現在の発言数519,486件!

辛いもの好きを公言しているのに出すと怒る夫

出産してから味覚が鈍くなってしまい、辛いものと酸っぱいものは感じにくくなってしまいました。
もともと味には鈍感な私です。
毎回料理の話になると必ず夫が言うのは「朝からガラムマサラを大量投下したカレーを出してきた」と言う話。
業務用スーパーで普段購入しているルーが「家庭で味を調整してください」と書かれた薄味の物で「風味がつく?」だかで前にガラムマサラを購入したことがあり、フリフリしましたが全く味が感じられず、出したところ「こんなものは食べられない」と突き返されました。
量でいえば10皿分に対して10振りくらいです。

また別の話で丸美屋さんの麻婆豆腐の素をこよなく愛している夫にいつも辛口で1回分あたりにラー油を6プッシュほど入れる(夫直伝の作り方)するので「それなら大辛でよいのでは」と大辛に変えたところ「辛いから辛口に戻してくれ」と言われました。
本人に「ラー油をそこまで入れるなら大辛で十分じゃないか」と聞いたところ「辛さじゃないんだ!」と言われ私にはさっぱり理解ができませんでした。
そのくせチャンジャは大好きです。(私は辛くて食べません)

辛いものを公言している夫に合う辛さは今でもわかりませんし丸美屋は置いといても毎回「ガラムマサラのカレー」の話をされるのは私も腹立たしいです。
その時のガラムマサラのカレーは娘(当時1~2歳)と私でおいしくいただきました。

夫がズレているのか私が味音痴だからなのかはわかりませんが、皆さんならガラムマサラを何皿に対して何振りしていますか?
使用したのは「カレーパートナーホットガラムマサラ」です

Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全22件)

  • 今後一切アレンジをされないようにするのが安全だと思いますよ。市販の味がお好きなご主人にはそのままを出しましょう。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ちよの輔さん

     我が家では夫婦二人とも辛さに弱いので、香りを立てる意味合いで2回ほど振るだけですかね。辛くなり過ぎちゃうので(^^;)

     旦那様は「麻辣」で言うところの唐辛子の辛味の「辣」には強くても、シビれる山椒等の「麻」の辛味に弱いのかも知れませんね。
     なので、単純に唐辛子の辛さだけ増してやれば良いと思うので、私なら「適宜、自分が食べる分にだけ好きなだけ掛けて」と一味唐辛子なり、ラー油を出してしまうと思います(^^)

    いいですね!我が家もそうして様子を見てみようかと思います
    良い案ありがとうございます

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ピピさん

    現時点で「味覚が鈍くなっている」と自覚されているのですから、冒険はしないのが無難ではないでしょうか。

    そもそも『辛ければ喜ぶだろう』という考えが間違っているんですよ〜〜
    例えば、スーイーツが好き!という人だとしても『甘ければ喜ぶだろう』
    っていうものではないでしょ?(^^)

    いくら甘いものが好きでも「美味しく食べられる甘さ」があるでしょ?
    辛いもの好きも同様に「美味しく食べられる辛さ」があるんですよ。

    カレーの件ですが、「カレーパートナーホットガラムマサラ」はテーブル調味料として使えば問題なかったと思います。
    我が家では、調理して皿に盛ったカレーを各自が好みの辛さになるよう自分で振り入れるものとして使っています。

    麻婆豆腐の件ですが、ご主人にとって大辛は「美味しく食べられる辛さ」ではなかったってことです。

    >量でいえば10皿分に対して10振りくらいです。

    何のカレールーを使ったのかがわからないのでなんとも言えません。
    辛さの問題ではなく、ガラムマサラの独特な風味が嫌だったのかもしれませんからね。
    夫はこのガラムマサラは「日本のカレーじゃなくなる」という理由で嫌ってます。

    辛い物を作りたかったわけではないんです。
    ただ安いルーでも自分の腕でおいしいものを作ってあげたかっただけなんです。
    ただそれが夫にしてみたら「冒険」に取られているのは確かです。
    初めて作ったガラムマサラ入りカレーも私にすればガラムマサラなしの普通のカレーと何が違うのか感じられず量が多くなってしまいました(結局何が変わったのかも私にはわかりませんでしたが)

    普段から何も言わずに食べているので妹が来ると「味が濃い」「辛い」等言うのに臨場して発言しているので「言っても無駄」と思っているのかもしれません
    私がもともと濃い味付け(無意識)が原因もあるそうです

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    今後一切アレンジをされないようにするのが安全だと思いますよ。市販の味がお好きなご主人にはそのままを出しましょう。

