに味が染み込みちょうど良くなります。
    うちは一度作ると3日くらい続けざまに入れていました^^;


    この弁当箱のメリットは ご飯や他のおかずに染み込んで欲しく無いな…と思うおかずを完全分離できる事だと思っています。


    役に立つかなぁ...


    これからの季節 神経使いますよね…お気持ちよくわかります^^

    私もいい案が見つかったら教えて下さい。
    お互い頑張りましょうね^ ^

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 給食センター

    給食は衛生に厳しいところです。保温状態のときは、菌が死滅しているし、
    大丈夫だと思うのですが、

    私のいたのは、学校で作るのでくわしくありません。

    菌の防止策3項目
    つけない(きれいな手や食器)
    増やさない(適温保存)
    やっつける (加熱処理)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 梅干しや大葉

    菌を繁殖させない効果あるので、使ってみてください。
    うすいよりも濃い味付けのほうが、お弁当むきです。
    おかずを冷凍します。自然解凍でたべられます。ごはんはやめてください。
    おいしくない。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • アルコールで

    アルコールで菌を死滅させる。

    食品用の除菌スプレーが市販されています。
    有名なのでいうとジェームスマーティンなど。

    1・詰める前の弁当箱にスプレーをする。
    2・さい箸や手のひらにスプレーをする。
    3・出来上がった料理そのものにスプレーをする。

    当たり前ですが、
    アルコール(酒)なので無害ですし
    微量なスプレー程度で味が変わる事もありませんし、
    アルコールは揮発性に優れていますので
    すぐ蒸発してなくなります。

    スーパーや居酒屋などでは
    盛り付けた刺身やスライス後の肉などに噴射してます。

    私も使っていますがは便利ですよ(*^^*)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 感謝状

    >ciさん

    うちの夫がわりと車で移動する事の多い仕事です。

    いわゆるランチジャーと言われる保温弁当箱を持参してもらっています。

    ご飯は炊きたてを詰めます。上にごま塩、間に梅干しかユカリを入れます。(念の為 食中毒を防げるかなと)

    おかずを入れる所は常温になってしまうので、お刺身や牛のタタキなどについていた小型の保冷剤を入れます。

    するとおかず入れの容量が小さくなってしまいます。

    もしご主人が嫌で無けれは、黒いごっつい保温弁当箱があります。

    おかず入れが2段になっていますので、上の段には保冷剤とサラダを入れたりします。

    このタイプの弁当箱はスープ入れがついている事が多いです。
    味噌汁など作る時間がない時はインスタントのわかめスープを入れます。(リケンのわかめスープみたいなお湯を注ぐだけのスープ)以前、私もこの弁当を持参していましたが十分美味しかったですよ^ ^

    あと5月頃より車内の温度が上昇します。真夏はえらいことになります。

    釣りなどに使う簡易保冷箱(発泡スチロール製の物)や保冷のきく大きいエコバック(中がアルミになった物)などに弁当箱を入れれば安心でしょう^ ^

    更にその保冷バッグに大きい保冷剤を入れれば安心かもしれません^ ^
    (ご飯は温かいままで美味しいらしいですよ^ ^)

    クーラーを効かせた車での移動が比較的多ければいいのですが、、
    去年みたいな猛暑になり、止むを得ず青空駐車をする場合は流石に外食をしてもらいました。


    こんな感じでもう何年も続けています。
    今のところ食中毒などになった事はありません^^

    参考になりますでしょうか。

    とても参考になりました!真夏はクーラーボックスですね。車なのでかさばる分には問題ないのでそうします。保温できる弁当箱も検討したいと思います。ありがとうございます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 感謝状

    >モト給食おばさん

    菌を繁殖させない効果あるので、使ってみてください。
    うすいよりも濃い味付けのほうが、お弁当むきです。
    おかずを冷凍します。自然解凍でたべられます。ごはんはやめてください。
    おいしくない。

    野菜の種類を選びますが、おかずを冷凍してしまうのも手ですね!ありがとうございます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 感謝状

