現在の発言数587,100件!

家事は大事です

夏が来たような関東です。
少しずつ冬用布団や敷物を干したり、しまったりしていましたが、今日ようやくコタツ布団を干し、カバーを洗濯しました。
狭いベランダで一度に沢山干せない為、良い天気でも一気に片付けられないのがもどかしいです。
ストーブをキレイにしてしまい、扇風機を出す。
冬を迎える頃にはまた逆の作業があります。
家事は軽く見られがちですが、こういった地味ですが必要な作業は誰かがやらなければなりません。
小さなお子さんがいたり、フルタイムのお仕事がある方はもっと大変だと思います。
これを読んでくださっている方、ご家族のどなたかがやっているのでしたら、少しの感謝をお願いします。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全21件)

  • 出勤前の慌ただしさの中で耳に入る
    お天気キャスターさんの「今日は安心してお布団も干せます!」
    いくら何でも帰宅する午後6時まで布団を干す訳にゃいかないんですけど。と心の中で毒づく私です。

    そうですよね
    夏になると扇風機が
    冬になるとファンヒーターが勝手に現れるわけではないですよね。
    誰かが担ってくれている…
    今井美樹さん主演内館牧子脚本の大ヒットドラマの中で美樹さんのお母さんの台詞が何故かとても印象に残っています。



    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 衣替え、冬支度等、体力がいるので大変ですよね。
    衣替えは既にか終えて、一昨日カーペットや炬燵を外しました。
    仕事がありまだ洗濯&天日干しがまだ出来ていません。
    洗えるマット、炬燵布団なので次の休みにはコインランドリーに行こうと決めてます。
    これから梅雨に入るから片付けて良いのか…悩みどころですが。
    家事も大変だとは思います。日々生活をおくれてるってことで旦那さんにも感謝!家事をしてる自分にも感謝(笑) たまにはコンビニスイーツなどで自分にご褒美してます。あとは家族に誉めてもらうようにしています(無理にではなくです)
    言葉って大切ですよね。
    労いの言葉が欲しいなら旦那さん、家族にはっきりと「たまには誉めて~」と言っても良いと思いますよ。
    その代わり逆もしなくちゃですが…(^-^;
    お互い感謝、普通に生活出来ていることに感謝ですね!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • そうですよね。季節物の入れ替えは大変ですよね。力仕事も伴いますし。

    うちは、できる者がお互い手分けしてやっています。
    例えば、料理は私の方が得意なので私がメインでやりますが、高い所などの食器類は夫が出し入れして料理を注ぎ分けます。凄く効率的で温かい物がすぐ食べれるし食事のスタートが早くなります。
    日々の掃除洗濯は私の方が時間があるので私がやります。
    力仕事や高い所の作業は夫に任せます。
    季節物の入れ替えも力仕事が多いのでメインは夫がやります。

    逆に、そんな大変な思いをして季節物の入れ替えをしているのに 旦那様から労いの言葉があるのか少し気になります。

    たった年二回の事ですし、天気のいい休日に私がホコリ取りや清掃をして、旦那が布団を干しをしたり家電類の出し入れをしてくれたらアッという間に済みます。

    女のするべき仕事、男のするべき仕事という概念が無くなり、お互い協力し合ってやっていける世の中になればいいですね。
    そうなりつつありますよね。いい事だと思います。
    奥様に万が一何かあっても旦那様は何もできなかったり、定年退職した後邪魔者扱いされるのは気の毒です。

    あ、うちは「ありがとう」「サンキュー」は自然に出てますよ。

    と言っても、こうなるまで随分時間がかかりましたけどね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 皆様ありがとうございます。

