現在の発言数520,836件!

強迫性障害と鬱病

成人してる息子が1年半前に強迫性障害と診断され、ドクターストップで仕事を休職しました。ルボックスなどの服用で症状は軽減されました。
去年の10月に復職しましたが1ヶ月で鬱病になりまた休職になりました。
2月に解雇され、6月で傷病手当金も終わりました。
アパレルショップで働きたいと履歴書を出したりしています。前向きに仕事を探す気持ちの時と消えてしまいたいと言う時もあります。
もう27才になり、将来が不安です。
私も不安神経症もあり原因不明の身体の痛みがあり気持ちの余裕がありません。
息子にどのように接していいのか分かりません。今は話を聴くだけです。
このような経験された方いますか?
お話聞かせてください。宜しくお願いします。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言6件 (全6件)

  • お母さんが神経を休んでください。
    うつはうつなりに動きます。ほっとく時間もいると思います。
    社会はそれなりに進んでいきますが、27歳スタートでもいいと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ある程度 信頼が出来る医師を見付けて 任せてみてはいかがでしょうか?
    (完全に信頼が出来なくても)

    親は子供に対して なんでも出来ると思いがちですが
    案外にできることは 限られています。

    お掃除をして 快適な空間を与える
    栄養の偏らない 美味しいご飯を用意する
    普通に せっすることも 大事な気がします

    弟が同じ病でしたが、母があんまり気を遣わないで接していたのと
    病院には 付いて行っていました。
    いつの間にか かんかいしていました。
    難しいですが 倒れない様になさって下さいね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私が鬱だったとき。

    きょうさん
    大変ですね。
    同じ状況ではありませんが、私が長年鬱と診断されていた時、
    ・焦らないで
    ・病気なんですから、ごろごろしてください
    ・じっくり病気と向き合っていきましょう
    などのお医者さんからの言葉に救われました。

    息子さん、病気なんです。しかたない。
    仕事を探そうとするのは、焦りやお母さまを思い遣って
    無理なさっているのでは?

    それと私の場合は夫が「病院にいきなさい」というのが
    辛かったです。一緒に行ってほしかったのです。
    ・一緒に病院に行こう
    と寄り添ってほしかったです。

    息子さんと一緒に、きょうさんも不安神経症や身体の痛みなど、
    ふたりで、焦らずに、病気、治そう!
    と思ってみてはいかがでしょうか。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    お母さんが神経を休んでください。
    うつはうつなりに動きます。ほっとく時間もいると思います。
    社会はそれなりに進んでいきますが、27歳スタートでもいいと思います。

    ありがとうございます。
    私も今、不安感が強いです。
    見守ることも大切ですね。
    これから、スタート出来ることを期待してしまいます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >グッルルさん

    ある程度 信頼が出来る医師を見付けて 任せてみてはいかがでしょうか?
    (完全に信頼が出来なくても)

    親は子供に対して なんでも出来ると思いがちですが
    案外にできることは 限られています。

    お掃除をして 快適な空間を与える
    栄養の偏らない 美味しいご飯を用意する
    普通に せっすることも 大事な気がします

    弟が同じ病でしたが、母があんまり気を遣わないで接していたのと
    病院には 付いて行っていました。
    いつの間にか かんかいしていました。
    難しいですが 倒れない様になさって下さいね。

    ありがとうございます。
    身体の痛みと目眩があり、掃除もあまり出来てません。
    料理も毎日献立を考えるだけでパニックになることもあります。
    気持ちだけで何もしてあげられません。
    普通に接すること大事ですね。
    弟さん、寛解して良かったですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >匿名さん

    きょうさん
    大変ですね。
    同じ状況ではありませんが、私が長年鬱と診断されていた時、
    ・焦らないで
    ・病気なんですから、ごろごろしてください
    ・じっくり病気と向き合っていきましょう
    などのお医者さんからの言葉に救われました。

    息子さん、病気なんです。しかたない。
    仕事を探そうとするのは、焦りやお母さまを思い遣って
    無理なさっているのでは?

    それと私の場合は夫が「病院にいきなさい」というのが
    辛かったです。一緒に行ってほしかったのです。
    ・一緒に病院に行こう
    と寄り添ってほしかったです。

    息子さんと一緒に、きょうさんも不安神経症や身体の痛みなど、
    ふたりで、焦らずに、病気、治そう!
    と思ってみてはいかがでしょうか。

    ありがとうございます。
    その後、鬱はどうですか?
    1年半病気だからと焦らず、ゆっくりしてと言ってきたんですが、最近夜中に寂しくて誰かと話したいとガールズバーに出掛けたり、原宿まで服を見に出掛けたりして、散財してます。
    元気になったんだなぁと思うと死にたいと言うこともあり戸惑ってます。
    服が好きだからバイトでもいいからショップ店員になりたいと、それ以外の職業はまだ考えたくないと言っています。
    それを見守っていこうと思ってますが、私達夫婦も年をとっていきます。
    自立を願ってしまいます。
    病院に一緒に行って欲しい気持ち良く分かります。主人にお願いして数回行ってもらいました。
    息子と私の主治医は同じ先生ですが、付き添って行ったことはありません。
    本人が嫌がるかもしれませんが一緒に行ってみようと思います。
    体験を話していただいてありがとうございます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する