現在の発言数520,847件!

ご家族に自衛官がいらっしゃる方

安保が可決されてしまいましたね。戦争なんて誰も望んでなにのに。これでまた税金が上がるし、平和が削られる。アメリカがなんちゃらとか政治の複雑な取引なんて難しすぎて分かりません。

聞いてみたいこと。自衛官の家族がいる方、どんな気持ちでしょうか?
うちは息子が自衛隊です。結婚して子供もいます。
今後どんなことになるか、どういう活動をするかなどまったく分かりませんが、危険な任務が増えるんだろうなということだけは想像できます。災害救助などに行って心配するのとまったく違う不安。

息子も大人ですし、家庭も持ってる。本人次第で心配したってしょうがないけど、正直な気持ちは辞めてもいいんじゃないの?お国のために大切な子の命差し出したくない。
息子1人を事故で無くしていて余計に不安で心配です。

政治的なコメントはごめんなさい。自衛官のご家族がどんな思いでいるのかの意見でお願いします。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言10件 (全10件)

  • あのー戦争って、どことですか?

    「戦争を未然に防ぐための法律」と言ってますよね?

    戦争法案って、言われてますが、戦争法案とは、社民党と共産党が作った架空の法案2015年に閣議決定されたいわゆる「安全保障関連法案」の呼び名の一つである。

    安倍総理は近隣諸国が武力による挑発行為の抑止力に安保法案の強化を図っているだけで、戦争をするなんて言ってませんよ!

    あなたは、インターネットが出来るのですから、もっと勉強したらどうでしょうか?

    あと、デモをしている人の名前を検索して下さい!正体がわかりますよ!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >うさ子さん

    あのー戦争って、どことですか?

    「戦争を未然に防ぐための法律」と言ってますよね?

    戦争法案って、言われてますが、戦争法案とは、社民党と共産党が作った架空の法案2015年に閣議決定されたいわゆる「安全保障関連法案」の呼び名の一つである。

    安倍総理は近隣諸国が武力による挑発行為の抑止力に安保法案の強化を図っているだけで、戦争をするなんて言ってませんよ!

    あなたは、インターネットが出来るのですから、もっと勉強したらどうでしょうか?

    あと、デモをしている人の名前を検索して下さい!正体がわかりますよ!

    政治的なことじゃなくて家族に自衛隊のいる人の気持ち聞きたいって書いてありますよ!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 家族にはいませんが
    子供の友人は自衛官が複数います。
    その彼女彼らの母の気持ちは計りしれないです。私から話題を振る事はできないですから。
    政治的内容は主さんも望まれていないですが
    難しいからわからないからと人ごととして政治を遠くから眺めていた、もしくは見て来なかった、それが今の結果に繋がっているのかなと思います

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 身内に自衛隊員います。
    イラク戦争時、某国が目の前で攻め込まれ壊滅の危機に扮している時、現状の法律のせいで助けることも出来なかったそうです。あの時ほど心が痛んだことはないと言っていました。
    自衛隊員の家族ですから、安保法案に関わらずそれなりの覚悟を持ってその道を選んでいますし家族も冷静です。当人たちからすれば現実的な道なのです。
    自分の国を他国任せにして、その国の兵士が傷つくのを高みの見物して平和を維持するのがはたして正しいのでしょうか。
    間違った解釈や誇大表現で騒ぐだけの人たちには少々辟易しています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 息子さん自衛隊なんですね。私は安保法案賛成派なのですが、自衛官のお母様が心配されるお気持ちは分かります。じゃあ何で賛成なんだ、どうせ人ごとだろって怒られそうですが。安保法案が否決されたら、本当に平和を維持できるのか?私はそうではないと思うからです。

    日本に直接武力攻撃があった時だけ個別自衛権で守れば良い、と反対派の方は言いますが、今後アメリカに頼らない方向に進むなら、それこそ莫大な防衛費をかけない限り平和を維持するのは難しいと思います。
    集団的自衛権を持たないスイスは徴兵制で、一般家庭にも銃を置き、核シェルターがそこら中にあるそうです。今の日本で、同じレベルの防衛は現実的に考えて無理です。アメリカとの同盟を強化することが、今日本にできる一番現実的な防衛方法だと思うのです。

    実際、自衛官の方はどう思ってらっしゃるのでしょうか?知りたいです。機密事項もあるだろうし、立場上言えないこともあると思いますので、あまり現役自衛官の意見というのを聞いたことがないのですが、息子さん自身はどうお考えか話したことありますか?

