現在の発言数509,964件!

不思議な経験ありますか?

人に言っても信じてもらえないだろうなぁということありますか?

私は人間の存在自体が摩訶不思議だと思っているので
そのようなことはあるだろうなぁと思っています。

私は昔の友人(音信不通になって10年以上)がウェディングドレスを着ている夢を見ました。
その後、ひょんな筋から彼女が結婚したと聞きました。

また、本物の霊媒師(死者と話ができて見える)人にご縁をいただいたことがあります。
彼女はお金も取らない方針でした。
私も彼女のおかげでやばい状況から助かり(初めて会ったその場でいきなりアドバイスされた)、改めて会った時に亡き父とも話ができました。

今何か不思議な力に助けてもらいたいという願望もあるのかもしれないですが、
この世の不思議を教えてください。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全182件)

  • 不思議な体験はありますね。と言っても夢の中になります。私が生まれる前に家族から聞きましたが、優しい元気な器用なおばあちゃんがいたそうで、でもガンと持病で亡くなったそうです。このことを知ったのは私が9歳で、そのおばあちゃんに会ってみたいと思いました。それから数年後、私が寝てるとき夢の中で1人のおばあさんがでてきて「立派な子に育つんだよ。」と泣きながら笑って言って消えました。わたしは今
    考えてみると、あれは、亡くなったおばあちゃんではないかと思い、孫の顔を見てお別れをしに来たんではないかと思いました。☺

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >りんごさん

    >Kさん
    今でも見えるんですね? 身内でも見れますか?
    なんだかその体験、分かるような気がします。
    全く同じ経験はないですが。。。
    有難いですよね(笑)

    >♪♪♪さん
    人間の存在自体不思議ですよね。
    一節では人間がすぐに学べるのは輪廻転生ですでに経験しているからとも思われています。

    >かすみそうさん
    分かります。
    私は父が無くなる以前から霊の存在は信じていましたが、父が亡くなり、ますます親近感がわきました。。。
    決して怖いものではないですよね。

    >迷える妖精さん
    奥様がいつもそばにいらっしゃるのでしょうね。
    噂だけで怖がる人がいないと良いですね。

    >kさん
    霊感のある方は、やはり身体的にきついのですね。
    何事も無くて良かったです。
    どうぞご自愛くださいね。

    霊感もデジャヴも今も続いてますよ!
    なので今までしてきた経験をカキコしていきますね!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 予知夢を見たのかも?

    何年か前、明け方に夫が沢山の女の人に囲まれた夢を何回か見ました。
    なんだろうと思ってたら 浮気、不倫、発覚!
    この間、母と伯父の嫌な夢を見たら 半年後位に次々と亡くなって、、

    母は急死だったのですごくショックでした。
    良く明け方の夢とかは 正夢とか?

    それからは変な夢を見たときは気になって仕方がないのです。
    別に霊感があるわけでもないのですが、、、
    でも  信じてるんです。

    因果応報!   毎日を出来るだけ自分に正直に生きようと、、、

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 夢おばさん様
    私も、正夢見たことあります。霊感はないと思いますが。なんだ、これ❓夢に見たのと同じじゃん。まったく、同じすぎて、ちょっとびっくりしました。朝方に見る夢は、正夢っていいますよね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私の不思議経験!

    皆さんのような、スピリチュアル的かどうか分かりませんが、
    私なりの不思議経験がありましたので、聞いてください。

    ある日、部屋の片づけをしていたら、銀行の封筒が出てきて、
    中に一万円が入っていました。
    いつここに置いたのかさっぱり思い出せないけれど、年末で物入りだったので、
    何となくですがしばらく神棚にお供えしてから使ってしまいました。

    しばらくして…。
    とある大好きなアーティストのライブが明後日だから♪とわくわくしながら
    チケットを出してきて見てみたら、なんと、『今日じゃん!始まってるじゃん!!』

    無駄になりましたー(号泣)

    さらにしばらくして…。
    とあるお料理教室で、ベリータルトを習いに行く日は明日だったよね♪とうきうき
    しながらスケジュールをチェックしたら、なんと、『今日じゃん!今じゃん!!』

    無駄になりましたー(慟哭)

    この二つの無駄になってしまったイベントに支払う合計金額がちょうど一万円……。

    得をしたのか損をしたのか、な、不思議経験でした(笑★)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >まりりんさん
    おばあちゃんに夢の中でも会えたのは嬉しいことですね。

