現在の発言数499,101件!

料理を残すのはもったいない?

休み中に、実家、義実家、義祖父母家に行きました。
それぞれの家で、食事をごちそうになったんです。

実家は田舎で農家。昔から出された物は残すな、口を付けたら全部食べろという昔からのしつけ。今回も実母ってこともあって、大きくカットされたケーキを半分ほど残したらいつものように言われました。

義実家は無理して食べるのは体に悪いから、残すことは自己管理という感じです。その教えで育った旦那に良く注意されます Sweat今回はお義母さんが私の好きな料理を作ってくれました。行く前に軽く食事してしまいお腹が空いてなかったんですが、お義母さんがわざわざ私の為に作ってくれたと思いがんばって食べてたら言われました。
外でおごり的な食事の時もご馳走してもらってるから残しちゃいけないと思ってがんばって食べてしまいます。

義祖父母家では、義祖父母は定年後色んな国に長期で旅行に行っていて、外国の料理を出してくれました。見た目が辛そうとか、美味しそうに見えないな~と思うものは食べて合わなかったら残せないと思って、手をつけませんでした。そしたら、すすめられ、残したらもったいないからと言うと、残すのはもったいなくないわ。食べたことのない物の味を経験出来る機会を逃すことのがもったいないわ!と言われました。

どれも間違ってない食事の仕方だと思います。でも、好き嫌いは別として子供への食育の迷いが出ました。親の擦り込みって大人になってもなんだなって。

みなさんは残すことに抵抗ありますか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言9件 (全9件)

  • 子供さんのことを考えてとなると迷いも出ますよね。

    主さんは20代といことですから、おそらく小学校の給食は「残していい」というスタンスじゃありませんでしたか?
    今の小学校は無理強いはしてこないので「残さず食べる」という一辺倒だと子供が混乱するかもしれませんね。

    ご馳走する側としては残さず食べてくれると気持ちのいいものです。
    基本は「残さず食べる」方が好き嫌いなくなんでも食べることができる子になりますね。
    ですが、残してもいい場合もあるということも同時に教えたらいいんじゃないでしょうか。

    我が家は大皿で出すことが多いので「自分が食べる分だけとって、とったら完食してね」というルールです。
    でも小さいうちは見た目でとってしまって食べきれないこともあるので、そういう時は「ラップして次の食事で食べてね」と助け舟を出しています。
    次の食事で前のおかずを食べたくないので、徐々に量を加減することを覚えていってます。

    ところで義実家さんの場合、おなかいっぱいだったのなら持ち帰りもできたのでは?
    一食分のおかずが浮いでラッキーって私ならそうします。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • こんにちは

    私は料理を残すことというより残った料理を燃えるゴミで捨てることはしたくないと感じます

    料理が残ったら次の食事でだして食べきるということもできます
    大皿で各自取って食べるなら自分で取った分については残さず食べたいです
    最初から分けて出されていてこれは量が多くて食べきれないと思ったら
    量が多いからと別皿に食べたい分だけとって食べるとかします
    何日か滞在するなら残したけど後で食べるからこのまま残してねというのもありかなと思います
    自宅だったら別皿に分けないでもそのまま残して次の食事で食べます
    外食で個人的に注文するときは食べきれる分だけ注文したいです
    足りなかったら様子をみて後から注文します

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私も夫も「残さず食べろ」と育った年代です。
    ですが、私は小食なのでたくさん出されるととても困ってしまいます。食べきれないし、でも申し訳ないし・・・と。

    自分が出す方の時は、何でも全部食べてくれたら嬉しいですけどたいてい多目に用意しているので、好きなだけ食べてくれたら良いです。

    お子さんには、食べ散らかさないこと、小皿に取ったものは食べること、食べられる分だけ取ること、など教えられたら良いかと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 残りを捨ててしまうならもったいないですが、↑の方達が書かれているように、後で食べれば良いのではと思います。
    わが家は2人なので、ご飯もおかずも食べきれる分だけ作る様にしています。
    そして各自食べられる分だけ器に取ります。
    たいてい私が少なめに取り、余ったら食べるという調整役です。
    それでも、煮物などは明日食べられるので、多めに作ることもあります。
    残り物や使い切れなかった食材を捨てることは、ほとんどありません。
    昔病院勤めをしていた時、太りすぎの患者さんに医師が、もったいないからと無理して残り物を食べると、自分の体がもったいないと言っていました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 取り皿に取った物、箸をつけた物は完食かマナーだと思ってます。自分で料理するようになってからは、尚更、外での食事の仕方と出された食事に配慮するようになりました。
    何も苦しくなってまで食べる必要はないです。嫌々食べてるも伝わりますし。大皿だったら、取り皿に少し。個々に盛られた皿でも食べきれないと分かってるなら、箸をつける前に夫や食べられる人に分ける。もしくは、取り皿に自分の食べきれる分だけをとる。
    子供にもそう教えています。
    無理して美味しく感じなくなってしまった料理を腹に詰め込むのも失礼だと。
    食事マナーは相手に対する敬意だと。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 食べ物を粗末にしない、というのは大原則だと思います。
    その上で、マナーとかお付き合いとか自分の腹具合などの兼ね合いを考えるようにしています。
    誰かの手料理をご馳走になっている時、自慢料理を勧められたら「お腹いっぱいだけどおいしそう。一口取り分けて頂いていいですか?」と甘えるのもありかと思ってます。
    作り手としては、喜んでもらいたいと思って作ってるはずですから。
    義実家では盛り付けの時から自分で量を調節してます。
    若しくは全部食べきれない時は夫か子供とシェアして食べ残しを作らないなど工夫はします。
    私はムリして全部食べなくて位も良いと育てられました。
    でも、廃棄食材はほとんど出しません。
    ビュッフェなどで元を取ろうと苦しくなるまで食べることもしません。
    食事は楽しくしたいですから。
    子供達も「絶対残すな」と育ててはいません。
    その代わり、食事のマナーはしっかり躾けました。
    会食の席などで他人に不快感を与えない食事の仕方は心得てますし、自分の容量を考えたオーダーの仕方も分かってると思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ありません。
    自分の腹具合に合わせて食べるべき。
    無理して食べて美味しく食べない方がマナー違反。

    レストランで明らかに食べ切れない量を頼むのは最低だし、一皿食べ切れない事が分かっているなら量を調節して貰えば良い。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 普段の生活では、食べ残しはありません。
    他家へお呼ばれもないし、外食もあまりしないρ(・・、)

    宴会時は、食べ残しが結構ありました。
    みんなとのお喋りや御酌行脚…。
    でも最近は4月や12月に『食べきり五ヶ条』が各県や市から通達されているの御存知ですか?
    ・宴会開始30分、終了前10分は食べることに集中
    ・幹事や上司は『食べ残さないように』声を掛ける
    ・年齢や性別構成にあった注文
    ・料理のあまっているテーブルから少ないテーブルに分ける
    ・持ち帰りできる工夫

    今はお店も食べ残しゼロに取り組んでいる時代でもあります。
    『全国食べきり運動ネットワーク』という組織もあります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 残して捨てるのはいけないことです。
    しかし、体調等を考えずに無理に食べるのは健康に悪いです。

    食事は自宅で1人で、または家族と一緒に、あるいは飲食店で、
    目上の日とにごちそうしてもうなど、場面は様々。
    自宅では作り過ぎない、外食先では「ご飯、盛りを少なくお願いします」と言うなど、
    その場その場で、自身の体や周りに配慮しておいしく食事をしたいものです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する