現在の発言数519,966件!

ココナッツオイルのお菓子

今までマフィン・焼き菓子を無塩マーガリンで作っていましたが、ココナッツオイルが
体に良いということで、無塩マーガリンをココナッツオイルに置き換えて作りたいと思っています。
分量は無塩マーガリンと同じでいいのか分かりません。
作るお菓子によって違うかもしれませんが、オイルの割合を教えてください。
ココナッツオイルを使ったお菓子を作った方で、バターやマーガリン、サラダ油等を使用した時と比較して、何か違うと感じたことがありましたら、教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言7件 (全7件)

  • 体に良いの?

    ココナッツオイルって体に良いんですか?
    シンガポールで売られている植物油、ヤシ(ココナッツ)油が一番安いです。
    人に聞いたところ、サフラワー、キャノーラ、大豆の方が健康に良いそうで
    確かにココナッツオイルの倍近い値段です。
    私は他の物をケチっても、健康のために油だけはいい物を使おうと思い、
    サフラワー、キャノーラ等を買っています。
    ココナッツオイルが体に良いなら、今後それに切り替えたいのですが、
    どのように良いか、教えて頂けませんか?
    (例)コレステロールが溜まらない、等…
    よろしくお願いします。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ヴァージンココナッツオイルは素晴らしい調理油です。

    無精製オイルのヴァージンココナッツオイルは、精製されたサフラワー、キャノーラ、大豆油よりも健康面で遥かに良いと言えます。 
    ヴァージンココナッツオイルは、トランス脂肪酸がゼロなので健康に良く、91%が飽和脂肪酸なので、酸化しにくく、品質が安定します。
    この中には、ラウリン酸(母乳成分の1つ)を含む中鎖飽和脂肪酸が60%占め、抗菌作用、抗酸化作用、抗真菌作用、免疫作用等だけでなく、他の油が体内を巡り体内に蓄積するのに対し、小腸から門脈を経由して肝臓に直行し、体内に蓄積しません。又、肝臓でケトン体が作られ、グルコースを受け付けなくなった栄養不足になった脳に、このケトン体が供給され、脳の機能が回復していき、アルツハイマー病改善に役立つことが知られるようになっています。但し、ヴァージンココナッツオイルは無精製の100%天然オイルなので、製法の違いで味、香り、色等が異なります。
     ご飯を炊く前にヴァージンココナッツオイルを足しますと、おいしいご飯ができます。トーストしたパン付けると美味しく食べられます。又、高温調理をしてもトランス脂肪酸を作らないので、177度ぐらいの調理も安全です。
     ヴァージンココナッツオイルの欠点は、比較的高価で、扱い方が温度で変わることです。日本の夏は水のようなサラサラした液体です。秋に季節が移り、摂氏24度よりも温度が下降すると白色に変化します、更に温度が下がると白い固体になります。これを液体に戻すには、容器に入れたままお湯の中に入れ、湯煎して摂氏24度以上の温度にすることで、元の液体のオイルに戻ります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • パーム油とココナッツオイルは同じものですか?

    以前、植物油の中で価格が安く加工食品に多用されているパーム油は、動物性油脂と共通の欠点があると、なにかで読んだような気がするのですが。それがなんだったか明確には思い出せないのですが、それ以来米油を使ったスナック菓子だと多少安心して購入しています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 教えて下さりありがとうございます

    とても詳しく教えて下さったので、シンガポールで普通に売っている
    ヤシ油とヴァージンココナッツオイルか別物だという事が分かりました。
    脳の機能回復にも良いという事なので、私も使ってみたいです。
    これでポケ防止になるのなら安いものです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 早速買ってきました

    スーパーのオイル売場にいったら
    Pure Coconut Oilというものがあったので、買いました。
    500mlで日本円に換算すると400円弱、インド製です。
    清水スタイルさんが教えて下さったバージンココナッツオイルと
    Pure Coconut Oilが同じかどうかは分かりませんが、
    30℃位の常温で、白っぽい、とろっとした状態の油でした。
    味は少しココナッツの風味がします。後味は悪くありません。
    お菓子に使うようでしたら、この風味が邪魔をする場合もありそうなので、
    クッキー等、ココナッツ入りのものに限定したほうが良いかもしれません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ココナッツオイルを置き換える分量。バター・マーガリンの代替に

    わたしはいつも、普通のレシピのバターなどの分量を
    そのままココナッツオイルの分量に置き換えて使っています。

    パウンドケーキやマフィンなど、
    よりしっとりさせたいときは110%〜120%に増やすと
    美味しくできますよ(^^)タルト生地にもオススメです。

    ただ、クッキーに使う場合、オーブンに入れたときに
    バターやマーガリンを使った生地より生地が流れやすいので
    つなぎや粉の分量を多くするなど工夫すると◎
    美味しいですよ〜!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 香りがでておいしかったです

    私もマフィンにバターやサラダ油の代わりにココナッツオイルを使いました。分量は同じで作りました。ココナッツの甘い香りがするのでお砂糖を少なくしてもおいしく頂けます☆ 全然問題なく膨らみますし、食感や味も代わりありません。まだプレーンとチョコチップでしかためしておりませんが、ココナッツのチップ(?)を入れるよりも香りは強くないのでなんでも合いそうです。私は牛乳の変わりにアーモンドミルク(牛乳と同量)にしています! だいぶ前の話題でしたが…。今更書き込んですみませんw これからココナッツオイル試す方や、減量中の方、ご参考にしていただけたら!!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する