現在の発言数519,870件!

甘じょっぱい とは

代々関西住です。
最近、テレビなどで「甘じょっぱい」と言う表現を耳にすることとが増えました。
じょっぱい→こちらの言い方では、塩っ辛い かな? と色々想像してみるのですが、「甘辛」なら、照り焼きや煮きったものとイメージが沸くのですが、そもそもこの年になって初めて聞く言葉で、どんな味なのか今ひとつピンと来ません。
例えば、どんなお料理の時に 甘じょっぱい、と言う言葉を使いますか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言16件 (全16件)

  • 甘辛は醤油と砂糖

    甘じょっぱいは砂糖と塩かな?
    ふと浮かんだのがハッピーターンでした(笑)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私は塩キャラメルを思いました^^

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 甘じょっぱいって、私が物心ついた時には普通に使われていた言葉だと思いますが。
    少なくとも30年前には使われていたかと。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 「甘い」「しょっぱい」を合わせた味です。
    わたしは砂糖としょうゆの味をイメージします。
    しかし、「しょっぱい」という表現そのものが
    地方によってなじみのない場合もあるようです。
    こちらでは例えば、塩気の強い漬物、醤油をかけすぎたお刺身、
    ラーメンスープの濃い味などを「しょっぱい」と表現します。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • みなさま、ありがとうございます。
    関西のほんの片隅、小さな町におりますが、「じょっぱい」「しょっぱい」には馴染みがなく、同じ事を文字にすると「しよっからい」が私の知る表現となると思います。
    ハッピーターン、塩キャラメル、しょっぱい はよく漬かったおつけ物、かけ過ぎたお醤油…なるほど!です。
    塩気の立った味で、口に入れると甘味も感じるもの というところですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 個人的には、みたらしだんごのたれが分かりやすい甘じょっぱい味と思います。
    塩辛さ+甘味と言うよりは、醤油のコク+甘味でしょうか。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 東北ですが昔から使ってました。
    もしやこれって方言?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 引き続き、ありがとうございます。こちらはみたらし団子は甘辛い です。因みに濃いめの味付けの魚の煮付けも甘辛い です。うーん、難しい…。
    余談ですが、こちらでももう若い方は遣われませんが、方言で、お醤油の入れすぎ、かけ過ぎで「あちゃー」となった味は だだがらい と言います。
    甘辛い≒甘じょっぱい 多少の違いはあってもこんな感じでしょうか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 醤油と砂糖を入れた濃い味付けです。
    私が子供の頃は、かぼちゃやジャガイモの煮つけがこの味でした。
    あと、夕食の天ぷらの残りを翌朝この味付けでさっと煮たり。
    焼いたお餅に砂糖醤油を付けて食べたり。
    田舎のせいか、みりんはわが家には無かったです。
    大人の現在は濃い味付けは後でのどが渇くので、薄味になりました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • わたしのイメージは

    ロイズのポテトチップチョコレート。

    甘さと塩気の良さが共存している、という意味合いでは。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 甘過ぎないみたらしみたいな味かなぁ、わたしは。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • しょっぱいは東側よりの言葉なんじゃないかな?と思います。西側が塩っ辛いと感じる物がしょっぱいと単純に思って良いんじゃないのかな?と思います。昔コナンというマンガ読んでそのように書いてたのを思い出しました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • だだがらい!なつかしいです!今は違うところに住んでいるので忘れていました。
    たぶん私の故郷はお近くだと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • まずは『しょっぱい』
    塩味が濃いこと(醤油味でも)
    おそらく関東以北の方言?関西の方の『塩からい』と同じような使い方だと思いますよ。
    関東以北では塩味が濃いという意味で「からい」という言葉は普通使わないと思います。
    『甘じょっぱい』
    甘さと塩味が同時に感じられること。甘辛いと同じ意味だと。
    我が家は、みたらし団子やおもちの味付けで砂糖醤油で食べますが甘じょっぱいと言えばそんな時に使います。
    あとは煮物なんかでも、砂糖の味が濃ければ甘じょっぱい使うかな?
    単純に方言なので、今まであまり聞いたことが無かったのでしょうかね?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • しょっぱい

    って使わないのですね^ ^

    方言だと知り、びっくりでした!

    私…知らずにクックパッドのレシピに「しょっぱい」「あまじょっぱい」と書いているかもしれないです(^^;;…

    では…
    「今日の味噌汁、ちょっとしょっぺーなぁ」なんてしょっちゅう言われている私でした(^^;;

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私も生まれも育ちも近畿なので、「しょっぱい」は大人になって初めて耳にした為か
    「甘じょっぱい」は普段使う「甘辛い」とはちょっと違うニュアンスで捉えていました。

    「おばあちゃんのぽたぽた焼き」というおせんべいがありますが、そのイメージです。
    甘辛いだと、みたらし団子や魚の煮付けのようにもっとお醤油が勝つ感じ。

    でも同じなんですね~。
    言葉の成り立ちからすると同じなんでしょうけど、使い慣れた言葉とそうじゃない言葉のイメージの違いって大きいですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する