    自己流アレンジがあるそうでそれに沿う形で作れと言われます
    でも100%は無理ですね・・・
    お肉の焼き方でもうるさい夫です

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • いっそご自分で調理してもらうとか、ダメですか?
    「わたしよりもあなたが作ったほうが美味しいわ♡」って。

    質問に対してですが、うちはルーを入れる前に辛いのが苦手な夫用、辛いもの平気なわたしと息子用に鍋を分けて味を変えています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >さなぎのピラニアさん

    辛い物を作りたかったわけではないんです。
    ただ安いルーでも自分の腕でおいしいものを作ってあげたかっただけなんです。
    ただそれが夫にしてみたら「冒険」に取られているのは確かです。
    初めて作ったガラムマサラ入りカレーも私にすればガラムマサラなしの普通のカレーと何が違うのか感じられず量が多くなってしまいました(結局何が変わったのかも私にはわかりませんでしたが)

    普段から何も言わずに食べているので妹が来ると「味が濃い」「辛い」等言うのに臨場して発言しているので「言っても無駄」と思っているのかもしれません
    私がもともと濃い味付け(無意識)が原因もあるそうです


    >ただ安いルーでも自分の腕でおいしいものを作ってあげたかっただけなんです。

    そうだったんですね。お気持ちはよくわかりますよ。
    でも、ガラムマサラを10振りも入れても味の変化を感じられないという方が心配になりました。

    実は私の実母がちょっと味音痴なところがあって、時々父を怒らせてました。
    子供の私も「う、これはまずい」って時がありましたが、それを言うと母が父に叱られるので、本当のことを言うより穏やかな食卓であってほしくて、いつも我慢して食べきっていました。
    (でもそのせいで気持ち悪くなり、嘔吐してしまったこともあります、母は知りません)
    今思えば味はいつも濃かったです。田舎料理だからということではなく、味覚が鈍かったせいだと思います。

    嘔吐してしまったおかずはトラウマとなり、食べることができなくなり、母にはよく食が細いとか好き嫌いがあると言われてました。でも給食や外食は美味しくて残したことないんですよ。

    のちに、母の味音痴に原因があったことがわかりました。
    一般的には亜鉛不足があげられる味覚障害ですが、
    母の場合は舌がおかしいのではなく、嗅覚が落ちていたんです。
    耳鼻科に通うようになり、いくらか改善しているようです。
    味も薄くなりご飯が美味しくなりました。
    また、同居のストレスから解放されたのも改善のひとつかな?

    スレ主さんは、きっと今は育児に家事にと忙しいでしょうから、自分の健康管理は後回しになりがちだと思うのだけど、子供の健康のためにも早めに改善してほしいと願っています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ガラムマサラ、10皿分に10振りだったら、入れすぎでもないような…。本場のスパイスをスプーン山盛りとかじゃないですよね?元のルーの味にもよりますが。
    そんなめんどくさいご主人には、味の仕上げは自分でやってもらいましょう。
    そして、そのカレーの話を出してきたら「辛いもの好きと自称してる癖にガラムマサラは無理なのね。子供でも食べられたのに。」と言ってあげれば(笑)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 旦那様は自分の好みに合わせた料理を作って欲しくて

    奥様に甘えてらっしゃるのですね

    家族の事を考えて一生懸命作った料理をけなされるのは

    少々苛立ちを覚える事もあるとは思いますが

    今のやり取りを繰り返していって

    さなぎのピラニアさんの家庭の味が定まってくるのではないでしょうか

    頑張って下さいね(^^)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 少なめ、薄味で!

    濃いと食べられない。薄いのは、おいしくないだけで、食べられる。
    控えめにして、足りないくらいでいいです。
    味付け薄いといわれたら、自分にはこれでいい、といいきる!

    各自のお皿のうえに、自分でガラムマサラなり、ラー油をかけるのが一番嬉しくて、お美味しい! というダンナ様の自分のこだわり、大事にしてあげてください。

    味の好みは、それぞれだから。どんなに美味しいお料理でも、塩味や辛さを自分の好みで、というぐあい。好きなようにたべられるのもいいと割り切っちゃいましょ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 辛いもの好きを公言して、おれはすごいんだぞアピール
    元ヤンキーのやんちゃ自慢と変わりません

    真剣にとりあう必要はないのでは
    辛いの得意なんだーへえーすごいねー男らしいーとか言っておけば

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >30代さん

    いっそご自分で調理してもらうとか、ダメですか?
    「わたしよりもあなたが作ったほうが美味しいわ♡」って。

    質問に対してですが、うちはルーを入れる前に辛いのが苦手な夫用、辛いもの平気なわたしと息子用に鍋を分けて味を変えています。

    そうなんですよね。
    ですが主人は料理はしても片付けはしてはくれないんですよ・・・。
    もう油は飛んでるわ、皿はギトギトだわ、換気扇のフィルターがなぜか焼け焦げてたりします。
    片付けの方が大変なんです

