現在の発言数698,369件!

梅干し

子供の頃から赤紫蘇でつけたしょっぱい梅干しが大嫌い。でも歳とともにカツオ梅が食べられる様になり、つい最近南高梅の赤紫蘇と塩で漬けた梅干しの美味しさに見直され、夏に向けて今まではスポエネとか取ってましたが、梅干しでクエン酸や塩分、ミネラル(多分)が摂取しようと思い色々お店を見てます。
ふと疑問に思う事があって、赤紫蘇なのか、梅なのか、クエン酸は何処から生まれる成分ですか?
後、梅干しに塩漬けってありましたが本来の梅の色でしたが、あれはどう言う時に食べる物でしょうか?赤紫蘇自体に味はあるのでしょうか?塩漬けって事なので単にしょっぱいだけの味なのでしょうか?
最後に、はちみつ漬けもありましたが、あれは甘いだけなのか、甘じょっぱいものなのか、それもどう言う時に食べる物でしょうか?

今まで梅干し(赤紫蘇での塩漬け)はご飯のお供的な感じでしたので、ただの塩漬けやはちみつ漬けが良くわからないので、質問させて頂きました。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言3件 (全3件)

  • 毎年、少量の梅干しを作ります。
    クエン酸は赤紫蘇より、梅が持つ成分です。
    赤紫蘇を梅干しに入れるのは、色付け、風味付けのためです。

    梅干し作りの工程はざっくりと
    1、塩漬け
    2、干す
    干さないものを塩漬けと言います。
    干すのは長期間保存するためで、
    干す、干さないに味の違いはありません。

    はちみつ漬けははちみつの量にもよりますが
    基本的に塩が勝ちますので、甘いことはありません。

    わたしは赤紫蘇は手に入ったら入れる、
    干せたら干すという感じで、ゆるく作っていますが、
    どう作ってみても、「梅干し」として問題なく食べられます。
    以上、自作梅干しについての感想を述べました。
    市販品をいくつか試して、味の違いを楽しんでみては?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • しょっぱい梅干しは苦手であまり食べません。
    私は、はちみつ梅干し派です。

    はちみつ梅干しは、
    優しい味で食べやすくて美味しいです。
    べったりはちみつ味ということではないので、
    ご飯にも合います🍚♡

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • クエン酸は梅が持っている成分です。
    (梅の甘露煮を作るとすっぱいし、赤しそジュースはクエン酸を入れないと全く酸っぱくないです^^)

    蜂蜜梅大好きです。
    私はオレンジのはちみつの蜂蜜梅を取り寄せて食べています。
    爽やかな香りと甘酸っぱさで、食後にパクッと、お茶受けにパクッと、と言った感じです。
    蜂蜜の甘さは濃くないですが、普通の梅干しが好きな方には酸味が物足りないかもしれません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する