現在の発言数520,948件!

小細胞がんの治療法

母(64歳)が8月末にステージIVのがんによる胸水で呼吸困難気味になり入院し、ドレーンで水を抜きながら、肺の癒着という治療を受けました。まだ胸水(悪性度5)は少し出ていてドレーンをしたままですが、その間の検査結果、小細胞がんである事が分かりました。抗生物質の影響か疲れか、食欲は益々なくなり、胸のムカつきでほぼ食べれない状況です。力はあまり入らず、身の回りの世話はほとんど出来ず入院して4週目です。

これから治療法を化学療法の専門医さんたちと決めるのですが、知識としてどんな可能性があるのか知っておきたく、書き込ませて頂きました。母は何もしなくても痛みや熱、倦怠感などでしんどいようで、当初から眠るように楽になりたいとも言っていますが、頑張ろうとも言っています。ほとんど食べれないので入院当初よりも更に体力も落ちています。

標準治療、最新治療、何でもいいので、詳しい情報を教えて頂けたら嬉しいです。

それから、遠くに住んでいるため、このような状況での余命も気になります。出来れば3ヶ月の介護休暇を取って、最期は出来るだけのことをして看取りたいです。

急過ぎて気持ちが整理出来ないのですが、最善を尽くしたいので、どうかよろしくお願いいたします。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言4件 (全4件)

  • 今現在、父がまったく同じ状態で入院しています。小細胞がんステージ4です。1ヶ月前まで元気に過ごしていました。
    一時期、気管挿管していましたが何とか抜管出来、少し会話も出来ています。胸水はかなり溜まっていて常時、管から抜いている状態ですが、管を入れてから3週間経つので感染症を防ぐため近日中に抜く予定、その後は再度入れることはしないと医師から説明されました。回復ではなく、管を入れてると無意識に外すと危険なので、手にミトンはめられてるから拘束されるので、いつともわからない余命を少しでも自由に…の意味合いです。そして呼吸が今より苦しくなれば、酸素濃度を上げて、再度呼吸器はつけない、最大限苦しみを緩和する薬などで最期を看取る、医師が家族の意向に賛同してくれています。
    元々、入院前から常々、何かあっても気管挿管の時も、口からの挿管に限り、気管切開は本人家族、絶対しない気持ちが一致していました。
    ツラいですが、人は生まれれば必ずいつか別れがあります。一緒に出来る限りのことをしてあげましょうね。親子として逢えたのは凄い縁です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 書き忘れてしまいましたが、小細胞がんは、物凄く早いスピードで進行するそうです。しかし早く見つかれば化学療法が最も効きやすいそうですが、残念ながらあまりにも早く進むため、発見された時には転移してる可能性が高いとのこと。

    可能であるならば、休暇を取って少しでも長くお母様の傍にいて差し上げることを願います。あくまでも、可能であるならば、です。主さん自身が無理をなさらないで下さいね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 病棟に、退院支援担当看護師または社会福祉士が配属されていると思います。
    今、担当の看護師さんまたは病棟師長さんにお話すると繋いでくださいます。

    退院後の介護保険(40歳から64歳、がん末期の患者は対象になります)の手続きや急変時の救急対応などの説明があります。
    また、家族介護支援のための社会的入院(レスパイト入院)の制度のある病院もあります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >秋が好きさん

    書き忘れてしまいましたが、小細胞がんは、物凄く早いスピードで進行するそうです。しかし早く見つかれば化学療法が最も効きやすいそうですが、残念ながらあまりにも早く進むため、発見された時には転移してる可能性が高いとのこと。

    可能であるならば、休暇を取って少しでも長くお母様の傍にいて差し上げることを願います。あくまでも、可能であるならば、です。主さん自身が無理をなさらないで下さいね。

    ありがとうございます。1ヶ月前まで元気にしていたのに、余命はやはり分からないのですね。胸水を抜いたお陰で呼吸も出来るようになり、食事は出来ないけど時期にもよるのかもしれませんが、少し元気になって来たようです。お医者さんに電話で尋ねたところ、治療が効けば余命は1年以上になる可能性もあると言われました。科学治療法も決まりました。幸い2ヶ月に一度10日前後の休暇があるので、その時は会いに行こうと思っています。同じような状況にいる方の存在に、また暖かい言葉に励まされました。有難うございます。そうですね、親子の縁は不思議です。前向きにがんばります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する