現在の発言数478,855件!

HBの食パンが膨らまない

HBで食パンを週1~2回焼いていますが、時々、見事に膨らんでいない時があります。イーストを入れ忘れた時の様にカチカチでは無く、一応ふっくら感はありますが、高さがいつもの半分くらいで、めがとても詰まってます。毎回同じように、計量して作っているつもりですが、何が原因でしょうか。(コース:食パン、予約:あり)
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言6件 (全6件)

  • 粉類は冷やしてますか?
    夏場なので、特に気をつけて冷やしておく方が良いですよ。
    水分や、材料全て冷やしておくと良いです。


    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 過発酵

    夏の気温のせいで過発酵になり、潰れてしまっているんだと思います。
    HBによっては、稼働させてすぐにこねがはじまり、一かたまりのパン生地になってから停止し、時間に合わせて再稼働しますから、そうなると時間を待つパン生地の発酵が進んでしまうんですね。
    稼働させても動かないまま予約時間前まで待つようなタイプでも、いつも通りよりも発酵が進みやすいので、この夏の時期の予約は失敗しやすい時期でもあるんです。

    方法としては、
    HBを稼働させている部屋を涼しい場所にるする(エアコンで涼しくする)。
    食べたい時間を逆算して、それまで材料を冷蔵庫で冷やしておく。(予約は使わない)
    コースを早焼きにする。

    などでしょうか。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • すいません、ちょっと説明不足でした。
    稼働させてすぐにこねがはじまるタイプですが、一旦停止している時の生地にはイーストは投入されていませんから発酵はしませんが、待つ間に生地が気温で温まってしまうので、発酵が進みやすく過発酵になりやすい、といった方が正しいです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ありがとうございます

    >むくさん

    すいません、ちょっと説明不足でした。
    稼働させてすぐにこねがはじまるタイプですが、一旦停止している時の生地にはイーストは投入されていませんから発酵はしませんが、待つ間に生地が気温で温まってしまうので、発酵が進みやすく過発酵になりやすい、といった方が正しいです。

    そういえばHBの説明書にも、室温が25℃以上のときは、冷水を使うと書いてありました。そんなに影響はないと思っていましたが、これからは、夏場は材料を冷やしてやってみます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 住まいが沖縄です

    HBでパンを作るのには苦労します。
    真冬以外は室温はいつも40度近く有りますし。
    台所の水道水も火傷しそうな暑さです。
    常に氷を作って水温調整をしています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 温度管理が原因でしょう

    パン生地温度をきちんとはかる方が良いですよ~~
    26-28度くらいの温度になるようにこねあげないとパンは膨らみません。夏場なのでパン生地温度が上がりすぎているんだと思いますね。
    パンをこねる水を氷水にしてこねると良いですよ。
    あとこねる前にパンケースと粉も冷やしておくとよいです。
    エアコンつけて作れませんかね?エアコン使わないと厳しいと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する