現在の発言数478,827件!

海外大学について

現在海外大学を考えています。
コミカレ、4年制大学…将来、子供達に英語を教えたり、東京オリンピックでのボランティアなど考え、ホスピタリティ系の勉強をしたいです。
自分なりに資料を集めたり、先生に質問したりしています。
アメリカ、カナダ、北欧、マレーシア…
学費や生活費など含め、悩みに悩んでいます。
ご経験された方、こんなこと知ってるよ。
この国お勧め。など
細かく教えて下さいm(__)m
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全26件)

  • 少しでも間口を広げて多くの意見を求めたいと質問されているのだと思います。
    資料も集めておられるとの事ですし。
    教育のプロだけではなく 経験者の生の声を聞きたいと書き込まれてるのかなと思います。冷たく突き放さないであげて欲しいです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 50代様。
    有難う御座いますm(__)m!
    私の母も一生懸命慣れないパソコンに向かい
    情報を集めたり沢山のエージェントに連絡して話を聞いてくれています。50代様が仰る通り
    少しでも間口を、広げて参考に出来ればと思っておりますm(__)m

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 35歳で社会人として米国大学に留学しました。経済的には貯金などで生活しましたが、少しでも経済的にしたい場合は、コミカレから4年大に編入する方が多少ですが安上がりです。
    また、生活費が高い街と低い街とあるので、例えば、コミカレは生活費が安い街で暮らし、そのあとの4年大は、生活費に関わらず、学びたいことの学部がある大学がある街へ行く、というのもありだと思います。
    個人暮らしのアパートより、シェアハウスのほうが、生活費は半額ほどで済みます。英語の勉強にもなります。私はアメリカ人8人と一つ屋根の下で生活し、ほとんどが若い男の子だったので、ご飯を作ったりして仲良く生活してましたよ。おかげで英語の上達も早かったですし、楽しい思い出が沢山できました。とはいえ、若いお嬢さんだと、そうはいかないかもしれませんね。

    経済的に過ごすという意味では、できるだけESLに長く居ない方がいいのですが、英語の修得度が低いと、それは避けられないので、せめて少しでも短期間にできるよう、日本に居る間に英語の勉強をしっかりしておくことが大切です。入学基準に一応スコアを提出しますが、実際には、コミカレ独自のPlacement Testというのがあって、そこで英語の修得度が足りないと判断された場合は、ESLからスタートせざるを得ません。ちなみに、数学のテストもありますが、日本の高校生レベルをパスできれば、卒業クレジットに換算されないクラスをとらなくても済みます。
    アメリカの大学には、基本的に外国人に対する大きな奨学金はありませんが、私が行ったコミカレには、成績優秀な外国人学生2名だけが年間学費免除を受けられました。あとは学部によって申し込める奨学金もありますが、理系が主です。やりたい事を伺った感じでは、ホスピタリティというより、International Relationshipあたりがいいかもしれませんね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 参考になれば

    こんばんは。
    海外の高校を中退し、帰国後インターナショナルスクールに通っていたものです。
    まず、簡単に海外の大学へは行けません。TOEFL等のテストをご存じでしょうか?だいたいの大学はインターナショナルスチューデントは何点以上とらないと入学さえもさせてはもらえません。その点数はまちまちですが、かなり勉強しないと難しいのが現状です。更に、GPA何点以上を定めているところもあります。

    アメリカの大学ならアメリカバージョンのGoogleを使い英語で調べるとたくさん情報が出てくると思います。
    私もかつて海外に進学したいと思い必死に調べていたことがあります。
    わかると思いますが、生活費はどの都市に行きたいか消費税はいくらかでもだいぶ変わってきます。都心部に行く方が生活費は当然高くなります。その分便利なのが利点です。
    EU加盟国は国によって定められたいくらかのお金を払えばインターナショナルスチューデントにも安い学費で有名ですね。代表格がドイツです。study abroad for free countryと調べたら出てくる。

    応援しています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >Mooming65さん

    35歳で社会人として米国大学に留学しました。経済的には貯金などで生活しましたが、少しでも経済的にしたい場合は、コミカレから4年大に編入する方が多少ですが安上がりです。
    また、生活費が高い街と低い街とあるので、例えば、コミカレは生活費が安い街で暮らし、そのあとの4年大は、生活費に関わらず、学びたいことの学部がある大学がある街へ行く、というのもありだと思います。
    個人暮らしのアパートより、シェアハウスのほうが、生活費は半額ほどで済みます。英語の勉強にもなります。私はアメリカ人8人と一つ屋根の下で生活し、ほとんどが若い男の子だったので、ご飯を作ったりして仲良く生活してましたよ。おかげで英語の上達も早かったですし、楽しい思い出が沢山できました。とはいえ、若いお嬢さんだと、そうはいかないかもしれませんね。

