現在の発言数500,416件!

お浸しとだし浸しの違いってなんですか?

この前テレビで、ほうれん草のお浸さしを作ってたんですが、ほうれん草を湯がいて、だしに調味料を入れ煮たせ冷ました所にほうれん草を入れ30分ほど置いたものをお浸しとして作ってたんですが、違うテレビでは同じやり方でだし浸しとして作ってたんです。
同じ作り方なのに何がどう違うのかさっぱりわかりません。
詳しくわかるかた教えてください。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言3件 (全3件)

  • ほぼ同じですよ☆

    言い回しの違いと だし汁をたっぷり使う事で 『浸し(びたし)』
    と言うんだと思います!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • どちらも同じだけど…

    おそらく、「おひたし」と聞くと茹でたものを器に盛ってから醤油をかけるだけのもの、と(私のように)思い込んでいる人がいるため、後者の放送では「だし浸し」と差別化したのだと思います。
    本来の「おひたし」はmaihideさんがご覧になった調理法なのですよね。
    私の親戚のほとんどが醤油をかけるだけを「おひたし」として食卓に出していましたので
    私の中では今も醤油をかけるだけが「おひたし」だという観念が消えません。
    なので、料理番組で「おひたし」と言っているのに、だし汁に浸ける行程があると「そんな面倒をかけるんだ〜」と驚きで見てしまいますが「だし浸し」と言われたら、手間をかけた別な料理としてすんなり頭に入ってくる感じがします。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 「お浸し」は総称、「出汁浸し」はそのうちの1つなのでは?

    その2つは「犬」と「ブルドック」のような所謂、包含関係にあるのかと思います。
    「ブルドック」は「犬」の数ある種類の1つ、みたいな具合です。

    他の浸し方だと、茄子などでよく見る、「揚げ浸し」や「煮浸し」がありますね。
    これらの総称が「お浸し」なのかと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する