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ピピさん


    >ただ安いルーでも自分の腕でおいしいものを作ってあげたかっただけなんです。

    そうだったんですね。お気持ちはよくわかりますよ。
    でも、ガラムマサラを10振りも入れても味の変化を感じられないという方が心配になりました。

    実は私の実母がちょっと味音痴なところがあって、時々父を怒らせてました。
    子供の私も「う、これはまずい」って時がありましたが、それを言うと母が父に叱られるので、本当のことを言うより穏やかな食卓であってほしくて、いつも我慢して食べきっていました。
    (でもそのせいで気持ち悪くなり、嘔吐してしまったこともあります、母は知りません)
    今思えば味はいつも濃かったです。田舎料理だからということではなく、味覚が鈍かったせいだと思います。

    嘔吐してしまったおかずはトラウマとなり、食べることができなくなり、母にはよく食が細いとか好き嫌いがあると言われてました。でも給食や外食は美味しくて残したことないんですよ。

    のちに、母の味音痴に原因があったことがわかりました。
    一般的には亜鉛不足があげられる味覚障害ですが、
    母の場合は舌がおかしいのではなく、嗅覚が落ちていたんです。
    耳鼻科に通うようになり、いくらか改善しているようです。
    味も薄くなりご飯が美味しくなりました。
    また、同居のストレスから解放されたのも改善のひとつかな?

    スレ主さんは、きっと今は育児に家事にと忙しいでしょうから、自分の健康管理は後回しになりがちだと思うのだけど、子供の健康のためにも早めに改善してほしいと願っています。

    ご心配までしていただいてありがたいかぎりです。
    これでも薄味で味付けしている「つもり」ではいたんですけどまだ濃いようです。(妹が薄味なのもあります)
    ありがたいことに娘は食欲旺盛で年相応にお菓子もたくさん食べる子ですが味付けに関して「まずい」や「濃い」とは聞いたことはありません。
    なかなか味覚に関してお話しをする場面が少ないので良いお話しを聞けてすごくためになりました。
    亜鉛、少し取ってみようとおもいます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    ガラムマサラ、10皿分に10振りだったら、入れすぎでもないような…。本場のスパイスをスプーン山盛りとかじゃないですよね?元のルーの味にもよりますが。
    そんなめんどくさいご主人には、味の仕上げは自分でやってもらいましょう。
    そして、そのカレーの話を出してきたら「辛いもの好きと自称してる癖にガラムマサラは無理なのね。子供でも食べられたのに。」と言ってあげれば(笑)

    実はチャンジャは食べられるのにお寿司はわさび抜きなんですよ。
    そしてカラシも苦手なようです。

    対して私は辛いものが好きなわけでも嫌いなわけでもないただ感じにくいだけなんです。

    それが悲しいことに双方の誤差が大きく生じる結果になっているのかもしれません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >40代さん

    旦那様は自分の好みに合わせた料理を作って欲しくて

    奥様に甘えてらっしゃるのですね

    家族の事を考えて一生懸命作った料理をけなされるのは

    少々苛立ちを覚える事もあるとは思いますが

    今のやり取りを繰り返していって

    さなぎのピラニアさんの家庭の味が定まってくるのではないでしょうか

    頑張って下さいね(^^)

    ありがとうございます。
    御察しの通り毎度この話で絶えず喧嘩はあります。

    そして仕事帰りのコンビニ袋のお弁当を見て悲しい気持ちになります。
    ただ娘もいるので「全く作らない」とはならないんです。
    もちろん娘がいなくても作らなくてはならないんですけど。
    ヘタなりに料理本を見ながら料理を頑張っています。
    少しやる気がわきました

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >魚浜三代目さん

    濃いと食べられない。薄いのは、おいしくないだけで、食べられる。
    控えめにして、足りないくらいでいいです。
    味付け薄いといわれたら、自分にはこれでいい、といいきる!