    >はーぶさん

    アルコールで菌を死滅させる。

    食品用の除菌スプレーが市販されています。
    有名なのでいうとジェームスマーティンなど。

    1・詰める前の弁当箱にスプレーをする。
    2・さい箸や手のひらにスプレーをする。
    3・出来上がった料理そのものにスプレーをする。

    当たり前ですが、
    アルコール(酒)なので無害ですし
    微量なスプレー程度で味が変わる事もありませんし、
    アルコールは揮発性に優れていますので
    すぐ蒸発してなくなります。

    スーパーや居酒屋などでは
    盛り付けた刺身やスライス後の肉などに噴射してます。

    私も使っていますがは便利ですよ(*^^*)

    焼酎とかウォッカをスプレーなら続けられそうです。ありがとうございます!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 保温弁当箱について...補足です。

    すみません。なぜ保温弁当箱を使うのかの説明が抜けていました。

    5月頃から車内の温度がかなり上昇します。
    運転している間はエアコンが効いていて割りと大丈夫かもしれませんが、エンジンを切って車から離れるとあっと言う間に車内の温度が上昇します。
    夏場だと、赤ちゃんやペットが死んでしまうくらいですからね。

    …で、車に置いた弁当の傷みを防ぐ方法として保冷剤が役立つのですが、普通の弁当箱だとご飯も冷えてご飯が美味しくなくなります。

    これが保温弁当箱だと ご飯は温かいまま、おかずは保冷剤で冷やして…という事です。

    面白い質問サイトを見つけました。

    http://park.ajinomoto.co.jp/qa/detail/89

    ここに書かれているように、ご飯はあくまでも白いご飯で。

    一度カレーチャーハンを入れた事がありますが、本当美味しくなかったです。

    炊き込みご飯もよく無いみたいですね。

    前にも書き込んだ玉ねぎを入れた豚肉の生姜焼きを白いご飯の上に乗せた物はいいみたいです。

    生姜自体に殺菌作用や食欲増進の効果もありますしね^ ^


    以上のような事が保温弁当箱を使っている理由です^ ^

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ちょっとちょっと!

    >みわさん

    焼酎とかウォッカをスプレーなら続けられそうです。ありがとうございます!

    焼酎やウォッカは違います。
    たしかにアルコールですが飲料用の為、
    味があるのと
    何より揮発性に優れていないので
    料理の味が変わってしまいます。

    私が言っているのは
    食品専用のアルコールスプレーのことです。
    商品名で言うと
    「ドーバー パストリーゼ77」
    や、
    「ジェームスマーティン」
    という商品です。

    間違っても焼酎やウォッカを弁当にふりかけないで下さいね(笑)(@_@)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • アルコールでは死滅しない

    >はーぶさん

    焼酎やウォッカは違います。
    たしかにアルコールですが飲料用の為、
    味があるのと
    何より揮発性に優れていないので
    料理の味が変わってしまいます。

    私が言っているのは
    食品専用のアルコールスプレーのことです。
    商品名で言うと
    「ドーバー パストリーゼ77」
    や、
    「ジェームスマーティン」
    という商品です。

    間違っても焼酎やウォッカを弁当にふりかけないで下さいね(笑)(@_@)

    菌を増やさない方法であり、死んでるわけでは
    ありません。清潔でなければ意味がないです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • え?

    >元給食おばさん

    菌を増やさない方法であり、死んでるわけでは
    ありません。清潔でなければ意味がないです。

    食品用除菌スプレーにより
    対象物の大部分の食中毒菌を死滅させる事ができる。
    と習いましたよ、
    食品衛生責任者の資格をとる時に。

    商品について検索してみても
    「パストリーゼ77」が安全性と使い勝手の良さで高い評価 を受けている。アルコールに高純度の緑茶カテキンを配合し、カテキン の抗ウィルス力により、ノロウィルスを死滅させる。調理器具だけでな く食材に満遍なく直接噴霧するだけ。噴霧した後は拭きとらず自然乾燥 させる。カテキンが表面に留まり効果を発揮する。刺身にも直接噴霧 し、そのままラップをかけておけば、ノロウィルスにも効果を発揮。
    などと書かれています。

