現在の発言数478,082件!

命について

こんにちは(^.^)

もし自分が深刻な病気になってしまったら余命を告げられたいですか?
自分ではなくても大切な人が余命を告げられたら本人に告知しますか?

そして自身が余命宣告されたら残りの時間をどう生きたいですか?

先ず私は延命処置はしないで欲しい事は頭に浮かびましたが、
後は、やはり直面してみないとわかりません Cry
告知する側となれば、どうするでしょう・・・
相手の性格を見て判断するものなのでしょうか?

年齢を重ねるとこういう事を考えるようになりました。
お医者様や看護師さんは医療についてお詳しいので周りに言われなくても分かってしまうものなのでしょうね・・・

自分はどうやって人生の最後を迎えるんだろうとも・・・

「みんなのカフェ」に相応しくないような暗い内容でごめんなさい。
投稿しようか長い間迷っていて、ここでもご意見聞きたくて・・・
宜しくお願いします(._.)

Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全20件)

  • 難しいですよね

    人はいつか必ず死にます。たとえ事故や病気などで一命を取り留めたとしても、命は永遠ではありませんね。
    モヤモヤ子さん、決して暗い話だとは思いません。
    余命、私はどうかな?告知されなくても、もし病気の場合なら何となく自分で察してしまう気がします。また、告知する側だとしたら、う~ん、言わないと思います。と言うより、言えないと思います。言いながら私自身が泣いてしまいそうだし、私が泣けば、相手は残り少ない命を思う他にも、きっと私の事を心配してしまうような気がするから。残った人の心配と言うか…。
    こういう話って、なかなか普段はしないけど、モヤモヤ子さんと同じく私も考えたりしますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 難しいですね。
    今の時代、自分が病院にかかり入院すれば、ネットで自分の病気の症状がどんな物なのか調べたりできます。
    告知、うーん?難しいですね。
    私なら告知して欲しい側です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 3年前、自身に癌が見つかりました。
    手術、抗がん剤治療…1~2年で再発する可能性が高いと聞いていました。

    それなら元気なうちにやりたい事、しておかなくてはならない事をきちんとしようと思いました。
    身辺整理など…いわゆる終活ですね。
    深刻な病気になって初めて真剣に自分の人生を振り返り、周りの人々に心から感謝の気持ちでいっぱいになりました。

    とにかく今出来るのは、一日一日を大切に生きること。日常の小さなことに喜びを見つけること。
    余命とか5年生存率の数字は目安であって、自分の人生を縛るものではないと思います。

    人間は生きて来たように死を迎えます。
    最期はみんなに「ありがとう」と言えるのが人生の目標です。

    湿っぽくなってすみません。

    おかげさまで、まだ元気ですから大切に生きて行きます(*^^*)


    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >人間は生きて来たように死を迎えます。
    最期はみんなに「ありがとう」と言えるのが人生の目標です。

    アップルティーさんに、心から同感です!

    私は以前、ホスピスケアに携わっていました。
    今は、告知のほうが主流になっていると思います。

    レッドミーディサイドと言って、告知から延命まで
    自分の意思表示を記す方法があるのですが、
    日本ではあまり浸透しなかったようです。
    ですが、現在は終活ノートなどがブームになっていますよね。
    自分の最期の希望についても、書き込めるような欄があるらしいです。

    実際には、女性のほうが、肝が据わっている方が多いような印象があります。
    惚れ惚れするような終焉を見せて頂いたこともありました。

    人は生きてきたように死ぬ、とは本当にその通り!と感じます。
    終わりだけ、取り繕って形よくというわけにはいきません。
    最期の『ありがとう』は周囲の残された人を生かします。
    だからこそ、私も悔いなく日々を過ごしたいです。



    死はタブーではなく、いつか死ぬことを前提に今を生きることが必要なのだと思います。
    何かしらの死生観は、自分なりに各々が持っておいたほうが良いと思います。
    アルフォンス・デーケンという方が、人には『死の準備教育』が必要と説いておられます。
    講演会に参加しましたが、ユーモアに溢れて素晴らしい方でしたよ。
    もしご興味おありでしたら、著作を一度読んでみられることをおすすめします♪

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私は、告知は、されたいし、すると思います。やり残したことのないように告知することが思いやりかなと、今は思います。
    告知する相手にも、よるのかもしれないですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 生きてきたように死を迎える?