    各自のお皿のうえに、自分でガラムマサラなり、ラー油をかけるのが一番嬉しくて、お美味しい! というダンナ様の自分のこだわり、大事にしてあげてください。

    味の好みは、それぞれだから。どんなに美味しいお料理でも、塩味や辛さを自分の好みで、というぐあい。好きなようにたべられるのもいいと割り切っちゃいましょ。

    実家でも濃い味が好きな父のために母は味付けを薄くして逆に調味料は出さないでやってます。
    それは薄味に慣れてほしいからなのですが、まぁまだ足が悪いわけでもないので結局は父が自分で調味料を取りに行っています。

    まだ働き盛りの主人ですが遺伝のせいか尿酸だけは上がりやすいようで、それが心配なのです。
    だからコンビニ弁当はやめていただきたいのですがそれを「御飯がない(好きなものがない)からだ」と言い張っています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >はははさん

    辛いもの好きを公言して、おれはすごいんだぞアピール
    元ヤンキーのやんちゃ自慢と変わりません

    真剣にとりあう必要はないのでは
    辛いの得意なんだーへえーすごいねー男らしいーとか言っておけば

    辛いもの好きを公言していてのわさび抜きのお寿司食べている主人も不思議でなりませんよ。
    でもカレーも麻婆豆腐も甘口だと怒るんですよね。
    あまのじゃくー!!と一回叫びたいです

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • うちも似たようなものです。
    ですが、大人数の料理を作るようになって、一口に辛さといっても辛さのある食材や料理によって好みや好き苦手があるんですよね。
    旦那はグリーンカレーは激辛でも大好きなのに、麻婆は中辛とか。他の家族の粉わさびはたっぷりなのに生わさびはダメとか、キムチは激辛好きでも、わさびはダメとか。中華スープにラー油は好きだけど一味はダメとか・・・
    人それぞれ好みなのか、味覚の感覚かこだわりか、色々です。最近ではもう8人の好みを把握して慣れましたけど。
    後から辛さを入れて調節出来る料理はテーブルに出して好きに入れてもらってます。

    私自身、辛い物全般に大好きだと思ってましたが、去年くらいに出た痺れる辛さのものが食べれるけど好みじゃないと思いました。

    最初は辛いだの甘いだの言われ、料理しててストレスでしたが、特に旦那は遠慮なく言うし喧嘩ぽくなってましたが、今はあら~ごめんね~で終わりです。相手にしません。辛いと言われたらもう、次は甘口です。好きに自分で後足ししてもらいます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >さなぎのピラニアさん

    実はチャンジャは食べられるのにお寿司はわさび抜きなんですよ。
    そしてカラシも苦手なようです。

    対して私は辛いものが好きなわけでも嫌いなわけでもないただ感じにくいだけなんです。

    それが悲しいことに双方の誤差が大きく生じる結果になっているのかもしれません。

    もしかして、旦那さま、辛い物好きじゃなくて唐辛子好き?
    わさびや辛子とは辛さの種類が違いますからね。
    麻婆も山椒系の辛さが苦手だからラー油をかけるほうが好きなのかな?
    推測ですが。

    私は唐辛子も辛子も山椒も大好きですが、わさびは控えめが良いです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    うちも似たようなものです。
    ですが、大人数の料理を作るようになって、一口に辛さといっても辛さのある食材や料理によって好みや好き苦手があるんですよね。
    旦那はグリーンカレーは激辛でも大好きなのに、麻婆は中辛とか。他の家族の粉わさびはたっぷりなのに生わさびはダメとか、キムチは激辛好きでも、わさびはダメとか。中華スープにラー油は好きだけど一味はダメとか・・・
    人それぞれ好みなのか、味覚の感覚かこだわりか、色々です。最近ではもう8人の好みを把握して慣れましたけど。
    後から辛さを入れて調節出来る料理はテーブルに出して好きに入れてもらってます。

    私自身、辛い物全般に大好きだと思ってましたが、去年くらいに出た痺れる辛さのものが食べれるけど好みじゃないと思いました。

    最初は辛いだの甘いだの言われ、料理しててストレスでしたが、特に旦那は遠慮なく言うし喧嘩ぽくなってましたが、今はあら~ごめんね~で終わりです。相手にしません。辛いと言われたらもう、次は甘口です。好きに自分で後足ししてもらいます。

    私もかるーく受け流せるすべを身につけられたらどれだけ気が楽なのだろうと感じます。
    歳をとれば二人とも丸くなることを信じて

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    もしかして、旦那さま、辛い物好きじゃなくて唐辛子好き?
    わさびや辛子とは辛さの種類が違いますからね。
    麻婆も山椒系の辛さが苦手だからラー油をかけるほうが好きなのかな?
    推測ですが。

    私は唐辛子も辛子も山椒も大好きですが、わさびは控えめが良いです。

    麻婆豆腐のラー油は料理上手なお父さん直伝です
    このトピを立てて辛さの種類にも好き嫌いがあるという事を知ることができてそれだけでも少しだけ成長した気分です。
    ただ山椒は使用したことがないのでまだわかりませんが。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
≪ 最新
‹ 前へ
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する