    経済的に過ごすという意味では、できるだけESLに長く居ない方がいいのですが、英語の修得度が低いと、それは避けられないので、せめて少しでも短期間にできるよう、日本に居る間に英語の勉強をしっかりしておくことが大切です。入学基準に一応スコアを提出しますが、実際には、コミカレ独自のPlacement Testというのがあって、そこで英語の修得度が足りないと判断された場合は、ESLからスタートせざるを得ません。ちなみに、数学のテストもありますが、日本の高校生レベルをパスできれば、卒業クレジットに換算されないクラスをとらなくても済みます。
    アメリカの大学には、基本的に外国人に対する大きな奨学金はありませんが、私が行ったコミカレには、成績優秀な外国人学生2名だけが年間学費免除を受けられました。あとは学部によって申し込める奨学金もありますが、理系が主です。やりたい事を伺った感じでは、ホスピタリティというより、International Relationshipあたりがいいかもしれませんね。

    体験談、お聞かせ下さり有難う御座いますm(__)m調べて分かったのですがESLがかなり高額で驚いています。ESLとコミカレ2年で
    4年制に行けるのでは?とも思ってしまいます。
    英語のレベルにもよるのでしょうが…
    コミカレは結局高くなるとも…⁇
    自分の進路、学びたいものを一番に考えて
    次は、どの国がいいのか しっかり見極めていかないとと思っております。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >20代さん

    こんばんは。
    海外の高校を中退し、帰国後インターナショナルスクールに通っていたものです。
    まず、簡単に海外の大学へは行けません。TOEFL等のテストをご存じでしょうか?だいたいの大学はインターナショナルスチューデントは何点以上とらないと入学さえもさせてはもらえません。その点数はまちまちですが、かなり勉強しないと難しいのが現状です。更に、GPA何点以上を定めているところもあります。

    アメリカの大学ならアメリカバージョンのGoogleを使い英語で調べるとたくさん情報が出てくると思います。
    私もかつて海外に進学したいと思い必死に調べていたことがあります。
    わかると思いますが、生活費はどの都市に行きたいか消費税はいくらかでもだいぶ変わってきます。都心部に行く方が生活費は当然高くなります。その分便利なのが利点です。
    EU加盟国は国によって定められたいくらかのお金を払えばインターナショナルスチューデントにも安い学費で有名ですね。代表格がドイツです。study abroad for free countryと調べたら出てくる。

    応援しています。

    お返事有難う御座いますm(__)m
    確かに、甘くないであろうというのは
    わかっているつもりですが、実際の経験はこれからであり、楽しいことより辛い事の方が多いのだと今から叩き込んではいます…
    ドイツやスウェーデンなど学費は抑えられるが
    生活費が高いなど目にします。
    まだTOEICしか受けてないので今年はTOEFL
    75点、最低でも頑張って取ろうと思っております。準備期間が少ない分、必死で努力し
    ギリギリまで情報収集し、後悔のないように
    進めていければと思います。
    ご意見有難う御座いましたm(__)m

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 大学を終えたあと、日本に帰って海外経験を生かすことを目的とするか、そのまま海外で日本人として活躍したいかによっても進路は変わると思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >2020さん

    体験談、お聞かせ下さり有難う御座いますm(__)m調べて分かったのですがESLがかなり高額で驚いています。ESLとコミカレ2年で
    4年制に行けるのでは?とも思ってしまいます。
    英語のレベルにもよるのでしょうが…
    コミカレは結局高くなるとも…⁇
    自分の進路、学びたいものを一番に考えて
    次は、どの国がいいのか しっかり見極めていかないとと思っております。

