現在の発言数462,144件!

片栗粉でとろみをつける

先日、友人と話していてたまたま片栗粉の話になりました。
私は、鍋をぐつぐつにする→火を一旦止める→水溶き片栗粉を回し入れる→混ぜてから火をつける。
という手順でやっています。
友人はぐつぐつにもしないし、火を止めたこともないそう…。
温まったら、火をつけたままいれるそうです。
私は幼い頃からそう教えられてきたので、疑問に思ったこともありませんでした。
確かに、理由を問われても火をとめる理由はわかりません。
ただ、水分が少ないものは火を止めないとダマになりやすくなるのでは…?
ネットで調べても人それぞれな様。
どちらが良いのでしょうか?
長文失礼しました。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言3件 (全3件)

  • へー。

    何の気なしにしていることも人それぞれで、面白いですね。
    私もマルクルさんと同じ方法です。
    ダマになった片栗は、見た目も味も残念ですからねー。

    どちらが良いかは分かりませんが、自分の良いと思う方法でいいのではないでしょうか。
    自分好みのに仕上げられるなら、それが一番ですよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • どちらでも大丈夫。

    要するにとろみはでんぷんのアルファー化によるものなので、十分加熱されれば同じようなとろみがつきます。

    ただ、重要なのは水溶き片栗粉を早めに作っておくこと。たくさんの水ではなく、1.5倍くらいの水で溶き乾燥した片栗粉に水を吸わせてあげることです。

    沸騰しているところに入れるとダマになりやすいので、一度火を止めるほうがうまくいきます。入れる直前に水溶き片栗粉を攪拌し、全体にまわったら弱火~中火で2分くらい火を通せば戻りの少ないとろみとなります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 昔、テレビで見ました。

    クッキングコーナーで、
    「水溶き片栗粉を入れた後、まんべんなくとろみがつかなかったり、
    あっという間にとろみがついて、焦げてしまう」
    という悩みを聞いた料理人の方が、マルクルさんの方法を伝授していました。
    すご~く納得して、私も真似しています。

    ちなみに、再度火をつけたときは、具材に火が通っているので、
    強火で素早くとろみをつけるのがいいそうです。
    弱火だと、具材に火が通り過ぎてしまうからだそうです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する