    皆様それぞれ大変ですが、工夫されているのですね。
    わが家は、随分前から単身赴任をしているので、夫の物を片付けたりはありません。
    でも、家にいた頃から家事全般私の担当です。
    夫は腰が悪いので、重い物は持てませんし、無理な姿勢は出来ません。
    妊婦の時も布団は私が干していました。
    もし頼めば、干さなくて良いという人です。
    現在は成人した子どもと二人暮らしです。
    少しの感謝が欲しかったのは私ですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >主婦兼パートさん

    皆様それぞれ大変ですが、工夫されているのですね。
    わが家は、随分前から単身赴任をしているので、夫の物を片付けたりはありません。
    でも、家にいた頃から家事全般私の担当です。
    夫は腰が悪いので、重い物は持てませんし、無理な姿勢は出来ません。
    妊婦の時も布団は私が干していました。
    もし頼めば、干さなくて良いという人です。
    現在は成人した子どもと二人暮らしです。
    少しの感謝が欲しかったのは私ですね。

    毎日おつかれさまです。労いの言葉は慣れていないと口にできないものです。ご主人やお子様も心の中では感謝されていると思います。仕事を言い訳に放っておくこともできるところ、黙々、淡々と家事をこなせること自体が既に自分へのご褒美になっていると思います。適度に体を動かすことは健康維持にもつながりますし、あれこれ気にかけていればボケる暇もありません。地味でもコツコツやることは、実は自分自信を一番に救ってくれているのだと思います。でもあまり無理をなさらず、体調の悪い時はしっかりとお身体を休め、週に1度は何も考えない日などを作ってゆったりなさってくださいね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ありがとうございます。

    >ひみつさん

    毎日おつかれさまです。労いの言葉は慣れていないと口にできないものです。ご主人やお子様も心の中では感謝されていると思います。仕事を言い訳に放っておくこともできるところ、黙々、淡々と家事をこなせること自体が既に自分へのご褒美になっていると思います。適度に体を動かすことは健康維持にもつながりますし、あれこれ気にかけていればボケる暇もありません。地味でもコツコツやることは、実は自分自信を一番に救ってくれているのだと思います。でもあまり無理をなさらず、体調の悪い時はしっかりとお身体を休め、週に1度は何も考えない日などを作ってゆったりなさってくださいね。

    パートは訳があり、週に3回程度なので、家事の時間はあるのです。
    確かにボケ防止や健康維持の為には、有効ですよね。
    お返事読んで反省しました。
    人の為ではなく、自分の為になるという考えに至りませんでした。
    そう思えば家事をするのが面倒でなくなりそうです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • フルタイム勤務なので、季節の部屋の模様替えは家族で作業してます。
    グリーンカーテンの苗の植え付けも週末にみんなで終えました。
    ストーブの手入れは磨くのが好きな夫に任せ、布団のクリーニングの持ち込みも夫に任せ。
    あ、夫の労働には感謝してます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >主婦兼パートさん

    皆様それぞれ大変ですが、工夫されているのですね。
    わが家は、随分前から単身赴任をしているので、夫の物を片付けたりはありません。
    でも、家にいた頃から家事全般私の担当です。
    夫は腰が悪いので、重い物は持てませんし、無理な姿勢は出来ません。
    妊婦の時も布団は私が干していました。
    もし頼めば、干さなくて良いという人です。
    現在は成人した子どもと二人暮らしです。
    少しの感謝が欲しかったのは私ですね。

    ごめんなさい。
    事情を知らずに傷つける言い方をしたかもしれません。本当すみません。


    実は、うちも 気が短いのもあり、調理に時間がかかるようならカップ麺でいい!という人でした。
    独身時代はベランダの無い狭いアパートに住んでいたので布団など干さなくても平気だったのだと思います。
    天気のいい休日に私が布団を干したり、掃除機かけたりなどで家事に手間取って出かけるのが遅くなると不機嫌になる人です。出かけても楽しくありません。