    ESLが高額というよりも、International Studentの学費がResidentより高いということですね。例えば、私が通った州立のコミカレのレートは現在、レジデント(州の住人)は1単位100ドルくらいですが、外国人学生は280ドルです。外国人学生は、学生ビザの関係で、1学期に12単位を履修、合格(Fを取ってはいけない)しないといけません。12単位の学費は約3000ドルです。
    ESLの場合も12単位の履修は必須です。しかしながら、ここで取得した単位は、卒業単位に含まれませんから、ESLで使う学費とその間の生活費がかかればかかるほど、留学費用を圧迫します。
    それを踏まえて、英語の習得を念入りにしておくことが大事です。
    私の留学生仲間でインドネシアからの学生は、大変優秀な子で、1学期に25単位を履修し、全てでAを取っていました。そして、2年かかるはずのコミカレを1年で卒業し、4年大学へ編入し、そこも1年半で卒業しました。生活費を節約するために必死だったそうですが、そんな中でも学生生活を楽しんでいましたから、節約の方法はいろいろあると思います。
    いろいろ調べながら、英語の上達も頑張ってください。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 豪州の大学に留学・卒業しました。アメリカにしなかった理由は、学費が幾分安かった事と、アメリカと違い、学生ビザでも週20時間のアルバイトが認められているのである程度自分でお金を稼ぐ事が出来るためです。シドニーやメルボルンなどの大都市は家賃が高いですが、アデレードやブリズベンなどの少し田舎の地域になると、生活費は大分安くなるみたいですよ。私は、オーストラリアお勧めします。オーストラリア人はアメリカに比べるとゆったり気質で親切なので(勿論、全員とは言いませんが)、勉強以外のストレスは大分軽減するのではないかと思います。

    私も高校の時に海外留学したくて、資料請求しまくって情報集めていました。
    夢に向かって進むのって怖いしドキドキだし楽しみだし・・・で、色んな気持ちが混じっていると思いますが、頑張ってくださいね!どんな経験も(辛くて泣いたり、怒ったりでさえ)、それを味わえただけで儲けモン!って思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >Mooming65さん

    ESLが高額というよりも、International Studentの学費がResidentより高いということですね。例えば、私が通った州立のコミカレのレートは現在、レジデント(州の住人)は1単位100ドルくらいですが、外国人学生は280ドルです。外国人学生は、学生ビザの関係で、1学期に12単位を履修、合格(Fを取ってはいけない)しないといけません。12単位の学費は約3000ドルです。
    ESLの場合も12単位の履修は必須です。しかしながら、ここで取得した単位は、卒業単位に含まれませんから、ESLで使う学費とその間の生活費がかかればかかるほど、留学費用を圧迫します。
    それを踏まえて、英語の習得を念入りにしておくことが大事です。
    私の留学生仲間でインドネシアからの学生は、大変優秀な子で、1学期に25単位を履修し、全てでAを取っていました。そして、2年かかるはずのコミカレを1年で卒業し、4年大学へ編入し、そこも1年半で卒業しました。生活費を節約するために必死だったそうですが、そんな中でも学生生活を楽しんでいましたから、節約の方法はいろいろあると思います。
    いろいろ調べながら、英語の上達も頑張ってください。

    確かにESLの期間が長くなる程、全てにおいて
    加算されて結果、高額になってしまいます。
    インドネシアの方、私から見たら本当に
    素晴らしいと思います。
    その時の努力など大変な日々を送られていた事と思います。今はきっと目指しておられた夢が現実となっているでしょうね!
    私も頑張らなくては!

    有難う御座いましたm(__)m

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >Sachiさん

    豪州の大学に留学・卒業しました。アメリカにしなかった理由は、学費が幾分安かった事と、アメリカと違い、学生ビザでも週20時間のアルバイトが認められているのである程度自分でお金を稼ぐ事が出来るためです。シドニーやメルボルンなどの大都市は家賃が高いですが、アデレードやブリズベンなどの少し田舎の地域になると、生活費は大分安くなるみたいですよ。私は、オーストラリアお勧めします。オーストラリア人はアメリカに比べるとゆったり気質で親切なので(勿論、全員とは言いませんが)、勉強以外のストレスは大分軽減するのではないかと思います。

    私も高校の時に海外留学したくて、資料請求しまくって情報集めていました。
    夢に向かって進むのって怖いしドキドキだし楽しみだし・・・で、色んな気持ちが混じっていると思いますが、頑張ってくださいね!どんな経験も(辛くて泣いたり、怒ったりでさえ)、それを味わえただけで儲けモン!って思います。

    オーストラリア、学びながらバイトも出来ると
    資料やエージェントとの方とお話しして
    魅力を感じています。
    両立は大変なのでしようね…
    でも、仕事しながら実践で学べるという事は
    英語力も身につくのではないかと考えています。
    両親は、辛いことはあるし、しんどいけど
    絶対絶対、それが自分にとってプラスになるから!と応援してくれています。