    食中毒菌はノロだけではないので
    死滅しない菌も一部いるかもしれませんが、
    全てを死滅できないとしても
    大部分が死滅できれば
    人間が食するのには何も問題がないと思います。

    清潔でないと意味がないという意味がよく分かりません。
    まさか洗ってない弁当箱を使う人はいないでしょうし
    手や野菜も普通に洗っていれば
    アルコールスプレーの効果は発揮します。
    その程度は当たり前の大前提だと私は思ってますが(>_<)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 気になって

    >元給食おばさん

    菌を増やさない方法であり、死んでるわけでは
    ありません。清潔でなければ意味がないです。

    気になって今
    教科書を引っ張り出して見ましたが、

    アルコール濃度20%でサルモネラ菌
    濃度25%で大腸菌
    濃度35%で黄色ブドウ球菌
    の7割以上が死滅する。
    (ただし死滅するまでに、例:室温20℃では5分程度要する)
    その後の経過は37℃で1日培養しても
    食中毒菌の増加はほとんど認められない。

    って書いてあります。

    もしかして
    私が勉強した時のこの教科書と
    今現在では
    何か菌の死滅や増加について改訂があったんでしょうかね??

    私は食品管理の仕事なので
    ちょっと不安になってきました(>_<)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • わかりました

    >はーぶさん

    焼酎やウォッカは違います。
    たしかにアルコールですが飲料用の為、
    味があるのと
    何より揮発性に優れていないので
    料理の味が変わってしまいます。

    私が言っているのは
    食品専用のアルコールスプレーのことです。
    商品名で言うと
    「ドーバー パストリーゼ77」
    や、
    「ジェームスマーティン」
    という商品です。

    間違っても焼酎やウォッカを弁当にふりかけないで下さいね(笑)(@_@)

    アルコール度数が90度のウォッカでもだめですか?食品専用のアルコールスプレーって近場では手に入りにくいものなので。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • うーん(^-^;)

    >みわさん

    アルコール度数が90度のウォッカでもだめですか?食品専用のアルコールスプレーって近場では手に入りにくいものなので。

    食中毒を防ぐ意味では
    アルコール濃度60度~80度が適してるので
    ウォッカはちょっと当てはまらないかもしれないです。

    それより、
    そんなキツくて味もあるお酒をスプレーしたら
    お料理の味が変わってしまうと思います。

    食品除菌スプレーは
    楽天市場やヤフーショッピングなどの通販で
    千円ほどで売っていますよ。
    スーパーの日用品売り場でも売ってたりしますし。

    買うのに抵抗?があれば
    無理にウォッカとかスプレーするより
    他の方がオススメしている方法の方が良いと思います(^-^;)


    ハイターで弁当箱や箸や調理器具を除菌したり
    食品を触る時や、弁当箱に詰める時は
    エンボス手袋(100円均一でも売ってるよ)をするのも
    効果的です。

    真夏になれば保冷剤は当たり前ですが
    入れる物に注意です。
    マヨネーズや卵、生野菜や汁気のあるものは入れないなど。

    車に弁当を置いて客先?に行く際は、
    弁当は車の下(アスファルト)に置くのも効果的です。
    締め切った車中(60℃)より
    車の日陰になり風通しが良く温度が上がらない(30℃)からです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 給食おばさん

    >モト給食おばさん

    菌が繁殖する、条件があります。

    水分、温度、環境

    冷やすのは大事ですが、レンジの温度で死ぬわけではありません。
    調理の段階で死滅させることが大事です。
    一般的な菌は65度以上でないと死滅しない、10度以下は活動的ではない

    保冷バックに潜む菌もあります。

    給食っておばちゃんたちが味付けするんですか?美味しい給食を作ってくれる優しいおばちゃんたちは料理上手だなぁと憧れてましたっ!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する