現在の発言数575,234件!

中学校の部活これでいいんですか?

こんにちは
息子の公立中学の部活はほぼ強制加入です
長男は本人の希望と先生に勧められピアノの道へ
次男はこの春中学に入学しました。
さほど運動神経は良くないのですが運動が好きで今までやったことないものをやってみたいとソフトテニス部に入部しました
そこでの話しです
同じ一年生にソフトテニスを小さい頃からやってきた子が数名いるらしく顧問は各学年の上手な子達とその一年生数名だけをえこひいきしその他大勢はどうでもいい扱いで確かにレギュラー以外はよく休みになっています
先輩母の話しを聞いてもみんな不満ばかり
確かに顧問は上手な子達しか観ずアドバイスを送りその親達は部活を私物化している現状だそうで、、、
初めてラケットを握った子はほとんどチャンスは無くその上手な子達はクラブチーム?から中学で活躍する為に時間を費やしてきた親子がほとんどだそうでその他大勢はただの応援隊で終わるんだそうです
特にこの顧問は勝利至上主義とか
他の部活も似たような状況とのこと
そこで素朴な疑問です
部活って学校行事の一環ですよね?
先生の大変さは理解しております
過酷な労働条件で家には寝に帰るくらい、、本当に頭が下がります
ただ、素朴な疑問なのですが部活の実績って教員の出世に関係あるのですか?査定がプラスされて給料が良くなるのですか?職員室で幅きかせられる、とか?

小さい頃からやってた子が上手なのは当たり前です
入部当初から上手じゃないと部活の醍醐味を味わえないのならそれをもっと早く(小学校中学年くらいまでに)学校側は伝えるべきですよね
学校説明会でもな~にも言っていませんでした
周知の事実だったんですかね
将来いい思い出として振り返る筈の中学部活がこんなんでいいのでしょうか??
仲間と切磋琢磨して頑張り試合のドキドキ悔しさ楽しさを学ぶ場が一部の人のものになってしまっている現状を皆さんどう思われますか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全41件)

  • >ふるふるびーさん

    私は中学時代ソフトテニス部でした。
    部長を決める時私が一番なかがよかった友達になってほしかったのですが顧問が一番上手なコを選びました。
    私の友達は責任感が強いし裏表がなくってみんなのまとめ役だったのにテニスが上手じゃないって理由で。。。
    部長になったコは人の気持ちを考えない自己中。
    顧問がいないとサボるし片づけもやらないんです。ボール探すのもメンドクサイって。
    でもいつも試合には出られるのでみんなカゲではいろいろ言ってたしそのコとペアになるのをみんな嫌がってました。
    そおゆーコって出られないコの気持ちがわからないんですよね。
    そのコの親も先生みたいなコト言ってきてかなりうざかったです。
    部長を上手だからって選んじゃう顧問てバカですよね?
    たまに学校帰りにあうのですがしゃべりたくないので無視します。

    むかつく!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • どこも一緒かぁ

    ひーこさん、お気持ちとてもわかります。
    私も公立の部活は
    授業の一環だと思うのです。
    努力する事、仲間と切磋琢磨し、
    技術を磨く、
    協調性を学ぶなど、こっちの
    教育に力を注いで欲しいものです。

    勝利至上主義ならクラブチームで
    やって欲しい。

    そして部活動に口出しする親達。
    その親達の言いなりになる教師。
    また、活躍してる生徒ばかりを
    賞賛する古株教師など、なんだかなーと
    思う事も多い長男の中学校生活でした。
    (もちろん常に一生懸命打ち込み、その結果
    活躍してる生徒さんがほとんどだと
    思いますが、長男の部活仲間は
    顧問がいないとサボって真面目にやってる
    子達を馬鹿にするなどしてても
    身体能力が高いため試合には必ず出れるし
    勝てちゃうんです)

    長男自身はそういった中で
    荒れた時期も
    ありましたけど、
    理不尽な事はあるもんだ。
    でも自分は
    最後まで頑張って真面目に
    部活動に打ち込んだ
    と言う自負があり、また後輩達が
    その姿を讃えてくれた事もあり
    少しは成長に繋がったかなと
    今は思えますが、在学中は
    やきもきしました…

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • う~ん

    競技の世界に長くいてけっして上手くありません
    中の中程度で上手い人がクラブに居れば当然試合に出られなかったですが
    出たいから頑張って上手い人に食らいついていましたけどねぇ
    コートに入れないなら入れるように自主練なりコート外で出来る練習を一生懸命やっていました


