現在の発言数520,867件!

掟破りな母(義母)の料理

あなたが今までに遭遇した
独創的でぶっとんだ料理ってなぁに?

ちなみに私の母は おせちで残ったお煮しめに
ホワイトソースとチーズで恐ろしいグラタンを
作ったことがあります
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言17件 (全17件)

  • 料理でなくて申し訳ないですが

    知人(マレー系シンガポール人)に勧められて、
    ペットボトルの飲料をひと口飲んだ途端、噴きそうになりました。
    何とコーラのお湯割りだったのです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 独創的と言うか・・・「マジで!」でした。

    私、現在豪州で生活中です。以前は某有名ホテルの朝は厨房で、夜はウエートレスとして働いてました。
     とにかく「マジで!」って思ったのが「オージーフェアー」たる物があり、その時のメニューにカンガルー、ワニ、エミュー、ラクダ、アリを使う料理がありました。
     ワニは鶏のささ身っチックで食べやすいのですが、カンガルーはちょっと臭く癖があり、エミューにいたっては癖がありすぎて私には無理でした。ラクダ、アリは挑戦する気にもならなく「これ、マジで出すんですか?」って感じでした。
     幸運にもこのメニューはディナー用だったので私は調理する事もなかったのですが、アリはオーダーが入る度にその時のシェフが炒め調理をしてました。ゲェ~でしょ!
     でも、フェアー中は日に2~4オーダーがあったんです。オーダーを取った時は「マジで食べるんですか・・・」って心で思いました。
     ある日、紳士がアリのサラダをオーダーしたんです。料理が運ばれてすぐに遅れて来た連れの女性が悲鳴!レストラン中に「何事!」感がただよい、ウエーターとスーパーバイザーが飛んでいきました。
     「サラダにアリが・・・」と女性は怒ってるし、紳士は「オージーフェアーの料理を食べに来たんだから・・」と言いながら笑ってて、こちらは「・・・・・」。おかしな事に、結局女性もそのサラダを食べて、ワニとカンガルーを食べて帰って行きました。その女性は「見た目はともかく、カリカリしておいしかったわよ」だって。
     

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 巨大な

    35年以上も前、

    母が、北の名物「いかめし」を1度食べてみたいと
    自己流で挑戦。
    大きめの生イカを家族分買ってきて 
    中に1晩水に浸したもち米を詰めた。
    つま楊枝で器用に口を閉じて、
    沸騰させた酒、醤油、砂糖、水で煮ていると、

    イカがパンパンに膨れてきた、口からもち米があふれてる、
    ものすごい大きさに、匂いはすごく良い!期待大、
    裏返してしばらくコトコト煮る、
    あまり煮過ぎると硬くなるイカ、

    もういいんじゃない?と、
    みんなはじめて見る「いかめし」、
    一人1ぱい、楽しみに半分に切って見ると
    中はまだまだ生煮えのもち米が、

    また煮る、見る、まだ生、を散々繰り返して
    鍋の中は、イカともち米の醤油煮 無残な状態に。

    「もう二度と作んない!」怒る母=イカる。

    「もち米は詰めすぎない事」って
    大人になってから知りました。

    自己流って怖いですね。
    「イカの輪切り、炊飯器で炊き込みおこわごはん」
    生姜を利かせて、それがよかったかも?

    でも、今みたいにあちこちで全国・駅弁フェアとかもない、
    スーパーでいつでも北海道産の真空パック入りを売ってない、
    そりゃ、1度は食べてみたいもんです。

    他はおいしいよ、
    かあちゃん。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • すき焼きに

    もう一丁、

    もう40年以上も前の事、
    夕飯のすき焼きの中に
    輪ゴムが1本まぎれていたらしく、
    父の口の中へ。気が付いた父、
    だいぶ怒っていましたね。

    20年くらい前、
    バイト仲間に聞いたウソみたいな話、
    「昨日、うちのお母さんがロールキャベツを作って、
    とめる楊枝が見つからないから、
    輪ゴムで留めたみたいで、
    全部、汁まで苦くなっちゃって食べられなかったよ」

    折ったスパゲティで留めるといいとか?
    「かんぴょう」をそのために買うのはおっくうですし。
    しかい、すごいお母さんだ!
    うちの母の負けです(笑)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • センス??