    安保法案によって、アメリカの後方支援に行くのも自衛官ですが、安保法案に関わらず日本に武力攻撃があれば防衛するのは自衛官です。ならば、そのリスクをできるだけ減らすためにも、抑止力としてのアメリカとの同盟強化は必要なんじゃないかと思うのです。所属にもよるでしょうが、自衛隊の方こそ隣国の脅威を肌で感じているのはないんでしょうか?

    私も戦争反対です。自衛隊に戦争に参加してほしくありません。でも、100パーセント絶対戦争が起こらない方法は残念ながらまだ地球上にありません。ならばできるだけリスクを減らす方を選びたい、それが今は安保法案だと思うのです。

    答えになっていないのに長文すみませんでした。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • どの部隊に所属しているか分かりませんが、創立○○周年記念行事というのが、年1回あります。一般の方は、勿論、そこに所属する家族は、必ず足を運びます。
    あなたも行ってみて、そこで生の家族の声を聞いてみたらどうでしょうか?

    内容は、その部隊によって違いますが、日頃の訓練の成果を発表したりと国の為に様々な訓練をされているなあとすごく感じます。

    こちらでは、毎年10月に行事があります。駅から無料シャトルバスが出るくらいの混みようです。
    自衛官の家族は、給料を貰い生活しているので、掲示板での意見は言いづらいです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >うさ子さん

    あのー戦争って、どことですか?

    「戦争を未然に防ぐための法律」と言ってますよね?

    戦争法案って、言われてますが、戦争法案とは、社民党と共産党が作った架空の法案2015年に閣議決定されたいわゆる「安全保障関連法案」の呼び名の一つである。

    安倍総理は近隣諸国が武力による挑発行為の抑止力に安保法案の強化を図っているだけで、戦争をするなんて言ってませんよ!

    あなたは、インターネットが出来るのですから、もっと勉強したらどうでしょうか?

    あと、デモをしている人の名前を検索して下さい!正体がわかりますよ!

    突っ込みどころ満載の世間知らずで平和ボケした人だけど、とりあえず黙ろうか。

    わたしは昔付き合っていた彼が自衛官に入ったけど、家族が猛反対したそう。
    その時は安保の話が無かったけど、今はそれ以上に心配すると思う。

    辞めたと聞いてわたしはすごく安心しました。正直。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 友人の息子さんが自衛隊員です。

    次の選挙が待ち遠しいと言っていました。
    物事はもっともっと深く考えて欲しいと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 解ります

    解りますよ。

    私には息子が3人います。
    3人とも自衛官です。

    お茶ひみつさんが仰ってるのは
    政治的なお話ではなく
    一般論、親心のお話ですよね?

    どんなに心配でも
    我が子が選んだ道を親は見守るしかありません。

    私が常に心がけてることは
    基地(駐屯地)に戻る時(送り出す時)は
    必ず笑顔で見送ることです。

    これだけは、絶対に果たしたい
    そう思っています。

    3人いて 3人とも。。。ですよ?
    (ひとりだから、いいだろうと言う事ではありません)

    まさか、自分がこんな境遇の親になろうとは
    思いもしませんでした。

    心置きなく 仕事に邁進できるよう
    私たち親も 心強く生きていかなければなりませんね。

    お互い、頑張りましょうね^^

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 夫が自衛官

    こんにちは。
    夫が自衛官で、子供が二人おります。安保法案には大いに賛成です。夫たち自衛官自身の身を守る意味でも賛成です。
    結婚するとき、結婚後、毎日の生活、部隊の奥様との交流、様々なタイミングで夫の立場を考えることが多くあります。自衛官の妻であることを常に自覚し、夫が国のために動くことに誇りを感じますし、何かあった時は私が家族を守り抜く覚悟ができています。といいますかそれが家族や妻の務めです。
    命をかけて国を守る。それで仮に命を落としたとしても、私はいつでも現実を受け入れる覚悟をしております。
    夫自身が、自衛官としての使命に燃えているからこその考えです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する