    必ず出るんですよね
    こういう親御さん

    一つ聞きます
    貴方はオリンピックを楽しめない人ですか?
    その他のテニス、サッカー、野球、柔道などTVで日常的にやっているのをどういう視点で見ているのでしょうか?
    TVに出るような人は貴方が憤慨しているお子さん達が予備軍です

    子どもの時からやっている子は中学校の試合に出るなと言う事でしょうか?
    学校の部活は初心者が楽しめる勝敗は二の次で楽しく思い出作り
    真剣にやっている子は学校外で勝敗を追求してくれと言う事でしょうか?

    学校に入る前からそのスポーツに努力を費やして来た事を否定するのは何故でしょうか?
    その子はその子で生活の大半をそのスポーツに注いで努力をしているんですよ?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 幼稚園教諭をしてます。
    以前受け持っていた子達や親御さんに今でも時々会います。
    やはり中学生になると部活の話しが殆どです。
    主さんのお子様のような思いをしている子もいます。逆に来週試合だからと楽しそうに語る子も。
    やはり中学生にとって中学校生活のメーンは部活ということです。

    主さんが仰っているのはそんな中学校生活でのメーンの時間が最初から大人の手によって摘まれてしまうのはどうなんだろうという事だと思います。

    部活の功績で高校推薦が決まるのも現実です。
    それもそうですが、
    純粋に、頑張りたい!と入部した子達が最初から入る余地が無いことを突きつけられた絶望感は想像がつきます。
    実際、教え子達の話しからもよくわかります。

    どなたかが仰っていましたが、試合って人を成長させてくれます。
    試合中、炎天下でも暑くないそうです。集中してるから。それを見てる親は寒気がするそうです。試合に出た経験なくただの応援だったら暑いでしょうね。
    勝つための努力、点を取られた時の悔しさ、日頃の体調管理等どんどん意識が変わって成長していくのがわかります。
    応援だけしてろ!を多感な時期に入部時から突きつけられる子供たちの気持ち、そしてそれを毎日見る親御さんの気持ち想像してみてください。

    入部してみてつまらないから退部する、は中学生にとってそんな簡単なことではないです。
    まして道具も高額です。
    頑張りたい!と我が子が思うからこそ、親は高くても買ってあげるんです。
    そんなことになってるなら頑張りたいと思ってた殆どのお子さんは、何で僕にテニス習わせてくれなかったの?と思うでしょう。
    実際教え子たちもそうでした。
    そう大人達が思わせてしまってる現実をなげいているのだと思います。
    理由がない限り入らせられる部活です。頑張りたい!と期待に胸膨らませて入部してきた子供達にオリンピックはねぇは違うと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • そうですね
    助手席って眠くなりますよね。
    運転者は少なからず緊張感があるから起きてられるんです。
    助手席の人が寝るのは失礼と運転者は言わないでほしいですね。
    (例えが違ってます?)
    要は、同じ空間にいて、やることがある子供とただそれを見てろと言われた子供では全く意識が違うということです。
    まして、授業の一部と解釈するのが一番しっくりくる公立中学の部活。
    教えてるのはそこの先生。
    だったら学校行事と解釈されても致し方無い。
    授業はみんな受けるんだから、部活も一度は希望者全員にチャンスを与えた方がいい。
    その内、必ず差が出てくるのだから。
    そこまでのプロセスが子供には大事。
    オリンピックの話しは飛躍し過ぎ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • オリンピックが飛躍しすぎと思いません
    競技の世界に身を置いていたら解ると思います

    子どもの時からやっていても。その競技の一握りになれる!なれない!の葛藤があるのですよ
    子どもの時から努力を重ねていてもです

    競技の世界で温度差が生じるのも経験済みですが
    この手の親の言う事は際限なく広がります
    そこには自分の子可愛さから来る発言だと思いますが
    だったら競技の場に身を置かない事です
    真剣にやっている子が煽りをくらいます

    学校は平等であれと言う気持ちも解らないでは無いですが
    それはどの子に対してもなら真剣にやっている子も同じではありませんか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 随分変わった