    >Kさん
    今でも続いているなんて素敵ですね。

    >夢おばさん
    それは誰かが助けてくれたんですね。
    因果応報、まさに。私も正直に生きます。

    >やーねさん
    それは残念な経験でしたね。
    でも、行っていたら、なにかアクシデントがあったのかもしれないですね。
    それを避けるためにそんな経験かも?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 不思議

    母が霊感強い人で、今はそうでもないみたいなんですが母を中心とした人間関係図を見ると不思議です。

    類は友を呼ぶというのか、母の友人は殆ど見えるか体験する人ばかりでした。

    結婚した父が先ず見えないけど感じたりする人。

    私も昔はちらほら見たり知らせ的な勘が働いたり。

    弟は遭遇したりするタイプ。

    父の嘗ての職場の友人の嫁が母と仲が良くて、やっぱり霊感強い人。

    母の今の旦那さんもわかる人。

    母の母は金縛りに遭いやすい人。

    母を中心とした人間関係図を見ると皆強い人ばかりで、新しく仲良くなった人もやっぱりわかる人が多い。

    そして私が自分からそういう話をする相手もやっぱり経験者が多く、出会う人の殆どがそういう人。

    何と無くですが「この人は大丈夫」とか「この人は体験した事あるだろうな」とかわかる時もありました。


    でも未だに不思議だったのは、いつも頑なに心霊特集とか見ない母が一度だけ「へえ、お母さんも見ようかね」と言い出した事。

    其の晩は母曰く気配を感じたり、聞こえたりしたみたい。

    類は友を呼ぶ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >まささん

    母が霊感強い人で、今はそうでもないみたいなんですが母を中心とした人間関係図を見ると不思議です。

    類は友を呼ぶというのか、母の友人は殆ど見えるか体験する人ばかりでした。

    結婚した父が先ず見えないけど感じたりする人。

    私も昔はちらほら見たり知らせ的な勘が働いたり。

    弟は遭遇したりするタイプ。

    父の嘗ての職場の友人の嫁が母と仲が良くて、やっぱり霊感強い人。

    母の今の旦那さんもわかる人。

    母の母は金縛りに遭いやすい人。

    母を中心とした人間関係図を見ると皆強い人ばかりで、新しく仲良くなった人もやっぱりわかる人が多い。

    そして私が自分からそういう話をする相手もやっぱり経験者が多く、出会う人の殆どがそういう人。

    何と無くですが「この人は大丈夫」とか「この人は体験した事あるだろうな」とかわかる時もありました。


    でも未だに不思議だったのは、いつも頑なに心霊特集とか見ない母が一度だけ「へえ、お母さんも見ようかね」と言い出した事。

    其の晩は母曰く気配を感じたり、聞こえたりしたみたい。

    類は友を呼ぶ。

    たしかにそういう人は固まりますよね。
    でたまに私が出逢ったように交差する。
    羨ましいような羨ましくないような。。。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 子どもって……

    私は、オカルトも反オカルトもどっちも嫌い派(笑)なので、このような場に何か書くのは不適切なのかもしれませんが、誰でも子どものうちって、必ずなにか不思議な体験をしますよね。

    私はふたつありました。
    ひとつめは、物心付くかつかないかのころ。毎晩、家族が寝静まったあと、家に柱時計があるわけでもないのに、なにか鐘の音のようなものが近くから聞こえてくるのです。子どもなので、特に不思議がりもしませんでしたが、今考えるとあれってなんだったんだろう、と考え込んでしまいます。

    ふたつめは、もう少し成長してから。保育園の年長さんくらいのときだったと思うのですが、タンポポの綿毛の大きいやつ、いわゆる「ケサランパサラン」みたいなものが、そのへんを大量に浮遊しているのを目撃しました。たしか、「刺されると痒かった」という記憶があります。

    どうせならもっと面白いもの、例えば伊集院光さんが言っていた「犬なみにでかいカエルが跳ぶところを見た」みたいな経験ならよかったのですが……ともかくも、子ども時代ってカオスですよね Wink

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >うちの犬がダメ犬!さん

    私は、オカルトも反オカルトもどっちも嫌い派(笑)なので、このような場に何か書くのは不適切なのかもしれませんが、誰でも子どものうちって、必ずなにか不思議な体験をしますよね。