    あまり料理の得意でない義理母の話しです。その日の夜ご飯はカレーライス。オカズがいると思ったらしく、カレイを煮付けた。カレー味で。カレーライスにカレー味のカレイの煮付け。ダンナはだ洒落?と。その日テレビで魚をカレー味で煮ると臭みがとれると見たらしい。でもカレーライスの日にすることないよね〜

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • カレーのじゃがいも?

    こんにちは、

    自営の父と一緒に働いていた父の弟(おじ)2人の夕飯も作っていたし、
    3人の子育て中の母は忙しかったことでしょう。

    毎週土曜日のカレーの日には、
    食べてると、濃い!しょっぱい!
    出すと たいていルーの固まりでした。
    言いながらそのルウーを見せても いつも笑い飛ばされるだけ…、
    ルーを入れる時は いったん火を消すとか、知らなかったんでしょうね。
    グツグツ煮ながらルーを入れてたのかな。(笑)

    母は今もそうです、
    取り扱い説明書や箱の後ろ側の作り方を読まないタイプ。

    土曜のカレーの日のおかずは決まっていて、
    スターキングのリンゴにキューピーマヨネーズだけ、
    切ったセロリにマヨ、
    カリフラワーにマヨのどれかでした。

    これ以来 私は酸味のある濃いマヨネーズがちょっと苦手に。

    結婚した主人は、
    「カレーの時は、別におかずなんかいらないよ、
    カレーが強いから、おかずの味が消えちゃうし、」

    自分はそれじゃさみしいので、ミニサラダ、他、少し出します。
    手がかからなくて助かりますけど。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 野菜炒めと

    こんにちは、

    昔、夕飯に、塩こしょう味の野菜炒めと
    コンソメ味、野菜たっぷりの
    手作りワンタンスープが出てきました。

    私「これ、一緒じゃない?」
    母「あ、そうか…」

    みんな、両方好きですが。

    市販のワンタン皮にひき肉入りの手作りです。
    惜しい!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ウチの母、料理は上手なんですが...

    料理もお菓子作りも上手な母ですが、父がいない日の晩ごはんがぶっ飛んでました。

    そのものは美味しいし、みなさんご存知のモノ。
    でも、普通は『晩ごはん』にしないと思います。


    『晩ごはんだよ』、と呼ばれてキッチンに行くと、テーブルの上には大皿に載ったおはぎがばばーん!!

    『何これ?』
    『おはぎ』
    『それはわかってる。 何でおはぎがこんなようけあるん?』
    『晩ごはんやから』
    『...』
    『足らんかったらまだあるで』
    『いや、ええって』

    大皿には特大おはぎが5個。
    お彼岸だから、おはぎを作ったらしいのですが、それにしても特大サイズで5個。
    いくら好きでも、これだけ食べるのは苦痛です...


    書きながら思い出しました。
    これ以前にも『昼ごはん』と称して特大おはぎが3個出てきたことがありました...

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 横レスですが、髪の毛入り料理。

    みなさんありません?
    義理母の料理。
    食べていたら髪の毛が。。。

    ぶっ飛びました。
    吐きそうに。。。

    それも数回。
    自分のお皿だったり、彼のお皿だったり。。。

    今では料理するとき帽子をかぶってくれています。。(幸いにも)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 横レスですが。。。

    たぶん、どこかの地域におはぎ(ぼた餅)をごはんとして食べる文化があると何かで読んだことがあります。
    お母さんの出身はどこですか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 甘口カレーのはずが・・・。

    母の作ったゴーヤカレーです。
    海老、イカ、ホタテと豪華な材料でしたが
    ゴーヤの苦さと隠し味に入れたと言うヨーグルトが
    何も隠れておらず、苦酸っぱいカレーは衝撃の味でした。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • おはぎで思い出した!

