現在の発言数491,931件!

新発見 フライパンは暖めずに使う?

こんなニュースがあります
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2629095?news_ref=nicotop_topics_topic

有名な料理研究家のようですが、今まで試したことがない人がバカのような発表です。 Sweat
みなさんはもう お試しになっているでしょうか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言9件 (全9件)

  • 体験から…

    料理研究家のご意見は知りませんでしたが、良くやります。
    テフロン加工だからこその調理法ですよね。

    お肉を焼くときは、熱くしてから、冷たいうちと使い分けます。
    お肉の部位や下味によっては熱くしてからでないと肉の臭みが残ることもありますので、この辺は経験でなんとなく。
    下味のついたお肉や、小麦粉等をつけたものは冷たいうちからの方が多いかな?

    肉野菜炒めなどでは、熱い油でお肉を焼いてから野菜を入れ、全体に油が回ったら超弱火にして蒸し焼きのように。
    手羽先などの場合は、冷たいうちに入れて中~弱火でじっくり焼いた方が綺麗に焼き色が付きます。

    一時期、事情があって友人に料理を手伝って頂いたときがあるのですが、テフロン加工のフライパンをまるで鉄のフライパンのように使われて、消耗が激しくて密かに泣いたことが…。
    その時は、テフロン加工のフライパンの使い方を知らない友人にビックリしましたが、今頃こんな話が出てくるということは、未だにテフロン加工のフライパンを鉄のフライパンのように使う人が多いということでしょうか。

    確かに私は経験でお肉の焼き方を自分で変えていますが、レシピ等では「フライパンを温めて…」とか、あったような気が…。

    いまどき、テフロン加工のフライパンと鉄のフライパンと、皆さんどちらが多いんでしょうね?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 揚げ物も「冷たい油に食材を入れてから火をつける」といった方法があります。
    「今まで常識とされていたことが、実は科学的にみれば、間違いだった」
    そんな料理特集や本を数多く目にするようになりました。
    また、昔は「米をよく洗う」といわれましたが、
    今は精米技術の進化で、「米の洗い方はさっとでいい」という意見もあります。

    料理に限らず、なにが常識で何か非常識かは時代、使う器具等で変わる、
    これこそが常識だとわたしは思います。
    ↑上の方のハンドルネームのように、「おいしければいい」、
    ついでに「簡単にできるほうがいい」とわたしは考えます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • それ、気になっていました。
    レシピに まず “熱したフライパンに”と書いてあるのを見る事がありますが、

    テフロン加工のフライパンを購入すると、注意書きに『空焚き禁止』とか『火力は中火』でとありますよね。

    なので、私はフライパンを火にかけると同時に炒め油を入れ、まだ温まっていない状態で生姜やにんにくを入れ、香りが立てば肉を入れます。この時点でもフライパンはチンチンに熱い状態ではありません。

    熱したフライパンというのは、鉄製のフライパン使用の場合ですよね。

    一般家庭で調理すると思われる料理レシピに “熱したフライパンに” などと書いてあった場合、テフロン加工のフライパンを使用している料理初心者は戸惑うでしょうね。

    これ、いいきっかけになるかも

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >美味しけりゃ良いよwさん

    料理研究家のご意見は知りませんでしたが、良くやります。
    テフロン加工だからこその調理法ですよね。

    お肉を焼くときは、熱くしてから、冷たいうちと使い分けます。
    お肉の部位や下味によっては熱くしてからでないと肉の臭みが残ることもありますので、この辺は経験でなんとなく。
    下味のついたお肉や、小麦粉等をつけたものは冷たいうちからの方が多いかな?

    肉野菜炒めなどでは、熱い油でお肉を焼いてから野菜を入れ、全体に油が回ったら超弱火にして蒸し焼きのように。
    手羽先などの場合は、冷たいうちに入れて中~弱火でじっくり焼いた方が綺麗に焼き色が付きます。

    一時期、事情があって友人に料理を手伝って頂いたときがあるのですが、テフロン加工のフライパンをまるで鉄のフライパンのように使われて、消耗が激しくて密かに泣いたことが…。
    その時は、テフロン加工のフライパンの使い方を知らない友人にビックリしましたが、今頃こんな話が出てくるということは、未だにテフロン加工のフライパンを鉄のフライパンのように使う人が多いということでしょうか。

    確かに私は経験でお肉の焼き方を自分で変えていますが、レシピ等では「フライパンを温めて…」とか、あったような気が…。

    いまどき、テフロン加工のフライパンと鉄のフライパンと、皆さんどちらが多いんでしょうね?