    私はふたつありました。
    ひとつめは、物心付くかつかないかのころ。毎晩、家族が寝静まったあと、家に柱時計があるわけでもないのに、なにか鐘の音のようなものが近くから聞こえてくるのです。子どもなので、特に不思議がりもしませんでしたが、今考えるとあれってなんだったんだろう、と考え込んでしまいます。

    ふたつめは、もう少し成長してから。保育園の年長さんくらいのときだったと思うのですが、タンポポの綿毛の大きいやつ、いわゆる「ケサランパサラン」みたいなものが、そのへんを大量に浮遊しているのを目撃しました。たしか、「刺されると痒かった」という記憶があります。

    どうせならもっと面白いもの、例えば伊集院光さんが言っていた「犬なみにでかいカエルが跳ぶところを見た」みたいな経験ならよかったのですが……ともかくも、子ども時代ってカオスですよね Wink

    子供は純粋だからなのでしょうね。
    それが本当なのか、幻想なのかはさておいて。
    私も、昔住んでいたところから見える山が波打っていたのを聞いた覚えがあります。
    変過ぎると思って、何度改めて見ても、波打ってドクンドクンと言っていました。
    何なんでしょうね?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 移動手段

    これは親から聞いた話。
    そして当時、俺は1~2才でハイハイしかできないころの話。
    俺と母が居間いて母が1分ほどトイレにいっている間に俺が行方不明になったみたいで、ふと網戸をみると若干開いていた。それをみて焦った母は庭をさがし、まさかと思い外にでると俺は笑いながら溝の水辺で遊んでいたという話。
    この話のなにが不思議かというと、まず網戸をあけると下は40センチほどの高さがあり、2mほど進んだ先に4段ほどの階段があり、見つかった溝の前に1mの高さの柵があり、そこから下は1m30ぐらいの高さがあること。
    その後すり傷1つしてない俺をみてビックリしたそうだ。
    神隠しなのか、ひとさらいなのか…わかりませんが。
    もしその日が雨だったなら俺は今生きていないでしょう。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ゆーさん

    これは親から聞いた話。
    そして当時、俺は1~2才でハイハイしかできないころの話。
    俺と母が居間いて母が1分ほどトイレにいっている間に俺が行方不明になったみたいで、ふと網戸をみると若干開いていた。それをみて焦った母は庭をさがし、まさかと思い外にでると俺は笑いながら溝の水辺で遊んでいたという話。
    この話のなにが不思議かというと、まず網戸をあけると下は40センチほどの高さがあり、2mほど進んだ先に4段ほどの階段があり、見つかった溝の前に1mの高さの柵があり、そこから下は1m30ぐらいの高さがあること。
    その後すり傷1つしてない俺をみてビックリしたそうだ。
    神隠しなのか、ひとさらいなのか…わかりませんが。
    もしその日が雨だったなら俺は今生きていないでしょう。

    面白いですよねぇ。。。
    普通に考えたら無理ということが世の中存在しますよね。
    私も思い出しましたが子供の頃水泳を習っていて、
    水の中でも息が出来ていた記憶があります。
    子供ながらに不思議で何度も確認しようと意識を新たにしたけど、全く苦しくなかったんです。
    でも、お母様からの話しということは、ホントなんでしょうね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 今現在、起こっている気味の悪い事

    こんにちは。

    元夫の乗ってる車の右後ろに、いつも女がいるんです。
    車庫に入れている時で、だいたい肩までの長さの髪で色白の。

    次男も、元夫の車に乗るので、怖いからキーを預かりました。運転中に何か
    あっても嫌で。次男に聞くと、どうも元夫が付き合ってた女と似てると言う事だった。
    次男は、元夫に連れられて、女が勤めてる保険会社にいって保険契約をさせられていたんです。
    だから、姿を覚えていたの。

    察するところ、生きてるみたいだから、まさに生き霊。でも、私に見えるように現れるって
    おかしいんです。私は、好きな人がいるんならいいって元夫に言ってあって、自分の母親の
    面倒も、みてくれるんなら私は喜んで出て行く、って言ってあったから。それを
    私にバレたからって、さっさと別れてしまう元夫の方が薄情なんですよ!
    私が恨まれるなんてお角違いなんです!