    昔の部活動は教育の一環で、みんな平等に練習し試合も出れてチャンスがあって、それこそハチミツレモンを食べていい思い出。

    今は随分違うみたい。

    幼稚園からスポーツ系の習い事
    小学校高学年で中学校の部活にあるスポーツ教室に行く
    中学校の部活は強制
    辞めると内申に響くと脅される
    中学校の部活は親送迎
    親が顧問に口出す、もっと強くしろ、高校推薦に入れろ
    顧問は親のいいなり、成果主義
    レギュラー中心の練習と試合
    レギュラー以外は雑用オンリー
    意欲喪失でも内申のために辞めれない
    レギュラーの親が雑用もためになる、社会の縮図だと言い出す
    試合に出ない子の親も送迎とお手伝いがあるから試合を見なきゃいけない
    レギュラーの親の無神経な発言にも我が子のために耐える
    親の飲み会は耐え難い
    雑用オンリーでも耐えた先に成長があると美談を信じてひたすら耐える

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 少なくともほぼ強制加入なら部活で指導してくれない事は学校へクレーム入れても良いと思います。指導放棄してるから。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 今の部活。よくないですよ。

    すでに問題になってます。
    以下のキーワードをググって参考にしてみてください。
    部活が苦で不登校になったりしてると新聞にありましたよ。
    部活の体罰で自殺した生徒もいましたよね。

    部活問題対策プロジェクト署名を文部科学省に提出しました

    文科省 部活動パブリックコメント

    文科省スポーツ庁
    運動部活動での指導のガイドライン

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >40代さん

    すでに問題になってます。
    以下のキーワードをググって参考にしてみてください。
    部活が苦で不登校になったりしてると新聞にありましたよ。
    部活の体罰で自殺した生徒もいましたよね。

    部活問題対策プロジェクト署名を文部科学省に提出しました

    文科省 部活動パブリックコメント

    文科省スポーツ庁
    運動部活動での指導のガイドライン

    ガイドライン…あんなの教師は読んでないですよ!
    ただあるだけのものです。
    現になにも変わってないじゃないですか。
    子どもに部活を選択させるのに、勝つために利用できる子どもしか試合出さない。
    コツコツ練習したって、試合が近くなると部活の練習すら外されて、練習する機会さえ奪うんですよ。
    ガイドラインってどこでどう役にたっているのか?紙切れに過ぎないのが現実。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • サッカーはクラブチームと部活が同じ土俵で戦う試合が普通にあります(高円宮杯)。
    だから強い学校は越境して部活目当てに入学してくるので、普通レベルだと部活すら入れません。
    ちょっとでも強い学校になると、顧問熱を入れだします。うちの学校とそうですが、急に外部コーチを何人も入れたりし、レギュラーの子達との扱いが変わります。
    内申点もベンチ入できるかどうかで、点数も違うそうですよ!

    すでに教育の一貫ではないですよね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • その通り!

    >40代さん

    う~ん

    競技の世界に長くいてけっして上手くありません
    中の中程度で上手い人がクラブに居れば当然試合に出られなかったですが
    出たいから頑張って上手い人に食らいついていましたけどねぇ
    コートに入れないなら入れるように自主練なりコート外で出来る練習を一生懸命やっていました


    必ず出るんですよね
    こういう親御さん

    一つ聞きます
    貴方はオリンピックを楽しめない人ですか?
    その他のテニス、サッカー、野球、柔道などTVで日常的にやっているのをどういう視点で見ているのでしょうか?
    TVに出るような人は貴方が憤慨しているお子さん達が予備軍です

    子どもの時からやっている子は中学校の試合に出るなと言う事でしょうか?
    学校の部活は初心者が楽しめる勝敗は二の次で楽しく思い出作り
    真剣にやっている子は学校外で勝敗を追求してくれと言う事でしょうか?

    学校に入る前からそのスポーツに努力を費やして来た事を否定するのは何故でしょうか?
    その子はその子で生活の大半をそのスポーツに注いで努力をしているんですよ?

    激しく同意します。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 中学部活にオリンピックの話しをしてる方がいますが、主さんは学びの場と言ってますけどね。
    しかも義務教育の。
    競技につかないことって学校からなんかしらの部活に入れって言われて、ただし、この部には小学校からやってた上手いやつがいるから頑張っても無理だよと入ってから言われたようなもんなんでしょ。入ってから!
    春までランドセル背負ってた子供に初っ端から諦めること教えるのは教育じゃないね。
    努力の過程をわかりやすく評価してあげられるのは振り返ると学校って場所だけ。てゆうか学校だけはそおゆう場所であってほしいと思わん?
    まぁそんな意識でやってくれてる教員は………。
    まぁだいたいそーゆーやつらが学校を回そうとする。
    知らなかったやつが悪いみたいな。
    競技につかないことなーんて頑張りたいと思ってる子供によく言えるな。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 確かに