    必ずそうとは限らない。
    いろんな亡くなり方があります。
    人のために尽くしてきた人生でも、長い闘病生活の後に報われない亡くなり方もあります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >パンプキンさん

    必ずそうとは限らない。
    いろんな亡くなり方があります。
    人のために尽くしてきた人生でも、長い闘病生活の後に報われない亡くなり方もあります。

    どんな生き方をしてきたかは、本人にしか分かりません。

    外見的な成功者が必ずしも人間の生き方として納得のいくものだったのかも分かりません。

    病気で亡くなるのは報われない生き方でしょうか。最期までどう生き抜いたかが大事だと、私は思います。

    それぞれの人生観や死生観があります。
    何が正解かというよりも、自分だったら…と考えることに意味があると思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 難しいですよね。

    家庭環境にもよるでしょうね。皆お元気で病から縁遠い家系ですと戸惑いが多いでしょう。
    自分も主人も長寿家系ではないし、周りもなんとなく病持ちがいて隠されるよりは告げられたほうがいいと思っています。そんな環境だから癌になったら吊るされた点滴薬の種類で「もう長くないな」ってわかっちゃいますから。
    隠し通す家族の苦労も、わかっているのにわかっていないフリをする患者もお互い愛あってのことですがね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 検診が怖い人は、宣告は受けない方がいいかな❓
    自己理解の範囲内の検診でもあたしは怖い。平気でいられるほど人間が出来てないです。

    神様は、お年寄りが物忘れが多くなるのは、死の恐怖から免れるための脳の仕組みを作られたのです。と、NHKの脳の番組で言ってました。

    死を迎える準備を脳がしてくれるまで生きていたいと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • トピをたてた「モヤモヤ子」本人が入院した為、親族が代理で書かせて頂いております。
    本人曰く「自分のトピに発言を返して頂いていると思う。お返事できないのが申し訳ない。代わって何らかの発言をしてほしい」との本人の言葉ですので書かせて頂きました。
    たくさんの思いを発言して頂き有難うございます。本人に代わって御礼申し上げます。
    退院致しましたら直接「モヤモヤ子」本人から発信するということなので申し訳御座いませんがそれまでお待ちくださるようお願い申し上げます。


    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >アップルティーさん

    どんな生き方をしてきたかは、本人にしか分かりません。

    外見的な成功者が必ずしも人間の生き方として納得のいくものだったのかも分かりません。

    病気で亡くなるのは報われない生き方でしょうか。最期までどう生き抜いたかが大事だと、私は思います。

    それぞれの人生観や死生観があります。
    何が正解かというよりも、自分だったら…と考えることに意味があると思います。

    何が正解かとは言ってませんよ。
    生きて来たように死ぬとは、いろんな解釈があります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • パンプキンさんに同感です。生きてきたように死を迎えるって、一見、聞こえはいいように思うけど、なんか、よく考えると、ひどい言い方にも聞こえます。
    人は、最愛の人が亡くなったら、どんな亡くなり方しても、生きてきたように死ぬと言われたら、グサッときますよ。思いやりのある発言しましょう。
    最愛の人を亡くした人にしか、気持ちわからないかな。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 「人は生きてきたように死んでいく」とは、
    ホスピス・ターミナルケアの臨床現場では
    よく語られる言葉でもあります。

    患者さんから教えていただいた大切なことだと、
    ある臨床医が言っていました。

    受け取り方は様々ですが・・・
    そんなにネガティブに捉える考え方もあるんですね
    私はやはり、生きてきたように、だと思います。
    励まされる言葉でもあります。

    もちろん、死に方のことではなく、
    死までの『心のあり方』のことを指しています。


    モヤモヤ子さん、入院されたのですね
    一日も早いご回復をお祈りしています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私は時間がないからこそ早く伝えて欲しいかな?
    ショックは受けるでしょうけど、人はいつかはその時が来るのですし。
    時間が近づいてくるのは怖いけど、だからこそやりたい事を可能な限りやってみたいです。
    おそらく主人も同じ考えの人なので、告知すると思います。

    延命措置は私自身はして欲しくはないけど、少しでも時間を延ばすことで残される方の気が済むならいいかなと思います。多分本人が苦しまないなら延命して欲しいと頼むのだろうな。
    主人は私の死には耐えられないから自分が先に…と言っているのでそのあたりが心配ですね。

    モヤモヤ子さんお大事に。早く退院できるといいですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 生きてきたように死んでいくって、一見綺麗な言葉だけど、きついですね。
    自分がそう思って生きるのはいいけど、人に簡単に言うのは気を付けたほうが良さそうに思います。


    私だったら告知してほしいけど、旦那は告知できないと言っているので、きっと告知されないでしょう。
    疑心暗鬼で過ごすより、知ったほうが残りの時間有意義に使えそうに思いますが。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >モヤモヤ子/親族代理さん

    トピをたてた「モヤモヤ子」本人が入院した為、親族が代理で書かせて頂いております。
    本人曰く「自分のトピに発言を返して頂いていると思う。お返事できないのが申し訳ない。代わって何らかの発言をしてほしい」との本人の言葉ですので書かせて頂きました。
    たくさんの思いを発言して頂き有難うございます。本人に代わって御礼申し上げます。
    退院致しましたら直接「モヤモヤ子」本人から発信するということなので申し訳御座いませんがそれまでお待ちくださるようお願い申し上げます。


    丁寧なお返事をありがとうございます。

    モヤモヤ子さん、早くお元気になられますように。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • わがままですが...

