現在の発言数478,301件!

お菓子の基礎が詰まったお菓子ってありますか?

お菓子作り初級者なので基礎から学びたいのですがどうゆうのがいいとかがわかりません、、
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言5件 (全5件)

  • クッキーやパウンドケーキは難易度が低いですが、混ぜ方も色々学べますし、材料の扱いも身につきます。
    先ずはそこから始めてみては?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お習字だと「氷」という字が基礎が詰まった練習文字になりますが
    お菓子で「これさえ作っていれば基礎が習得できる」というのは無いような〜〜〜
    をあえて言うなら難易度が高ければ高いほど基礎が詰まったお菓子と言えると思います。

    例えば、何層にもなったムースタルト。
    タルト、スポンジ、ムース、ゼリー、これらの基礎ができないと完成しません。
    習字の「氷」は、沢山書いて失敗しても紙のムダになるだけですが
    お菓子作りは失敗したら材料費がハンパないのでダメージ大きいです。悲しくて自信なくします。

    シンプルなお菓子を一通り作ることの方が製菓の基礎を積み上げることになりますし
    成功しやすいので、作れた嬉しさが自信がつながると思います。

    先の回答にあるように、クッキーやパウンドケーキもそうですが
    ゼリー→ゼラチンの扱いの練習になる
    プリン→蒸し焼きの練習になる
    メレンゲクッキー→ケーキの基本となるメレンゲの練習になる
    ハートのチョコ→テンパリングの練習

    といった感じで、アレンジしていない、シンプルなお菓子全般が題材だと思います。

    まずは、スレ主さんが、今何を作りたいか、だと思いますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 「氷」じゃなくて「永」ですね。(書道の世界では「永字八法(えいじはっぽう)」と言います。)

    個人的には、ノンノの「お菓子ブック」というのを若い頃に買って、それを随分長い事使ってきました。基礎と言っても、お菓子の種類によって、いろいろな技術があるので、一つのお菓子で…というのはないと思います。

    焼き菓子一つでも、バターを使うか使わないかで準備も扱いも違います。膨張剤(ベーキングパウダーなど)を使うものと、卵の力で膨らませるものにも、違いがあります。それぞれに特徴やコツがあるので、百科事典みたいな本を買って読むのが初心者には一番いいでしょう。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >おしいさん

    「氷」じゃなくて「永」ですね。(書道の世界では「永字八法(えいじはっぽう)」と言います。)

    個人的には、ノンノの「お菓子ブック」というのを若い頃に買って、それを随分長い事使ってきました。基礎と言っても、お菓子の種類によって、いろいろな技術があるので、一つのお菓子で…というのはないと思います。

    焼き菓子一つでも、バターを使うか使わないかで準備も扱いも違います。膨張剤(ベーキングパウダーなど)を使うものと、卵の力で膨らませるものにも、違いがあります。それぞれに特徴やコツがあるので、百科事典みたいな本を買って読むのが初心者には一番いいでしょう。

    お恥ずかしい(恥)訂正ありがとうございます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 初心者向けのお菓子のレシピブックを買って
    食べたいものから順に作ってみるのがいいと思います

    COOKPADはいい加減なレシピもあるし、初心者むけ上級者むけの区別がないので。

    あとは材料を代用とかせず、きちんと揃えること
    レシピの手順を良く読んで、省略したり適当にしたりせずきちんと守ること

    初心者さんにはこういうのが大事だと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する