    お返事ありがとうございます。
    こちらは長年使っておりました鉄に穴が開き泣く泣くテフロンに変えました。ですが、今までと同じように使っているので暖めずにというのがピンとこない物でこのニュースでびっくりした次第です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ラップの端、どこ?さん

    揚げ物も「冷たい油に食材を入れてから火をつける」といった方法があります。
    「今まで常識とされていたことが、実は科学的にみれば、間違いだった」
    そんな料理特集や本を数多く目にするようになりました。
    また、昔は「米をよく洗う」といわれましたが、
    今は精米技術の進化で、「米の洗い方はさっとでいい」という意見もあります。

    料理に限らず、なにが常識で何か非常識かは時代、使う器具等で変わる、
    これこそが常識だとわたしは思います。
    ↑上の方のハンドルネームのように、「おいしければいい」、
    ついでに「簡単にできるほうがいい」とわたしは考えます。

    お返事ありがとうございます。
    人によって旨さの感じ方は違いますから、昔食べた美味しいラーメンも今食べたらなんじゃこりゃと驚くこともありますからねえ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >私も昔戸惑ったよさん

    それ、気になっていました。
    レシピに まず “熱したフライパンに”と書いてあるのを見る事がありますが、

    テフロン加工のフライパンを購入すると、注意書きに『空焚き禁止』とか『火力は中火』でとありますよね。

    なので、私はフライパンを火にかけると同時に炒め油を入れ、まだ温まっていない状態で生姜やにんにくを入れ、香りが立てば肉を入れます。この時点でもフライパンはチンチンに熱い状態ではありません。

    熱したフライパンというのは、鉄製のフライパン使用の場合ですよね。

    一般家庭で調理すると思われる料理レシピに “熱したフライパンに” などと書いてあった場合、テフロン加工のフライパンを使用している料理初心者は戸惑うでしょうね。

    これ、いいきっかけになるかも

    お返事ありがとうございます。
    ツイッターなどでも反響があると思いますが、元の記事サイトは趣味人が集うサイト。一般に知られるにはテレビやアイドルが実践しないと大きく広がらないでしょうねえ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • テレビでお肉は冷たいフライパンに並べてからじゃないと肉が縮むと聞いて冷たいうちに並べるようにしています。
    テレビでいくら検証結果を見ても食べる時にはわからないというのが現状です。
    でもちょっとだけフライパンにくっ付きにくい?気がします。
    食べる人が味のわかる人でこだわるのであればしますが、そうでないなら気にしないです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 意外と、一部の人は知ってるのでは??私10年位前には料理教室で教えてもらいました。
    そのサイトは見てませんが、火の通りの悪い厚めの肉は着火前から。外焦げ、中生にならないように。あとは、焦げ目が必要としない調理などなど。
    でも、物によるようで、生姜焼きなどは、タレにつけ、水分が多いので着火前から入れると焼きじゃなく蒸しとか煮状態になるのでNGだそうです。長く焼いてれば焦げが付くけど、その頃には火が入り過ぎて肉がカチカチになるんです。

    ちなみに温めた後に油を入れるのは、油の馴染み?膜?みたいのが均一に伸びるかららしいです。冷たい時だと油が伸びなく、入れとこだけ膜が厚くなるとか。だから着火前に入れる時はペーパーで全体に伸ばすんだとか。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ラップの端、どこ?さん

    揚げ物も「冷たい油に食材を入れてから火をつける」といった方法があります。
    「今まで常識とされていたことが、実は科学的にみれば、間違いだった」
    そんな料理特集や本を数多く目にするようになりました。
    また、昔は「米をよく洗う」といわれましたが、
    今は精米技術の進化で、「米の洗い方はさっとでいい」という意見もあります。

    料理に限らず、なにが常識で何か非常識かは時代、使う器具等で変わる、
    これこそが常識だとわたしは思います。
    ↑上の方のハンドルネームのように、「おいしければいい」、
    ついでに「簡単にできるほうがいい」とわたしは考えます。

    野菜炒めに10分、唐揚げも10分もかかるよ~!?
    とんかつにいたっては、我が家の鍋だと1回に1枚しか揚げられないから人数分揚げるのに毎回冷めた油用意するの?無理無理~(;^_^A
    しかも香ばしさを出すために結局最後は強火で仕上げるっていうねw

    科学的な観点からも常識的な観点からもこの方法には利が無いと思います。
    技術いらずで簡単かもだけど、日々のことですので家族分を毎回この方法で作るとなると時間がね・・

    暇な主婦向けかな。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する