    こんばんは。横から失礼します

    中学生にもなって今更ですが、私はこのトピを見て改めて自分の死について考えさせられました。

    私は自分の余命は告知されたいなと思いました。
    もし自分が入院するようなことがあって、両親が私の余命を知ってて私に知らせないままだと、私が死ぬまで両親は私に死を悟られないように色々と気遣って疲れて迷惑をかけてしまうでしょう。けれど、わがままかもしれないですが、子供としては最期まで自分のためだけに両親が色々と気遣ってくれることで両親をひとり占め出来るので嬉しいです。

    ですが、この方法だと私は心おきなく死ぬことが出来ません。
    なぜなら上で言ったように両親を独り占め出来るのは嬉しいですが、両親が私に死への恐怖を無くすための気遣いで疲れさせるのは、両親も私も疲れるので嫌です。
    どうせなら自分があとどれくらい生きれてどれくらいで死ぬのかを知った方が、両親に無駄な死への気遣いをさせずに、むしろその気遣いを諸々私が生きてきた中で最大に甘えて両親に迷惑をかけさせるというのに変えた方が、
    両者共に「あぁ、残りの時間は楽しかったな」「あぁ、最期まであいつは甘えん坊だったな」となって無駄のない楽しい残りの時間を過ごせると思うからです。そして両親もまだ楽しい方が悲しみが軽減されるだろうと思うからです。

    自分勝手でわがままだとは思いますが、私の時はそうあって欲しいです。
    モヤモヤ子さん早くお元気になってくださいね。長文失礼しました

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 実体験があります。

    父が余命3か月と家族だけに宣告を受けました。
    手術をすればかすかな望みがあるとも言われました。

    家族会議では、もちろん手術を受けてかすかな望みで少しでも長く生きて欲しい一心でした。

    翌日、父には余命三か月の話はせずに手術を受けるように話をしました。
    しかし、父は手術は嫌だとかたくなに嫌がりましたが、家族の猛烈な説得でやっとのことで受ける気になってくれました。

    しかし、残念な事に余命宣告を受けていただけあって転移がいろんな臓器にあり術後、一か月でなくなってしまいました。
    結局はずっと苦しい思いをして最後の死を迎えました。
    父は、最後やりたいこともあると言っていたので、痛みを抑える薬で最期を迎えさせてやるべきだったと今になってすごい後悔しています。
    商売もしていたので、お世話になったお客さんのところにも行きたかったはずです。
    本人の希望を通すことが大切だと痛感しています。

    この経験もあり、もしも自分が余命宣告の立場だったら、きちんと話してもらいたいと妻には40代の今から伝えてあります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 大切な方に対して、余命宣告をするかしないか、悩ましいところですよね。
    私は、ももつくさんの話を聞いて、してもしなくても、後悔が残るかな?と思いました。人によって、余命宣告を受けても、しっかりと受け止められる方と、そうでない方がいると思うし、状況にもよる。ももつくさんのお父様の場合は、宣告されたほうがよかったかな。と感じましたが、宣告されたら、自暴自棄になる方もいらっしゃると思います。
    しっかりしているから宣告しても受け止めてくれるだろうと思う人に、案外打ちひしがれてしまうタイプの人がいたり、その反対で、言わないほうがいいかもと思う人に、しっかりと現実を受け止めることができる人だったり。
    ちなみに、私は、子供がいることもあり、しっかり宣告してほしいと考えます。残された時間、家族と大切に生きられたらな。と考えます。
    でも、出来るなら、ピンコロリン、あっという間に逝きたいかな。
    気がつけばあの世だった。みたいな。
    家族には悲しい思いをさせますが?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 義理の母が、癌になりました。
    かれこれ12年前になります。
    それ以前から、体の調子が悪いとぼやいていました。
    その義母が、やっと重い腰を上げて受診した時には手遅れの状態でした。
    腎臓は一つ癌でなくなってしまっていて、全身転移でした。
    旦那の妹と家族会議をして、手術をしても痛いだけだから、せずに、結婚した娘のところに)三人娘がいた)代わる代わる遊びに行って、旅行など、のんびり過ごさせてあげたいという話になりました。
    でも、自分で体の不調を訴えて入院したので、検査だけ受けて説明がないのは不審に思っていました。
    しばらくして先生から説明があり、癌ということを告げられ、手術を受けるか受けないか委ねられました。
    妹たちと話し合ったことは伏せて、どうするか聞くと、受けるといいます。
    旦那が了承し、大きな病院に移りました。
    事後報告で、妹達に話すと、猛抗議にあいました。
    でも、手術を受ける気になっている人、ましてや、癌です。うちに帰ろうと言うのは、死ねと言っているに等しい気がすると旦那に話しました。
    手術当日、成功して帰ってくると思ったまま義母は、酸素チューブをつけて、意識が戻らずに1ヶ月後に亡くなりました。
    私たち夫婦も、もう四十代なので、周りの年の近い方が亡くなるのを見たり聞いたりします。
    なんかあったらどうするか、考えなくてはいけない歳なのかなとも思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する