    カップ麺でいいなら、結婚した意味ないじゃん!早く夕飯を食べたいなら、早く出かけたいなら、少しでも手伝ってよ!と大喧嘩した事があります。

    そんな事があってから、私も長時間フルで働いていたせいもあり、女の仕事と思われがちな古い考えを捨て、私たち夫婦独自の形を作り上げて来ました。
    奥さんが急に不在になり、どこに何があるか分からない、何もできない旦那様を何人か見て来たせいもあります。

    私は、私の為に何かしてくれた時は「ありがとう」を言いますが、夫にやってもらいたい家事については「ありがとう」を言いません。

    その代わり、
    さすがオトウサン(夫の事)オトウサンがやってくれると違うわ〜。オトウサンが食事の準備をしてくれるようになって、あったかいままの料理が早く食べれるしようになったし食器も前のように壊れなくなった。
    布団を干して貰ったお陰で気持ちよく眠れるね。風邪もひき難くなったし。
    などとおだてまくり、私の仕事を手伝って貰うのではなく、夫の仕事として定着させてきました。

    これを根気よく続け、今に至ります。
    単身赴任されているのなら、家事の経験があるので大いに望みが持てそうですね。

    一緒に暮らせるようになってからは、2人で手分けして仲良く家事をこなせるようになるといいですね^^

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 家事って毎日毎日同じことの繰り返しで、誰もほめてくれたり認めてくれたりはしませんね。
    私は基本的に毎日はご飯を作って洗濯は一応しなければと思っています。
    そのほかにも主さんが書かれているように一年を通して季節ごとの地道な作業ってたくさんありますね。
    今の時期は冬物の厚手の掛け布団を干してしまい、夏物の薄掛けを出したり。
    扇風機も夏の終わりにはきれいに掃除してしまいますね。
    ちょっと前にはこたつをしまい、布団も洗ってしまうなど。
    けっこう体力いりますよね。
    こういった家事を少しでも旦那さんがやってくれたらどんなに助かることか。
    こちらから声をかけなくても積極的にやってくれたらいいのですが。理想ですかね。
    もちろん積極的になんでもやってくれるご主人様もおられると思いますが。
    うちの場合ですが、どなたかが書かれてますが布団は干さなくていいという感じです。
    私は実家にいた頃は親が毎日のように干していてそれを子供ながらに見て感じ取っていたのでしょう。干すのが習慣になってます。
    が、旦那は結婚前のことは知りませんがたぶん実家ではあまり干さなかったのかと。
    生活習慣の違いは大きいですね。
    今からでも遅くはないと思うので、家族に協力してもらい感謝をしようと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ありがとうございます。

    >30代さん

    フルタイム勤務なので、季節の部屋の模様替えは家族で作業してます。
    グリーンカーテンの苗の植え付けも週末にみんなで終えました。
    ストーブの手入れは磨くのが好きな夫に任せ、布団のクリーニングの持ち込みも夫に任せ。
    あ、夫の労働には感謝してます。

    グリーンカーテン、以前はやっていましたが、面倒で止めてしまいました。
    フルタイムなら尚更ご家族の協力必要ですよね。
    夫さん、頼りがいありますね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 大丈夫です。

    >今日も暑い💦さん

    ごめんなさい。
    事情を知らずに傷つける言い方をしたかもしれません。本当すみません。


    実は、うちも 気が短いのもあり、調理に時間がかかるようならカップ麺でいい!という人でした。
    独身時代はベランダの無い狭いアパートに住んでいたので布団など干さなくても平気だったのだと思います。
    天気のいい休日に私が布団を干したり、掃除機かけたりなどで家事に手間取って出かけるのが遅くなると不機嫌になる人です。出かけても楽しくありません。

    カップ麺でいいなら、結婚した意味ないじゃん!早く夕飯を食べたいなら、早く出かけたいなら、少しでも手伝ってよ!と大喧嘩した事があります。

    そんな事があってから、私も長時間フルで働いていたせいもあり、女の仕事と思われがちな古い考えを捨て、私たち夫婦独自の形を作り上げて来ました。
    奥さんが急に不在になり、どこに何があるか分からない、何もできない旦那様を何人か見て来たせいもあります。

