現在の発言数593,603件!

チーズ

初歩的な質問なのですが、「とろけるチーズ」と「とろけないチーズ」ってあるじゃないですか。
でもあれ両方とろけますよね??
何が違うかわかりません、ご存知の方お教えください・・・
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言5件 (全5件)

  • とろけないチーズ→プロセスチーズ
    とろけるチーズ→ナチュラルチーズ

    プロセスチーズは熱処理されているからだと思います。
    プロセスチーズも多少はとろけますけどね。チーズだから。。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ききさん

    とろけないチーズ→プロセスチーズ
    とろけるチーズ→ナチュラルチーズ

    プロセスチーズは熱処理されているからだと思います。
    プロセスチーズも多少はとろけますけどね。チーズだから。。

    ききさん、ありがとうございます。

    プロセスとナチュラル・・・
    余計わからない(笑)

    まったくとろけないチーズってあるんでしょうかねえ・・・

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 基本、とろけないチーズってないですよ。
    とろけるチーズってのは、早く言えば商品名です。とろけるチーズとかとろけるスライスって文言がパッケージに書かれてますよね?とろけないって書かれてるものはありません。
    ナチュラルはチーズそのものだけを使ってるもの、プロセスは何かの加工をしてるものらしいです。バニラアイスのようにある程度の基準があるようですが、そこまで調べたことないんであしからず。

    チーズ文化の薄い日本ではチーズはスライスとピザ用が多く使われてるからとろけるってフレーズに目が行くけど、世界で見ればそこじゃなく、フレッシュか保存用かに別れるんです。だから実際は、モッツレアとかチェダーとかカマンベールなど種類があるんです。日本はこれらのチーズそのものを混ぜて加工したものをナチュラルと言い、更に乳化したりして何かの加工や材料を混ぜたものをプロセスと言ってるようです。

    チーズの種類によって溶ける温度に差がありますし、溶け方も違います。ナチュラルチーズと書かれてるもので”とろける”と書かれてるものは溶けやすいチーズを混ぜてるという感じなんでしょう。カマンベールなんかは、常温でトロトロですが、カマンベールは形を保ってますし。

    だから”とろける”は商品名やキャッチフレーズと思った方がいいです。溶けないチーズって商品名のものはありませんから。あるとすれば、それは加工して溶けないようにしたプロセスってことになるでしょうね。

    溶けにくいものでナチュラルと明記してるのはモッツアレアの分量を多くしてるようですね。これを書きながらネットで調べて知りました。確かにモッツアレアはドロ~っと溶け落ちるような溶け方ではないですね。ビローンと形状保つ感じですからね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • とろけるチーズは分子構造が粗い。とろけないチーズは分子構造が細かく密になっている。
    プロセスチーズは分子構造が細かくなりやすいので、ピザのチーズのように伸びる感じに溶けない。
    なので、あえて粗く作り脂肪分などを混ぜて伸びやすくしているのが「とろけるチーズ」

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • とろけるチーズは
    加熱すると、とろけて伸びーるチーズのことを
    そんな風に呼んでるんだと思います

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する