現在の発言数478,089件!

生クリームとの違いは?

植物性脂肪のホイップとは生クリームとどう違うのでしょうか?
またお菓子作りの際に生クリームと同じように扱って良いのでしょうか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言5件 (全5件)

  • クリーム(英語: cream)は、脂肪とたんぱく質が濃縮した濃厚で、白色や薄黄色の液体。原則的に牛乳の成分からできたものである。また、乳等省令では「生乳、牛乳または特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去し、乳脂肪分が18.0%以上にしたもの」と定義されている。 漢字では「凝乳」と表記される。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 生乳、牛乳を分離して取り出した「乳脂肪のみ」を原料とした、容器に「種類別:クリーム」と表示されている乳等省令上のクリームが一般に「生クリーム」といわれる。商品名で「純生」等と記載されているものもある。用途目的で脂肪分により18%~30%のもの(ライトクリーム)は「コーヒー用」、30%~48%のもの(ヘビークリーム)は「ホイップ用」に分類される。イギリスでは、脂肪分により、シングルクリーム(またはクリーム)18%、ダブルクリーム48%、クロテッドクリーム55%などに分けられている。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 乳脂肪に添加物や植物性脂肪などが加えられたものは「名称:乳又は乳製品を主要原料とする食品」となり、以下のようなものがある。

    純乳脂肪タイプ
    乳脂肪に乳化剤、安定剤等の「添加物」を加えたもので、純乳脂肪などの表記で販売される。
    コンパウンドタイプ
    乳脂肪の一部を植物油脂等の「植物性脂肪」で置換したもの。「コンパウンドクリーム」とも呼ばれている。
    植物性脂肪タイプ
    乳脂肪が含まれず脂肪分に植物性脂肪のみを使用したもの。
    これらのホイップ用生クリーム代替製品はホイップクリームと呼ばれ[1]、ホイップ用、フレッシュなどの表記で販売されている。日本ではクリームの値段が高い。このため、植物油脂を利用した代替品が広く使用されている。また、アングロアメリカでも「クールウィップ(英語版)」という模造ホイップクリームがクラフトフーヅから販売されており、泡立てる必要がなくホイップ状態が長期間持続する簡便性から広く普及している。またおおむねこれら代替製品は含まれる乳脂肪分の比率が少なくなるほど風味は軽くなる。

    Wikipediaより抜粋、一部編集。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • https://cookpad.com/cooking_basics/9177

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ウィキおばさんさん

    ありがとうございます Smile

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する