    今は、長男の喪が明けるまでいるけども、その後はまた付き合えばいい事なのに、
    ホントに好きなら待てるはず。

    とにかく、変な生き霊に付き纏われて困っています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >イボの意図さん

    こんにちは。

    元夫の乗ってる車の右後ろに、いつも女がいるんです。
    車庫に入れている時で、だいたい肩までの長さの髪で色白の。

    次男も、元夫の車に乗るので、怖いからキーを預かりました。運転中に何か
    あっても嫌で。次男に聞くと、どうも元夫が付き合ってた女と似てると言う事だった。
    次男は、元夫に連れられて、女が勤めてる保険会社にいって保険契約をさせられていたんです。
    だから、姿を覚えていたの。

    察するところ、生きてるみたいだから、まさに生き霊。でも、私に見えるように現れるって
    おかしいんです。私は、好きな人がいるんならいいって元夫に言ってあって、自分の母親の
    面倒も、みてくれるんなら私は喜んで出て行く、って言ってあったから。それを
    私にバレたからって、さっさと別れてしまう元夫の方が薄情なんですよ!
    私が恨まれるなんてお角違いなんです!

    今は、長男の喪が明けるまでいるけども、その後はまた付き合えばいい事なのに、
    ホントに好きなら待てるはず。

    とにかく、変な生き霊に付き纏われて困っています。

    うわぁ、大変だぁ。。。
    感じるのはメリットもあり、デメリットもあり。。。
    生霊は普通の霊よりある意味怖いですよね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 憑依でもなんでもありません。

    >泣きぼくろさん

    今年4月よりお付き合いさせていただいていた男性がおります。
    結婚の話も出ていましたが大ゲンカをしてしまい、私が結婚を考えられない気持ちになってしまった後から・・・
    亡くなった彼のお父様や亡くなった彼の友人(女性)、知らない男性、子供などの幽霊が次々と彼に憑依して私の前に出てくるようになりました。
    はじめはただ単に私と話をしていただけですが、終いには彼を殺そうと包丁を持って自身に刺そうとしたり、電源コードで首を絞めたり・・・
    私はそれを止めようと静止させようとしますが、殴られたり首を絞め殺されそうになったり・・・彼自身記憶がなくなったり・・・私の精神面も限界を来ている部分があったのと、私の前でだけ急に変化(憑依)するのでこれ以上お付き合いすることはお互いにとって良くないと思い別れることとなりました。その後、霊媒師さんのもとへ行きお祓いをしました。
    お祓い後、彼は自身を取り戻し、私に会いたいというので会うと再度、憑依される・・・これの繰り返しを現在も繰り返しています。
    憑依が祓われても彼自身で自分の精神面をコントロールすることが難しく、ものを投げたり罵倒したりを繰り返すような状態で落ち着いて話をできていたかと思っても錯乱状態に陥ることが多いです。最近では心疾患も患い、精神状態も不安定で「死にたい」を繰り返し暴れてしまいます。
    最近では私の亡くなった母親が出てきて、彼の守護をするといっていました。
    「○○(私)は自分自身で幸せを捨てた」と言われ、実の母親に言われたのだと思うととてもショックを受けています。私の守護霊や私自身が彼をそのようにしてしまったのでしょうか・・・私は生きてていいのでしょうか・・・
    私がどうにかして彼がよくなるのであれば何かしたいです。
    これが夢であれば・・・と何度も考えてしまします。

    こんにちは。
    彼は、精神病です。実は、私はかつて、精神科病棟の看護ヘルパーをしていました。
    ですから、憑依なのか、精神病なのか、差異がわかります。貴女の母を名乗る
    霊というのは、何の根拠もありません。と、いうのは、娘が別れる決断を
    した男に憑依なんてしませんよ、あかの他人ですもの。

    去年の書き込みなので、今はどうしたかはわかりませんが、貴女を引き留めたくて
    言ってるんだけど、それがだんだんホントに憑依していると思い込んでいるんです。

    まず、貴女はご自身の仏様をしっかり参り、その男を遠ざける為にお墓があれば
    たわしと洗剤で綺麗に洗って下さい。身から剥がす、って言う事です。お墓が
    なければ、骨堂のお掃除を綺麗にして、仏具も洗い、花を添えてお参りを。

    そうすれば、貴女に強い結界が張られ、彼は来なくなります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >イボの意図さん

