現在の発言数519,736件!

野菜の料理したときの栄養吸収率について

こんにちは!
野菜の栄養、特にビタミン系は熱で壊れたりしますよね。
うちはお浸しがおおいのですが、特にホーレンソウなど。ビタミン系でお浸しにしては意味がなくなる野菜ってありますか?
もやしもビタミンCだし、キャベツやブロッコリーにもビタミンCは豊富ですが、お浸しにすると(ゆで野菜にしてしまうと)どうなのでしょうか?
また、貧血がひどいのですが、茹でたら鉄もなくなりますか??

ベータカロチンは油と一緒だといいのはしっています。
野菜は汁ごと食べるために汁物や鍋がいいのはわかりますが、ビタミンCは汁の加熱でこわれないのですか??

栄養をとるためのお浸しがただの食物繊維だったら残念だなと思い、投稿しました。
どなたかお願いします!
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言5件 (全5件)

  • スチーム

    私はほうれん草もブロッコリーもスチーマーに入れてレンジで蒸します。
    量が多いちぢみほうれん草などは、ステンレス多層鍋(我が家はクリステル鍋)で蒸します。お湯で茹でるより断然美味しいです。
    ほうれん草はアク抜きで水にさらす時間を短くしています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 美味しいから、おひたし食べていました…。

    もちろん栄養価が高い方が嬉しいですが、身体に害があるということではないので、

    どのお野菜でも、美味しい、好き、なら使っちゃいます。

    主さんのトピに対しての返事になっていなくて、ごめんなさい。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • こんにちは。
    ビタミンA、D、E、Kは脂溶性ビタミン。
    それ以外は水溶性ビタミンになります。
    脂溶性ビタミンは油と一緒に摂取することで吸収を助けます。
    水溶性は文字通り水に溶けるということで、スープなどの
    汁ごといただくのが良いわけです。

    鉄は調理法云々よりも、非常に吸収しにくい栄養素であるので
    ビタミンCによって吸収率を上げることができます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 新しい食品成分表

    2016年に改訂発行される食品成分表は素材だけでなく、調理済みや調理過程(生、ゆでたもの、炒めたもの、料理 etc.)などの成分まで書いてあるそうですよ。一度ご覧になっては…。
    改訂点が発表されましたが、一般販売はそろそろかな…というところだと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 考え過ぎてませんか?

    食物繊維も大事です!
    あれこれ考えてたら、美味しく食べられませんよ(笑)
    いろんな調理法 料理を、満遍なく食べたら良いだけで、偏る事は厳禁!
    それと、「旬」のモノが一番栄養価が高いです!
    しっかり食べてくださいね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する