    経験談お話し有難う御座いましたm(__)m

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >Sachiさん

    豪州の大学に留学・卒業しました。アメリカにしなかった理由は、学費が幾分安かった事と、アメリカと違い、学生ビザでも週20時間のアルバイトが認められているのである程度自分でお金を稼ぐ事が出来るためです。シドニーやメルボルンなどの大都市は家賃が高いですが、アデレードやブリズベンなどの少し田舎の地域になると、生活費は大分安くなるみたいですよ。私は、オーストラリアお勧めします。オーストラリア人はアメリカに比べるとゆったり気質で親切なので(勿論、全員とは言いませんが)、勉強以外のストレスは大分軽減するのではないかと思います。

    私も高校の時に海外留学したくて、資料請求しまくって情報集めていました。
    夢に向かって進むのって怖いしドキドキだし楽しみだし・・・で、色んな気持ちが混じっていると思いますが、頑張ってくださいね!どんな経験も(辛くて泣いたり、怒ったりでさえ)、それを味わえただけで儲けモン!って思います。

    何度もすいません。
    オーストラリア大学卒業された今、
    やはり英語をいかしたお仕事されているのでしょうか⁇

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 4年ほど前にオーストラリアの大学を卒業しました。修士課程なので2年くらいです。

    豪州は英国圏なので、IELTSという英語検定で一定以上の成績を取る必要があります。大学のレベルにもよりますが、学士過程なら6.0くらいだったかと。TOEFLより難しいと言われてるので、シェーンなどの英国系の英語学校に行って日本で取るか、現地の英語学校で大学進学コースに行ってcertificateを取るかすれば入学資格を取れます。ここををどのくらいでパスできるかでも費用面が変わってきますよ。私の友人は5.0から6.5まで上げるのに2年がかりでした。

    豪州は近年物価が急上昇しているので、シドニーやメルボルンなどは避けたほうが無難かなと思います。ただ、バイトや就職のチャンスが増えるのもシドニーやメルボルンではあるんですけどね…。そこが難しいところです。

    勉強する環境はいいですし、サポート体制もしっかりしてます。東日本大震災時には、日本人学生へ心理カウンセラーがついてケアしてくれました。学生向けの健康保険もあります。

    日本での就職については、私は社会人留学だったので何とも言えません。もともと英語を使う外資系の会社勤めでしたし…ただ、私が就活した限りの外資系会社では、豪州大学より英米大学のほうが評価されるようでした。どうも豪州は田舎という感覚があるみたいですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >2020さん

    何度もすいません。
    オーストラリア大学卒業された今、
    やはり英語をいかしたお仕事されているのでしょうか⁇

    そうです。卒業した学部とは全然関係ないのですが(苦笑)会社は外資系で、英語を毎日使って、上司も同僚も外国人、っていう環境です。でも、もし、今大学留学を再度やり直すとしたら、仕事に繋がる学科を専攻しますね。会計でも教育でもITでも、専門性の高いものを。私は文系のものすごーく潰しの利かない学科を取ってしまったので、日本で履歴書に書けるセールスポイントが「英語」のみになってしまうんですよね。
    専門知識+英語が、一番強いです。学科選び、是非こだわってみて下さいね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >つくさん

    4年ほど前にオーストラリアの大学を卒業しました。修士課程なので2年くらいです。

    豪州は英国圏なので、IELTSという英語検定で一定以上の成績を取る必要があります。大学のレベルにもよりますが、学士過程なら6.0くらいだったかと。TOEFLより難しいと言われてるので、シェーンなどの英国系の英語学校に行って日本で取るか、現地の英語学校で大学進学コースに行ってcertificateを取るかすれば入学資格を取れます。ここををどのくらいでパスできるかでも費用面が変わってきますよ。私の友人は5.0から6.5まで上げるのに2年がかりでした。

    豪州は近年物価が急上昇しているので、シドニーやメルボルンなどは避けたほうが無難かなと思います。ただ、バイトや就職のチャンスが増えるのもシドニーやメルボルンではあるんですけどね…。そこが難しいところです。

    勉強する環境はいいですし、サポート体制もしっかりしてます。東日本大震災時には、日本人学生へ心理カウンセラーがついてケアしてくれました。学生向けの健康保険もあります。

    日本での就職については、私は社会人留学だったので何とも言えません。もともと英語を使う外資系の会社勤めでしたし…ただ、私が就活した限りの外資系会社では、豪州大学より英米大学のほうが評価されるようでした。どうも豪州は田舎という感覚があるみたいですね。

