現在の発言数479,200件!

フライパンを焦げ付かせない方法

セラミック製でもテフロン製でも、
しばらく使っていると食材が焦げやすくなってきます Cry
焦げ付かせないようにするには、
手入れの仕方や使い方にコツがあるのでしょうか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言13件 (全13件)

  • 表面加工してあるフライパンはいずれ焦げ付くようになるもの、と諦めています。
    うちは、餃子の皮を持っていかれるようになったら買い換えます。

    お手入れとしては、
    ・熱い時に水をかけたりしない
    ・タワシ、金属へらなどかたいものでこすらない
    です。
    一~二年に一度、買い換えます。なるべく安いものを選びます。
    万単位のお高いものも、口コミなど(メーカーサイトにはいい評判しか載ってません)を見ると結局焦げ付くようになるようなので…。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私も↑の方と同様にしています。
    焦げ付くようになってからの対策としては、フライパン用のシートを敷いて使えば、こびりつかず後が楽です。
    ただ、頻繁にフライパンを使う方はどちらがお得かわかりませんが。
    使ったことが無いのですが、鉄製のフライパンは慣れたら焦げ付かせず使えるのか、興味があります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 回答ありがとうございます。 Smile
    ちょこちょこ買い替えが必要なのですね。
    なんか、エコではないなぁと思っていい方法ないかと
    質問してみました。

    鉄製のフライパン、その意味で興味あります。
    どなたかご意見ください Wink

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 鉄製のテフロン両方使っています。
    長年使っていますが焦げ付きません。私は洗剤を使わないからかもしれません。
    餃子やなどにおいが残るものの時は少々使いますが、それ以外は熱いお湯でしっかり洗うだけです。時々揚げ物をし、拭きあげるだけで放置しています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 鉄製、テフロン両方と訂正お願いします。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 2013年に買ったティファールは、まだ現役です
    餃子もくっつかずに焼けますよ?

    表面に傷がつく事はしないだけです

    空焚きしない
    金属製品で触らない
    アサリの酒蒸しなどしない(アサリの殻で傷が出来るので現役引退したフライパンでやりあす)

    以上を守るだけ

    それで2013年の3月に買ったフライパンは未だ現役で使えています

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ちなみに
    2007年に買ったのを2013年にフライパンの小さいのを買い換え
    2007年に買ったウォックパンは2015年に買い換え
    シチューパンや大きなフライパンなどは2007年から未だに現役全然問題無しです

    なんでそんなに剥がれが悪くなると言う人が理解出来ません

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • T-falなら...

    私も です
    T-falを5年使ってますがそのようなことは ありません
    あまり 評判良くないみたいですけど
    フツーに やっちゃいけない当たり前の事をしながら大切に使ってますが 一度も焦げ付いたこと ありません

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • テフロン等の表面加工されたフライパンを使わなくなって10年ほど経ちます。
    「安いテフロン製のものを短期間に買い替えれば良い」という話はよく耳にしますが、利用者としてはそれが便利なのでしょうが、捨てられたフライパンがどこへ行きつくかを考えた時、埋め立て地に山積みになったフライパンが目に浮かび、その選択肢は考えられなくなりました。

    現在は鉄製のフライパン(日本製)と多層アルミニウムの鍋・フライパンセット(クイジナート)を愛用しています。鉄製の方は、テフロンではできない強火が使え、そのため、鍋離れもよく使いやすいです。キャストアイロン製のものより、軽くて手入れも楽ですよ。クイジナートも、熱回りの良さに惚れて購入しました。万が一くっついてしまうことがあっても、カナダワシで思いっきりこすれるので、手入れは簡単です。テフロンと違って、匂いがつかないというのも利点だと思っています。少し大きな煮魚を作る時は、雪平ではおさまらないので、フライパンを使いますが、匂いが残らないので気に入っています。

    テフロンは、小さな傷から焦げ付き始めますし、その傷の部分が露出した状態で調理を続ければ、テフロン加工に使われた成分が調理した食べ物に移る(というのかな?)可能性があると考えているので、傷がついたら使わない方がいいと私は思っています。また、安いものを何度も買い替えるのなら、最初から買い替えないで済むものを長く使う方が、長い目でみて節約になるのではないかとも思います。もちろん、ゴミを必要以上に増やさないということも踏まえてです。

    テフロンのフライパンがすぐ焦げ付く(つまり、傷がつきやすい)ということは、使い方に問題があることがほとんどですから、まずは使い方を見直した方がいいと思います。上手に使えば、傷をつけずに長く使えると思いますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ふーふーさんは毎日使ってるからきっと傷みが早いのですね。
    私はテフロンフライパン週1くらいしか使用しないので、長持ちします。

    多めの油を熱して、食材を入れる前に油を捨てる(もったいないが)ほうがよいらしいです。卵など焦げ付き易いものはそうしています。

    鉄の(テフロン加工無いもの)だと、確かに焦げ付きはしますが、そのあとガシガシこすり洗えるので、結局は長くつかえますよー。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • テフロンは体に良くないと聞いたので、鉄製を使っています。鉄のフライパンは、油を十分入れて、フライパンも油も十分熱くなってから食材を入れれば焦げ付きません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 鉄製を使って9年目です。
    くっつかないし、焦げません。

    ※以下、鉄製についてです。

    コツは、食材を入れる前、油を引く前によく熱する、白い煙が少ーしでるまで。
    油を引いてまたよく熱すると、卵などくっつかずに焼けます。

    よく熱することで、鉄を膨張させ、鉄の小さなすき間に油がなじみ、くっつかなくなるらしいです。
    (湯気で毛穴を開かせ、肌に美容液をぬるのに似てますね)

    それでもくっつくようなら揚げ物をすると良いです。
    フライパンにしっかり油がなじんで、卵がつるっつると焼けます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 鉄スキ 30年以上使ってます

    30㎝の鉄のフライパン、長い付きあいです。
    焼いたり炒めたり、重宝してます。料理を入れっぱなしにしないようにすれば錆びませんよ。重いのが難です。

    他に、15㎝の鋳物のスキレット、これがいいんです。
    じゃがいもやお餅、油なしで焼きます。卵焼きもおいしくできます(油は使用)
    テフロンのお鍋とは味、香り、焼く時の音が違います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する