    私は、私の為に何かしてくれた時は「ありがとう」を言いますが、夫にやってもらいたい家事については「ありがとう」を言いません。

    その代わり、
    さすがオトウサン(夫の事)オトウサンがやってくれると違うわ〜。オトウサンが食事の準備をしてくれるようになって、あったかいままの料理が早く食べれるしようになったし食器も前のように壊れなくなった。
    布団を干して貰ったお陰で気持ちよく眠れるね。風邪もひき難くなったし。
    などとおだてまくり、私の仕事を手伝って貰うのではなく、夫の仕事として定着させてきました。

    これを根気よく続け、今に至ります。
    単身赴任されているのなら、家事の経験があるので大いに望みが持てそうですね。

    一緒に暮らせるようになってからは、2人で手分けして仲良く家事をこなせるようになるといいですね^^

    傷ついていませんよ~。
    夫は定年後は実家に戻るかもしれませんし、私は実母の介護や実家の後始末もありますので、そうなると別居が続きます。
    仲良く家事・・・いつかそうなることがあるのかな?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ありがとうございます。

    >50代さん

    家事って毎日毎日同じことの繰り返しで、誰もほめてくれたり認めてくれたりはしませんね。
    私は基本的に毎日はご飯を作って洗濯は一応しなければと思っています。
    そのほかにも主さんが書かれているように一年を通して季節ごとの地道な作業ってたくさんありますね。
    今の時期は冬物の厚手の掛け布団を干してしまい、夏物の薄掛けを出したり。
    扇風機も夏の終わりにはきれいに掃除してしまいますね。
    ちょっと前にはこたつをしまい、布団も洗ってしまうなど。
    けっこう体力いりますよね。
    こういった家事を少しでも旦那さんがやってくれたらどんなに助かることか。
    こちらから声をかけなくても積極的にやってくれたらいいのですが。理想ですかね。
    もちろん積極的になんでもやってくれるご主人様もおられると思いますが。
    うちの場合ですが、どなたかが書かれてますが布団は干さなくていいという感じです。
    私は実家にいた頃は親が毎日のように干していてそれを子供ながらに見て感じ取っていたのでしょう。干すのが習慣になってます。
    が、旦那は結婚前のことは知りませんがたぶん実家ではあまり干さなかったのかと。
    生活習慣の違いは大きいですね。
    今からでも遅くはないと思うので、家族に協力してもらい感謝をしようと思います。

    夫は雪の多い地方出身ですし、私は雪がほとんど降らない県なので、生活習慣、言葉結構違います。
    そういった事も関係するのでしょうね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >主婦兼パートさん

    夫は雪の多い地方出身ですし、私は雪がほとんど降らない県なので、生活習慣、言葉結構違います。
    そういった事も関係するのでしょうね。

    返信ありがとうございます。
    うちも夫は北国の生まれで私は関東です。
    雪国の家は確かに布団は干さないかもしれませんね。 洗濯物も部屋干しだったり。
    旦那様単身赴任なんですね。うちも数年前に戻ってきました。
    男手が必要な時ってありますよね。 一時帰宅の時など帰られたときに手伝ってもらえるといいですね。

    やはり育ってきた環境は影響しますね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • こんばんは

    夜中です…💧
    ダラダラ寝てるといつもこの時間…💧

    家事が好きなのできちゃいました^_^

    私は
    家事は女がするべし
    男は外で働くべし
    という、古風?な母に育てられたし
    結婚当初は専業主婦だったので
    何も考えずにやっていました

    でも
    結婚12年目にしてパートですが働くことになり、あれこれバタバタ大忙し
    それでも、主人はボーッとしてる
    その横でバタバタ
    それでも、主人はボーッとしてる

