現在の発言数692,291件!

心の病気と身体の不調、すこしだけ光がさせば

こんにちは、はじめて投稿します。仕事をしていたときから、体調不良で眩暈、吐き気、動悸、身体と心が常に緊張状態でした。性格もこれしないととか、きっちりしたい性格なもので、その割にくよくよしたりと自分で自分を自分で苦しめていたと思います。コロナの事もあり、外出したくなくなり、子供の心配を過剰にし、そのうちに今までの不調に精神的に追い詰め、不安症とパニックに近い状態になり、自分が何するかわからない、死んでしまいそうと思うようになって怖くなって、主人に自分がおかしいことを伝えました。内科にはかかって漢方と安定剤は処方されています。安定剤は癖になりたくないと思いましたが、辛い時は飲んでます。気分がいいときは、なんとか治したいと思い、ネットで調べたり前向きになる文章を探したりしました。その中で私が実践していること力になれればと思います。まずは広島の精神科の先生が著書のうつ消しごはんやうつは自分で治せる、という本があります。すべての女性は鉄とたんぱく質が不足しているそうで、私も吐き気で栄養取れなかったのですが、本に書いてあることをちゃんとできてないけど、実践してます。内容はそうだなぁ~と足りてないからこうなるのかと納得でした。後は、身体の歪み特に頭と首の間の脳幹という部分が身体のコントロールセンターなので、そこが歪んだり身体の歪み等があると、自律神経が狂ったりセロトニンが不足したりして、ちゃんと機能していないと心も身体も不調になるそうです、首や肩こりも関係あります。(緊張や不安があると身体に力が入りますから)今は外出出来ないので、軽いストレッチや患部を暖める等すると随分違います。本も出ているのでネットで調べてみてください。私も完璧に良くなってないです更年期の不定愁訴もありますので、不調が長い人も始まったばかりの人もぼちぼち、その日その時間を一緒に乗り越えていけたらと思いました。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言0件 (全0件)

まだ発言がありません
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する