    学校関係で働いてます
    確かに極端ですね
    最初から読ませてもらいました
    学校の現場では表向き、部活動を通じて協調性
    心身を鍛え学ぶ場だと認識してやってます
    表向きと書きましたが、本来、表も裏もあってはならないのです
    たまにまともな担当教員もいます
    上手い子が入ってきたなぁ程度に思う人もいます
    その子をどう使うかが力量
    部活動も教育の一環であることは間違いありません
    やりたいやりたくないは別としてその学校の教員が顧問を任され、指導もしてるのですから当然です
    確かに主さんは教育がまずあるべきではないのかとおっしゃっていると思います
    オリンピックの話しは黙認できない発言です
    小さい時から凌ぎを削ってきたかも知れません
    それは自由です
    今までは大したことなかったけど行く地元の中学ではみんな素人だろうから、俺が!我が子が!活躍できるのでは…が、見え見えな親子、います!
    本来、義務教育の部活動にそれは必要ありません
    バランスが取りにくいと嘆いてる教員もいます
    義務教育の現場では、
    ラケットをずっと振ってきた子
    初めて握る子
    どちらにも学ばせなければならない
    それが学校です

    オリンピックの厳しさを公立中学の入部初日から子供にすり込むのですか?
    そこを目指すなら他に組織があるのだから、公立中学で、競技とは!オリンピックとは!を議論するのはナンセンスだと私も思います。

    ブラック部活、教員の部活ボランティアが問題になっていますが、もちろん規定が曖昧なのが一番の問題ですが、40代さんのような中学校部活現場でオリンピックの話しまで飛んでしまう親がいるからどんどんややこしくさせているのだと思います

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • はい、私もお気持ちわかります。
    うちも息子2人で、私はどちらも経験しました。
    長男の時に正にその状態でした。
    次男は兄の影響で習いに行きたいと、中学ではたまたま次男以上に抜きん出た子が居なかったこともあり、ずっとレギュラーでした。
    思います、出続ける事は問題です。出たり出なかったりをさせないとダメです。
    教育の場です。その学校の教師が管理してます。子供に学ばせる為の施設が学校です。
    当たり前です。
    次男の大会の日、長男に一緒に観に行かないかと聞いたら「顧問の顔を見たくない。俺の顔は覚えてないだろうけど」
    こんな事を言われてる教師(顧問)は恥です。
    次男の時は出られない親達と積極的にかかわりました。最初は私に気を使っていました。
    何を喋ってても嫌味にならないようにしてくれてました。ミスすると親同士が謝りまくってたり負けるとペアのせいにしてたりをバカバカしいと思っていた私の気持ちを知った途端、出るわ出るわ不満の嵐!でした。
    怒りの矛先のパーセンテージはやはり同じ立場である親に向けてでした。
    どなたか言ってたその通り、親は親です。
    いつから指導者、マネージャーを依頼されたのでしょう。
    親は我が子の活躍に中毒患者のようになります。
    自分を見失い、どんどん変貌していきます。
    周りの親達に対して無意識で心無い言動を繰り返し、そしてそれは徐々に父親も。
    周りが見えなくなっていく妻をたしなめないといけない存在であるべきなのに。
    所詮地域の人々ですからその後も陰でずっと言われ続けます。
    低学年からラケット振ってれば上手です。
    クラブチームの空気をそのまま持ってきて私物化する親と子供達を失望させる学校。
    大人達が「自分さえ良ければいい」を作っています。
    出てる親は出てる親としか喋りません。
    出てない親と喋っても得られるものがないからです。
    親って悲しい存在だなと思う、子供の部活動でした。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ご本人は

    次男さんはその状況を楽しんで、
    強い子の応援などがんばっているのなら、
    いいのですが、

    つまらない部活に行くのがツライと感じているのなら、
    所属部を変更しては?
    変部できる学校かな?うちの子の学校は届け出て、
    途中で変わることが可能です。

    一度決めたことを途中で辞めるなんて
    教育の方針として抵抗あるかもしれないですが、
    ここは少しおおらかにお子さんと話してみるのもアリかなと
    老婆心ながら感じました、
    筋違いな意見でしたらスミマセンン