    少し喧嘩をしたとき

    男は外で働くのが仕事だ

    みたいなことを言われ
    こちらも意地ですね
    大体のことは一人で片付けます

    なんもできん女やなぁ

    そんなことをいわれたこともあります

    いやいや
    いちお家事
    完璧にこなしてますけど

    と心の中で笑っています…(๑>◡<๑)

    この土日は何をしようかな
    お墓掃除に庭の草引き
    花の手入れもしたいなぁ
    日曜は一週間分の食材を小分けしてしないとだめだし
    土日は家事でおわっていきます

    でも、全てを終えた時の達成感

    自分にご褒美のビールがおいしいです

    長々となりましたが
    がんばりましょう
    主婦業、自信を持ってやりましょうね(๑>◡<๑)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • そして、何も出来ない夫や息子が育つ。
    その息子の嫁さんが ここで愚痴をはく。
    その繰り返しかな。
    誰の事を言ってる訳ではありませんが、
    主さんは頑張っていると思いますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 家にいる時間の長い者が家の中の事を気づいて動くというのはどうしてもありますね。母の立場、主婦の立場だと特に。
    それとは別に、家事を通しても家族がつくられると思います。
    それが生活を共にするということ。
    人のためにできることをする、感謝の気持ちを伝え合う、親と子でも夫と妻でも姑と妻でも同じ。
    幼い人には、小さな事であっても役に立つことで相手にも自分にも喜びがあること、助け合う事の大切さを知って育ってほしいと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ゴミだしや買い物を少し手伝ってもらえると嬉しい。😃
    お茶やコーヒーを入れてくれたら更に嬉しいし、ご飯を作ってもらったら美味しくて感動!😆

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 妻と夫との”家事”の認識の違い

    最近の新しい言葉で、
    『名もなき家事』
    ってのがあります。これは、家事だけど、ゴミ捨て、料理、洗濯のように名前がないものことというか、その一部分だったりするもの。
    例えば、ゴミ捨て。
    ゴミステーションに出すことをイメージするけど、それまでには、集めて、分別チェックして、縛って、新しいゴミ袋をセットする。こういうのをを名もなき家事と言うそうです。
    夫は、ゴミ捨てして家事をしてると思ってるけど、”名もなき家事”をしてる妻のが実際は、家事の負担割が全然多いことを夫は認識してない。
    共働きの場合、この認識の違いの差で不満が増えることが多いそうです。

    これは、最近仕事で市の婚活プログラムに関わることがあり、男性側のセミナーで婚活マイスター?さんが話してるのを聞き、なるほどと思いました。共働きはもちろん、専業主婦でも、その苦労を知らない夫は、感謝の気持ちも持てないと。
    男性の場合、子供時代に、女より家事を見てきてない、やってきてない、世代的に父親が母親に感謝する姿も見てきてない人が多いし、実家暮らしのままでいることも多いから、いざ結婚した時に、出来なく、妻との認識の違いで不満が増え、性格の不一致になる。近年急上昇の離婚理由らしいです。
    「もう、夫を育てる時代は終わったのです。すでに育ってないといけません!結婚をめざしてる女性は見ぬいてます。」と。
    明言だなって。

    確かに名もなき家事っていっぱいありますよね。分かって欲しいけど、旦那はもう無理そう。息子には将来を考え男の子だからと思わず、もっと参加させようと思いました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • このトピ、皆さんの書き込みを見ていろいろと考えさせられることが多いです。
    家事とひとくくりに言っても、人それぞれ考え方は違うし受け止め方も違う…
    感謝の気持ちって大事ですよね。
    なるほど! 夫はもう育たない。 あまり期待せずできそうな家事を少しでもいいからやってもらいたいのが本音です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 自分がその立場になりよくわかりました。
    それぞれが忙しい毎日に愚痴も言わず、丁寧な家事をいつもしてくれていた母に感謝しています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
≪ 最新
‹ 前へ
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する