現在の発言数575,744件!

準強力粉と強力粉の違い

今、カンパーニュを作るのにはまっています。
そこで、色々なレシピを見るのですが、準強力粉のみ、強力粉のみ、強力粉と薄力粉を混ぜたレシピを見かけます。
私は準強力粉のみでのレシピしか今のところ作っていませんが、実際どんな違いがあるのでしょうか?

どうしても、強力粉のみのものは、柔らかい食パンや菓子パンのイメージで、柔らかく出来てしまいそうな感じで試していません。
試されていらっしゃる方ぜひ、味や食感の違いなど教えて頂けないでしょうか?

また、全粒粉やライ麦を入れるとどのように、入れる比率によっても味が変わるかも教えていただきたいです。

よろしくお願いします。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言1件 (全1件)

  • こんばんは。
    私はゆんさんとは逆で準強力粉が手に入らないので強力粉のみか薄力粉とのブレンドで作っています。

    自分で作ってみて、パン屋さんのハード系パン(フランスパンやカンパーニュなど)との違いを感じたことをあげますと、まずパンの味が違うような気がします。これは準強力粉の方がミネラルが多いからだと聞いたことがあります。
    また、しばらくするとクラストが柔らかくなってしまいます。これは粉の性質なんでしょうね。


    柔らかい食パンや菓子パンはレシピの配合が違いますから、強力粉のみでも、薄力粉とのブレンドでも、ハード系パンのレシピで作れば、それなりに近いものが出来ます。
    あくまで「近いもの」ですが、いくつか試作してご自分で食べてみたほうが納得いくんじゃないでしょうか。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する