現在の発言数519,316件!

包丁の関孫六と藤次郎

昨年、10年以上使っていたスーパーで買った安いステンレス包丁を買い替えました。
自分で買ったのが関孫六 4000STというDIYで売っていたものです。
もう1本は家族からプレゼントされた藤次郎のDP霞流し割込という高価なものです。
どちらもすごくよく切れてお気に入りです。

包丁はよいまな板でないと切れ味が長続きしない、ということで今まで使っていた白いプラスチックまな板を捨てて、抗菌合成ゴムのまな板と木のまな板を買いました。
同じものを切ると、やはり木のまな板のほうが刃に優しいです。
切れ味を維持するために砥石も買いました。練習するとすぐに慣れました。研ぐのって楽しいですね。

切りにくい食材の代表の牛すじを切ってみて初めてわかりましたが、関孫六も藤次郎もそれほど違いを感じませんでした。お値段で3倍くらい違うんですよ。関孫六 < 藤次郎。
藤次郎のほうが少しだけ刃持ちがよいかも。そのくらいの違いでした。
自分で包丁を研げるならこの関孫六で充分。これ以上高価な包丁は必要ないと思いました。

安いステンレス包丁を研ぎ直したら、関孫六や藤次郎と同じくらい切れるようになりました。ただ、刃持ちはしないです。比べると早く切れなくなります。これが素材の差なのでしょうね。

包丁は研がないと切れなくなります。研ぐには砥石が一番です。
自分で研げるなら、高価な包丁は不要です。家庭で使うならステンレス包丁が一番ですね。
よく鋼じゃないととかステンレスは研ぎにくいとか見かけますが、ぜんぜんそんなことないです。研げば切れます。研いでも切れないなら、研ぐのがヘタなだけです。


Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言10件 (全10件)

  • で?
    わたしはずーと有次愛用で重さがあるので使いやすく、歯滑りしないため桂剥きも極薄でやりやすい。歯も負けないため切り口が滑らかで食べた時の旨味が違います。
    使えば使うほど手に馴染み答えてくれるのは、安価な包丁にはないパートナー性を持っていますよ。

    批判がしたいのでしょうか?ご自身の研ぎ自慢をしたいのでしょうか?討論をしたいのでしょうか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    で?
    わたしはずーと有次愛用で重さがあるので使いやすく、歯滑りしないため桂剥きも極薄でやりやすい。歯も負けないため切り口が滑らかで食べた時の旨味が違います。
    使えば使うほど手に馴染み答えてくれるのは、安価な包丁にはないパートナー性を持っていますよ。

    批判がしたいのでしょうか?ご自身の研ぎ自慢をしたいのでしょうか?討論をしたいのでしょうか?

    ご自分で研げるのならお高い包丁は必要ないってお話です。
    わたしがネットでよく見かけた関孫六と藤次郎の比較をしてみたのですが。
    批判も討論も研ぎ自慢も苦手です。なにかお気に召さなかったですか?
    あなたのお気に召すようにいくらでも書き換えますよ。有次サイコー!とかね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • もう少し勉強されると良いですね。

    >高価な包丁は不要さん

    ご自分で研げるのならお高い包丁は必要ないってお話です。
    わたしがネットでよく見かけた関孫六と藤次郎の比較をしてみたのですが。
    批判も討論も研ぎ自慢も苦手です。なにかお気に召さなかったですか?
    あなたのお気に召すようにいくらでも書き換えますよ。有次サイコー!とかね。

    ん~それでは説明が不十分でメーカーの違いについて言及できません。
    車に例えるならトヨタと日産のどちらが良いか・・程度の内容です。
    例えばトヨタならカローラなのかクラウンなのかで話しが変わって来ますよね。

    包丁も鋼と一口に言ってもSKなのか白紙なのか青紙なのかで値段も用途も変わって来ます。

    全てはお使いになる環境や用途、後は好みです。
    関孫六と藤次郎の比較をするならば、せめて同じ材質で比較しないと何の意味もないですよ。

    ちなみに現場でよく見かけるのは、やはり切れが長持ちする青紙です。
    切れ味という面ではSKや白紙の方が切れますが、切れ過ぎて大量調理には向きません。
    木製まな板だと刃が必要以上にまな板に噛みついて作業しづらいためです。
    ま、これも好みですが・・
    今時はホテルなどの大量調理場でも木製まな板は衛生面の問題で使用しなくなってきましたので、安価で切れ味の鋭い白紙も昔よりは多く使われるようになって来ましたね。

    包丁を選ぶ基準も人それぞれですが、私の基準は、
    一日に切る食材の量、普段使うまな板の材質、好み、予算・・etc
    ですかね~
    少なくともメーカーで選ぶことはないです。
    というか、メーカー品は買ったことがありません。
    好みの材質や配合が決まってますので、鍛冶屋に直接オーダーで造ってもらいます。