    どのエージェントにも言われたのですが
    やはりオーストラリアは治安の面でも
    は日本人にどのとっては良い国なのですね。進学の前の資格も必須で、かなりハードルも高いのですね。
    学ぶ事に終わりはないですね。

    有難う御座いますm(__)m!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >Sachiさん

    そうです。卒業した学部とは全然関係ないのですが(苦笑)会社は外資系で、英語を毎日使って、上司も同僚も外国人、っていう環境です。でも、もし、今大学留学を再度やり直すとしたら、仕事に繋がる学科を専攻しますね。会計でも教育でもITでも、専門性の高いものを。私は文系のものすごーく潰しの利かない学科を取ってしまったので、日本で履歴書に書けるセールスポイントが「英語」のみになってしまうんですよね。
    専門知識+英語が、一番強いです。学科選び、是非こだわってみて下さいね。

    sachiさんの、文章読んでドキッとしました。
    私は、まさに文系です。
    でも、sachiさんは外資系のお仕事されてるなんて凄いです!毎日、英語が飛び交う中の
    お仕事、とても憧れます!
    沢山のためになるお話し教えて下さり有難う御座いますm(__)m!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 最後に。。
    ホスピタリティ系の勉強をすると、将来それが役立つ職種は、ホテル勤務や観光に関わる会社(県の観光振興推進部門とかでもいけるかも?)だと思います。ホスピタリティ系の仕事は結構ハードだとは思いますが、英語+ホスピタリティの学歴があれば、ホテルなどで仕事を見つけるのは難しくないと思います。

    英語を子供達に教える・・というのは、正直な所、長年留学して大学で学んだ人間なら、英語塾などではすぐ働けます。なので、そこを初めから目指す必要はないと思います。英語教師という職が簡単だという訳では決してありませんよ。子供向けならば、尚更工夫も必要で大変なお仕事だと思います(私も塾で英語を教えています)。ただ、収入はやはりそんなに期待出来ないというのが本当の所かなと思います。せっかく海外大学に留学したならば、やはりある程度の収入を得られる職を目指してみて、選択肢がある中で、やっぱり子供と触れ合う事、教えるのが大好き!収入は気にしない!という決断をしたなら、それを選べばいいと思います。卒業時に、選択肢が沢山あるような状態になればベストですよね!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >Sachiさん

    最後に。。
    ホスピタリティ系の勉強をすると、将来それが役立つ職種は、ホテル勤務や観光に関わる会社(県の観光振興推進部門とかでもいけるかも?)だと思います。ホスピタリティ系の仕事は結構ハードだとは思いますが、英語+ホスピタリティの学歴があれば、ホテルなどで仕事を見つけるのは難しくないと思います。

    英語を子供達に教える・・というのは、正直な所、長年留学して大学で学んだ人間なら、英語塾などではすぐ働けます。なので、そこを初めから目指す必要はないと思います。英語教師という職が簡単だという訳では決してありませんよ。子供向けならば、尚更工夫も必要で大変なお仕事だと思います(私も塾で英語を教えています)。ただ、収入はやはりそんなに期待出来ないというのが本当の所かなと思います。せっかく海外大学に留学したならば、やはりある程度の収入を得られる職を目指してみて、選択肢がある中で、やっぱり子供と触れ合う事、教えるのが大好き!収入は気にしない!という決断をしたなら、それを選べばいいと思います。卒業時に、選択肢が沢山あるような状態になればベストですよね!

    sachiさんのアドバイス、本当に的確で
    私の将来を見据えていらっしゃるんじゃないかと思うくらいビックリです!
    ハードなお仕事でも、将来自分にとって
    達成感が得れれば本当に素晴らしい事だと思います。
    その中でも人間関係や仕事内容で挫折する事もあるでしょうが、結果何十年後に
    やってて良かったと堂々と言える自分になっていたいです!
    お忙しい中、本当に有難う御座いましたm(__)m!

    ほの他、私にアドバイス下さった方々に感謝します!
    有難う御座いましたm(__)m!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • New Zealand

    カナダ、アメリカ、韓国、ニュージーランドと長期滞在しましたが、ニュージーランドがいちばんvisaが取りやすいのではないかと思います(visaがとれなければ住めませんから)。日本でもニュージーランドでも大学に通い卒業しましたが、日本の大学生よりうんと勉強させられます。本当に勉強のしすぎで死ぬんではないかと思ったくらいです。資金はあればあるだけ楽ですよ、勉強だけで十分ストレスがたまりますから。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 親に悪い お金がかかる 将来なにになるの?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
≪ 最新
‹ 前へ
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する