現在の発言数489,592件!

強力粉+薄力粉でフランスパン!(コツ)

フランスパンの修行中です。
専用粉がなく、強力粉+薄力粉でフランスパンに挑戦中です。
まだ2回目なのですが、外側が固めなだけの普通のパンになってしまいます…。
もちろんクープも開きません…。

私自身の見解は…・気泡→ガスの抜き過ぎ(しっかりめに抜いてしまいました)イーストの量が多い(小1/2強です)
・外側のパリッと感→レンジオーブンなので温度が低い。
・クープ→垂直に入れてしまった。包丁で入れている。(クープナイフなど、あった方が良いのでしょうか?深さは浅めの方が良いのでしょうか?)

分からないことだらけですっかり落ち込んでしまいました…!
ちょっとしたことでも教えてください!
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言4件 (全4件)

  • イーストの違い

    よく行く製菓材料店で2種類のドライイーストが売られているんですが、ひとつは普通のインスタントドライイースト、もうひとつは赤いイースト?です。
    どう違うのか調べたところ、赤い方はフランスパン向けだと知りました。

    私はフランスパンを作る訳ではないのですが、もしかしたらこれかもと思ったので発言させて頂きました。
    もうご存知でしたらスミマセン。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私は

    私は8年かけてフランスパンが焼けるようになりました。。。
    と言うのもパンの勉強は初級のみ通ったことがありフランスパンは
    自分で研究してここ最近やっと焼けるようになりました。
    フランスパンを作るとき普通のパンと同じような時間でグルテンが出来るほどこねてはいけません~~。パンを作る基本でイーストは小さじ1とかいう
    計り方は絶対だめです!きちんとはかりで計る方がよいです。
    私の家は0.1gから出来ますが。
    基本最低フランスパンを焼くのに250度あれば何とかフランスパンは
    焼けます。
    フランスパン生地を作るとき1度オートリーズをしてパンチを1時間の間に3回位ほど入れていきます。これとても大事です!パンチを入れないと
    フランスパン生地は出来ません。
    それと気泡をつぶしてしまっていると書かれていますが気泡つぶしてしまったらつまったフランスパンになってしまいます。外側の気泡はつぶしても
    良いですが中の気泡は出来るだけつぶしてはいけません。
    クープナイフもあるほうが良いですが垂直に入れてはいけません。
    少し斜めに入れます。
    それほど深く入れなくてもクープは開きますが成型のときゆるかったり
    するとクープは開かないですね。
    私のフランスパンまだまだですが。頑張ってください~
    フランスパン作れるようになるのはとても難しいです。
    でも焼きたてのフランスパン家で食べれるの最高です!
    またフランスパンを焼くとき蒸気も必用です。
    なければ霧吹きをするもしくはタルトストーンで(オーブン壊れるので注意です!!)
    冷蔵発酵8時間で作ると上手においしく焼けます~
    高橋雅子さんのゆっくり冷蔵発酵とかの本もおススメです!

    1316
    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 追加です

    強力粉+薄力粉でもおいしいフランスパン焼けますよ~~。
    最初からフランスパン粉を買うと高いし、失敗するし。お金が無駄に
    なりますよねぇ。。。強力粉+薄力粉でとてもおいしいです。
    @モルトパウダーやモルトエキス使う方がいいです。やっぱり
    使うと小麦の風味がもっともっと良いです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 追加です

    強力粉+薄力粉でもおいしいフランスパン焼けますよ~~。
    最初からフランスパン粉を買うと高いし、失敗するし。お金が無駄に
    なりますよねぇ。。。強力粉+薄力粉でとてもおいしいです。
    @モルトパウダーやモルトエキス使う方がいいです。やっぱり
    使うと小麦の風味がもっともっと良いです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する