    洋服などと同じでブランドが付くと無駄に高くつく場合が多いんですよ、包丁って・・
    以上、包丁についてメーカー名を出すならばせめてこれくらいのレベルで話しませんか?
    レベルが低過ぎて名指しされたメーカーが気の毒です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 関孫六 4000ST
    藤次郎のDP霞流し割込
    と記載したのですが。
    これってアマゾンで見ることができますよ。
    どちらも固定商品で、カローラやサニーのような大雑把なものではありませんから。
    ネット検索の仕方まではちょっと面倒なのでパソコン教室でお勉強くださいね。

    どちらもいま手元にある包丁です。実際に使ってみた感想なので、残念ながらあなたが気の毒に思う筋合いのものではないです。お話のレベル以前の問題であなたがお話になりません。ごめんなさい。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 高価な包丁は不要さんは自分が包丁を研ぐのが上手だと自慢話がしたいだけですか?

    人を馬鹿にしたような発言しか出来ないのならスレを作る必要はなかったのではないでしょうか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 上から目線での話し方しかしてこなかったのかな?という印象を受けました。
    あまり良い気はしません。
    自分は良い包丁を自分で研いで使ってる、すごいだろ?真似できる?みたいに聞こえます。
    みんカフェでこのような書き込みをしても、反感買うだけだと思います。他の専門サイトで討論する方が、書き込む人も読む人も気分を害さずにいられると思いますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 安価なセラミック包丁は研ぎやすく、素人がちょっと研いだだけでも切れ味をある程度取り戻すことが出来ます。
    和包丁は研ぎにテクニックが要りますが、刃こぼれなども修繕し長く使う事が出来ます。
    研ぎに自信のない、テクニックのない人にはセラミック包丁やステンレス包丁など安価な物が使いやすいです。
    和包丁を使いこなせていなかったから、安価な物が便利に感じたのでは?

    どちらが優れているかは今の製造レベルですと難しい話ですが、物言いに気を付けた方が良かったのでは?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >高価な包丁は不要さん

    関孫六 4000ST
    藤次郎のDP霞流し割込
    と記載したのですが。
    これってアマゾンで見ることができますよ。
    どちらも固定商品で、カローラやサニーのような大雑把なものではありませんから。
    ネット検索の仕方まではちょっと面倒なのでパソコン教室でお勉強くださいね。

    どちらもいま手元にある包丁です。実際に使ってみた感想なので、残念ながらあなたが気の毒に思う筋合いのものではないです。お話のレベル以前の問題であなたがお話になりません。ごめんなさい。

    「高価な包丁は不要」という名がまずは反感を買っている気がします。
    先に述べましたが、包丁を選ぶ基準は人それぞれで、使う環境や好み・予算で違うということをお話ししたかったのですが、上手く伝わらず残念です。

    とにかくどのメーカーも開発費を掛け、満を持して売っています。
    同レベルのグレードや材質で比べなければ意味がありません。

    ググって調べれば分かる情報とはいえ、メーカー名を挙げて比較するなら、その包丁のスペックも詳細を記すべきかと思います。
    トピに返答するためにわざわざトピ内容をスマホで調べるのが面倒と思うのは私だけでしょうか・・

    例えば、魚や肉を数十キロ単位で解体したことがありますか?
    そういう単位で切りものをして初めて同じスペックでもメーカーの違いを感じます。
    それでも優劣ではありません、あくまでも好みです。

    包丁をメーカーで語るならそのくらいのスキルは必要です。
    そういうスキルがきっとこの人には無いのだろうな~と思わせるレベルに感じるからそれを見た人がイラッと来るのではないでしょうか。

    ご自身の傲慢さを早く気づかれると、包丁の良し悪しも違う視点で見つめ直せるかもですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 結局は、、、

    銘柄、値段とか関係無く、、、
    結局は、自分が気に入れば、それが自分にとって最高の包丁だと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • そのとおりだと思います

    実はとても研ぐのは下手だと自覚しています。角度を一定にするのに四苦八苦し、両刃で裏返して研ぐときに表と同じように砥げず大変苦労しています。しかし、こんな私でも、砥げば切れるようになっています。
    もともと安物しか買いませんので、基本は貝印の関孫六です。4000ST、5000CLなどです。他には「虎徹」と銘のある千円程度の割り込み包丁とか、有名になる前の熊本の盛高(青紙スーパー)、木屋の#2などを持っています。だから、ステンも、鋼もあります。
    砥石はキングです。ネットではシャプトンだとか天然だとか「よいもの」談義が絶えませんが、安物買いの私は、一~二千円程度の番手の異なるキングを買って使っています。
    高い包丁は持っていないので私から発言はできません。
    また、ステンがよいか鋼がよいか、それは使用条件などを加味したところでの考え方次第だと思います。
    しかし、「高価な包丁は不要」さんがおっしゃる通り、砥げば切れる。これは間違いないことと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する