    こんにちは。
    彼は、精神病です。実は、私はかつて、精神科病棟の看護ヘルパーをしていました。
    ですから、憑依なのか、精神病なのか、差異がわかります。貴女の母を名乗る
    霊というのは、何の根拠もありません。と、いうのは、娘が別れる決断を
    した男に憑依なんてしませんよ、あかの他人ですもの。

    去年の書き込みなので、今はどうしたかはわかりませんが、貴女を引き留めたくて
    言ってるんだけど、それがだんだんホントに憑依していると思い込んでいるんです。

    まず、貴女はご自身の仏様をしっかり参り、その男を遠ざける為にお墓があれば
    たわしと洗剤で綺麗に洗って下さい。身から剥がす、って言う事です。お墓が
    なければ、骨堂のお掃除を綺麗にして、仏具も洗い、花を添えてお参りを。

    そうすれば、貴女に強い結界が張られ、彼は来なくなります。

    イボの意図様

    コメントありがとうございます。
    昨年のごたごた以降、人間不信気味になったり男性が怖くなったりという時期が一時期ありましたが今は何事もなく平穏な毎日を過ごすことができております。

    今、落ち着いて考えてみると彼は精神疾患ではないかと思っています。。。
    周囲にも少なからず彼のおかしな言動を体感した方がいたので私や周囲の気を引きたいという想いから取った行動なのではないかと思います。

    今は落ち着いた日々を過ごし、人を信じられる日々を取り戻せたことに心から幸せを感じしています。
    この掲示板が支えになっていた部分も多いです。

    これからも亡き母や支えてくれる周囲の方々を大切にしていきたいです。
    ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私は義母が亡くなる一週間前に、義父と一緒に不思議な体験をしました。義父の部屋にいて、裏手にある風呂場のガラス窓がコンコンと2回叩く音がしました。私が風呂場に駆けつけると、誰もいません。義父の部屋に戻ったら、義父は青ざめて「あれは報せ(人が亡くなった時の作法)の音だ、何もなければいいが」と言いました。勿論私も意味を知っていますから、何もなければ…と答えました。ですが願いも空しく、闘病中だった義母は容態が急変して帰らぬ人となりました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >イボの意図さん

    こんにちは。

    元夫の乗ってる車の右後ろに、いつも女がいるんです。
    車庫に入れている時で、だいたい肩までの長さの髪で色白の。

    次男も、元夫の車に乗るので、怖いからキーを預かりました。運転中に何か
    あっても嫌で。次男に聞くと、どうも元夫が付き合ってた女と似てると言う事だった。
    次男は、元夫に連れられて、女が勤めてる保険会社にいって保険契約をさせられていたんです。
    だから、姿を覚えていたの。

    察するところ、生きてるみたいだから、まさに生き霊。でも、私に見えるように現れるって
    おかしいんです。私は、好きな人がいるんならいいって元夫に言ってあって、自分の母親の
    面倒も、みてくれるんなら私は喜んで出て行く、って言ってあったから。それを
    私にバレたからって、さっさと別れてしまう元夫の方が薄情なんですよ!
    私が恨まれるなんてお角違いなんです!

    今は、長男の喪が明けるまでいるけども、その後はまた付き合えばいい事なのに、
    ホントに好きなら待てるはず。

    とにかく、変な生き霊に付き纏われて困っています。

    生き霊は大変ですね、本当に。かくいう私も、20年位前から生き霊絡みの不思議な事が時々あります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >銀月さん

    私は義母が亡くなる一週間前に、義父と一緒に不思議な体験をしました。義父の部屋にいて、裏手にある風呂場のガラス窓がコンコンと2回叩く音がしました。私が風呂場に駆けつけると、誰もいません。義父の部屋に戻ったら、義父は青ざめて「あれは報せ(人が亡くなった時の作法)の音だ、何もなければいいが」と言いました。勿論私も意味を知っていますから、何もなければ…と答えました。ですが願いも空しく、闘病中だった義母は容態が急変して帰らぬ人となりました。

    そういう、報せがあるんですね。
    初めて知りました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >りんごさん

    そういう、報せがあるんですね。
    初めて知りました。

    はい、あります。多分義母は、自分の夫である私の義父と、末期ガンと認知症を患う義父を介護する私に、お別れを言いに来たのだと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
≪ 最新
‹ 前へ
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する