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ゆとり教育により、地域を巻き込んだ子育て支援が動き出しました。更に不景気により、親たちは仕事一途から家庭に帰る時代の流れができました。
    そこから、スポーツ少年団の進むべき道を外れたんだと思います。
    家庭に居る時間が増えれば子どもと関わる時間が増えます。大人同士の娯楽から、子供を通した娯楽にシフトされ、スポーツ少年団にのめり込む大人が増え、地域の子育て支援や、生涯スポーツから、勝利至上主義の団体に変貌…やがてそこにいた親や子供が中学の部活を蝕んだのだと思います。
    今の時代、強くなりたい、選手になりたい、オリンピックに行きたいをかなえるのは、クラブチーム。
    体力作り、生涯スポーツの推進、仲間作り、子供の居場所作りを担うのが、部活。と区別していくべきだと思います。
    中体連の大会が過熱しすぎて、日本にだけある、レギュラーと補欠の差別意識を助長している。
    いっそのこと中体連を廃止すれば、たくさんの子どもが学校で楽しくスポーツができる環境が確立されると思います。部活のいざこざに悩む教師も減る。
    部活に生きがいを感じ、仕事をしない教師は教師にあらず。学校でもそういう教師は厄介者。学校から去りクラブチームの指導者になればいいんです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 部活には熱心だが仕事しない教師

    毎年 行われる国体、
    国体開催県は前もってわかっていますから来たる開催年に向け、結果を出すために選手確保のためスポーツに照準を合わせた教員採用基準が存在すると聞いた事があります。

    子供が三人いると
    過去に?と思わされる先生に当たる経験をします。中高ともなると子供からの情報で ◯◯先生って◯◯(スポーツ名)で
    全国レベルなんだって、と聞き なるほど、と思ったり。
    もちろん文武両道で信頼できる先生もたくさんいらっしゃいます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 最近ありかなって思ってきました。
    学校関係と仕事をすることが増えてきて客観的に見えてきました。
    中学は”進学”がどうしても関わること。
    座学は国社数理英とあるのに、授業として運動を活かせるのは体育だけで、体育で成績として進学に繁栄するのは陸上のみってことと、勉強に重視され、育ち盛りの体の成長に運動が足りないことが分かりました。
    小さい頃から英才教育したり塾に通ったり自習して頑張っても、成績が上がらないのと、部活で頑張ってレギュラーになれないのと何が違うのか?逆にトピ主さんが書いてるように、そのおかげで成果出て差が出ることだってある。
    頑張りで、勉強の成績には不満ないけど、部活の成績には不満。これって授業とされてなく、父兄が関わるからですよね。日本の横並び教育にするには、運動まで入れる余裕がないから授業とせず父兄を入れるからややこしくなってるんだなって。私立ではこういった不満が出ないのも納得しました。
    中には、部活に小さい頃からやってきたスポーツがなく、断念する子や、部活が無い中学や私立に行く子もいます。スポーツで進学将来を狙う子は、勉強より狭き門だなって思いました。選べるスポーツだって学校次第で限られるし。
    公立の横並び制度の日本では、部活の頑張りは身体を鍛えるものと思うしかないかなって。
    成長には、どちらも必要だけど、スポーツで将来か、勉強で将来かの違いです。
    うちの子はそれもあって、下の子を部活強制のない新しい制度で出来た公立中高一貫校を受験し、入れればそのスポーツを続けますが落ちれば、時間が取れないので諦めるしかないです。上の子は地元の公立で幼い頃からやってきたスポーツが部活になく、諦めてしまいました。

    トピ主さんの不満のように、例え部活でも、勉強と同じ成績が関係するとそうならざる負えない部分はあるでしょうね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 顧問も大変です。小学校のスポ少時は保護者会でしましたが、中高は、日々の部活動に加え土日も試合や練習試合に付き添わなきゃいけないし、試合の案内なども作成しなければならないし、会計もです。家庭がある方には申し訳ないくらいです。それなのに練習中は、え~走りたくない、とかノック疲れる~、球拾いいや~、試合したい!!と口ばかり。先生やレギュラーが必死にノックあげているんですが。
    初心者から始めて、今はレギュラーになれなくても、高校その先続けたいと思えるようにしたい、と部内の保護者会で顧問とコーチがいっておられました。また、うちの県は応援にも賞が与えられます。応援も大切です。

    その顧問の方はとっても気の毒な方ですが、すべてではないです。 失礼しました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
≪ 最新
‹ 前へ
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する