    お彼岸には毎回桶一杯におはぎを作る義母、
    ある年台所に小さな小さなアリが大量に上がってきて
    駆除の薬をまいてもあまり効き目がなく
    夏の間中憂うつな思いでいました。

    秋になりアリの出現も減ってきていた頃、
    義母がお彼岸に大量のおはぎを作り仏間のテーブルに桶ごと置いて
    「食べてよ~」と声をかけてくれたので
    お皿を持って取りに行くと、そこには・・・

    おはぎのアンコからうようよとうごめくものが・・・

    義母が一人で一生懸命作ったものだけど
    沢山のアリがアンコの上をうようようごめくおはぎは
    とても食べられません。
    でも私が直接義母に言ってもトゲが立つので主人を呼び
    二人でそのことを伝えましたが
    気の強い義母は信じてくれず
    仏間へ行き三人で確認しても「そんなん私には見えへんし!」と。
    「食べたくないんやったら食べてらんわ!!」とまで言われて・・・

    気まずいままその場を離れました。

    しばらくして義母から
    「あの後お父ちゃんとよ~く見てみたら小さいアリがようさんおるのが見えたわ
     おはぎ全部ほかしたからな、すまなんだなぁ」
    と言いにきてくれました。

    それ以来、義母はおはぎを作らなくなりました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ウチのいなかは...

    鹿児島です。

    鹿児島にはおはぎをご飯代わりに食べる習慣はないんです。
    『あく巻き』という、もち米を竹の皮に包んで灰汁で煮て作る粽は、砂糖をつけて食べます。

    あく巻きは、母が好きで、おやつや昼ごはんによく出て来ました...



    昔読んだマンガに、そのマンガ家さんのご実家が甘党一家で、おはぎが晩ごはんに出てきたことがあった、とありました。

    確かそのマンガ家さんは北海道出身だったと思います...

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 臭い鍋

    昔、一時期、【モツ鍋】が世の中で爆発的に流行った事がありました。
    わが家でも、早速、そのモツ鍋が食卓に並ぶコトに。
    家族みんな初めて食べるモツ鍋だったのですが、一口食べた父が一言
    「う◯こ臭い…」と。
    あれ以来、モツ鍋は食べていません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • おはぎがおかず!

    もう20年くらい前ですが、仕事で出張した愛知県のある有名な毛織会社の社員食堂で
    昼食をいただきました。
    会社の人に連れられて食堂へ行くと、おはぎがおかずとして用意されており、トレイには
    アンコとキナ粉のおはぎが載っていました。(おはぎ=ぼたもち、地方による?)
    社員さんは何事も無いようにトレイを取り、ご飯をよそっていました。
    ここの社員食堂では何度か昼食をいただきましたが、いつも『こんな昼食で、文句が
    出ないのかな?』と思っていましたが、おかずがおはぎは最悪でした。
    2年くらいして行ったら、業者が変わったとのことで、まともな昼食になっていました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 思い出しました

    犬の訓練ししていたときです。
    そのとき下宿と言う形で住まわせてもらいました。

    忘れもしないりょうり。

    ご飯の代わりにおはぎ(*_*)

    おはぎと、唐揚げでした。
    一つ食べて気持ち悪くなりやめました。

    しかし。そのうちのかたは黙々とおはぎと、唐揚げ

    あれだけは信じられなかった。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • うちの父方の祖母は、

    料理や献立が、独創的でした Sweat

    コーンスープにお豆腐が入っていたり、カレーライスに辛子和えを組み合わせたり、サラダになぜかパン粉がたっぷりかかっていたり… Scream

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する