現在の発言数520,527件!

喪服に付ける家紋について

今日は雨が降ったり、晴れたりの天気ですよね?
私が?・結婚する時に、実家の母から喪服と留袖を買い揃えてもらい、嫁ぎ先の家紋
ではなく、実家の家紋をつけてもらいました。
それから数十年たち娘が今度結婚することになり、旦那様になる方の御両親がお年を
おめしているので、娘に喪服セットを用意してあげました。
ところで。。。皆さん喪服の家紋は、実家の家紋?それとも結婚する相手(男性)の家紋?
皆さんどうなされていますか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言14件 (全14件)

  • ウチの地域は、実家の家紋で仕立てて、嫁ぎます。
    婚家のってとこもあるんでしょうね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 仕立てた家で

    うちの地域もある意味「実家の家紋で仕立てて嫁ぐ」なんですけど、これって「誰が準備をしたのか」をアピールするようになっているように感じています。

    婚家で仕立てるなら、婚家の家紋。
    嫁入り前に実家で仕立てるなら、実家の家紋。

    今の時代、家紋を気にする風潮は無くなってきていますが、「娘にそれだけの準備をしたしっかりした実家」であることに誇りを持っての「実家の家紋」という感じですね。
    ある意味、肩身の狭い嫁の立場に対しての実家のプライドのようなものを感じます。

    着付け講師の有資格者ではありますが、この辺は地域の話でしか知りません。
    実際、地域によって違うらしい。
    娘さんはお母さんのご実家の家紋を受け継ぐとか、お父さんの家の家紋でつくるとか、「通紋」という女性独自の紋にすることもあるかと思います。

    未来の旦那様の地域の常識と、照らし合わせてご検討されたほうが良いのかもしれません。
    でも義父母となる方の不幸事の準備となると聞きにくいかもしれませんね。

    理屈と筋が通っていれば、それで大丈夫かと思います。
    ちなみに、実家で作る場合、婚家の家紋をつけるというのは逆にあまり聞かないかも。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 思い出した^^;

    >ダイエットしなきゃさん

    うちの地域もある意味「実家の家紋で仕立てて嫁ぐ」なんですけど、これって「誰が準備をしたのか」をアピールするようになっているように感じています。

    婚家で仕立てるなら、婚家の家紋。
    嫁入り前に実家で仕立てるなら、実家の家紋。

    今の時代、家紋を気にする風潮は無くなってきていますが、「娘にそれだけの準備をしたしっかりした実家」であることに誇りを持っての「実家の家紋」という感じですね。
    ある意味、肩身の狭い嫁の立場に対しての実家のプライドのようなものを感じます。

    着付け講師の有資格者ではありますが、この辺は地域の話でしか知りません。
    実際、地域によって違うらしい。
    娘さんはお母さんのご実家の家紋を受け継ぐとか、お父さんの家の家紋でつくるとか、「通紋」という女性独自の紋にすることもあるかと思います。

    未来の旦那様の地域の常識と、照らし合わせてご検討されたほうが良いのかもしれません。
    でも義父母となる方の不幸事の準備となると聞きにくいかもしれませんね。

    理屈と筋が通っていれば、それで大丈夫かと思います。
    ちなみに、実家で作る場合、婚家の家紋をつけるというのは逆にあまり聞かないかも。

    結納金で着物を仕立てて持たせる場合など、婚家の紋を入れるなんてのがありますね。
    後、由緒正しき血族に嫁ぐ場合だと、やはり婚家の紋でなければ親族から非難されるなんてのもありますね。

    実家で婚家の家紋をつける例、ありました。
    適当な記憶情報で失礼しました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 女性の着物 に付ける紋は女紋といって母方の祖母→母親→娘…と女性側の血筋を表す紋だそうです。だから嫁ぎ先の紋と違ってても問題ないそうです。

    ただ私の周りでは桐の紋で無難に着物を仕立てるケースが多いです。

    紋を付けるなら、嫁ぎ先の紋よりご実家のお母様の着物(今回ならトピ主さん)の紋と揃える方が良いかも。
    実は、私が着物を仕立てたときに母方の家紋を付けようとして母に「葬儀の時に母娘でバラバラの紋はおかしいでしょ!」と母の着物の紋(桐)に揃えました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >マヨネさん

    ウチの地域は、実家の家紋で仕立てて、嫁ぎます。
    婚家のってとこもあるんでしょうね。

    おはようございます。
    やはり、結婚する前に用意しますから実家の家紋になりますよね~
    コメントありがとうございます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ダイエットしなきゃさん

    うちの地域もある意味「実家の家紋で仕立てて嫁ぐ」なんですけど、これって「誰が準備をしたのか」をアピールするようになっているように感じています。

    婚家で仕立てるなら、婚家の家紋。
    嫁入り前に実家で仕立てるなら、実家の家紋。

    今の時代、家紋を気にする風潮は無くなってきていますが、「娘にそれだけの準備をしたしっかりした実家」であることに誇りを持っての「実家の家紋」という感じですね。
    ある意味、肩身の狭い嫁の立場に対しての実家のプライドのようなものを感じます。

    着付け講師の有資格者ではありますが、この辺は地域の話でしか知りません。
    実際、地域によって違うらしい。
    娘さんはお母さんのご実家の家紋を受け継ぐとか、お父さんの家の家紋でつくるとか、「通紋」という女性独自の紋にすることもあるかと思います。

    未来の旦那様の地域の常識と、照らし合わせてご検討されたほうが良いのかもしれません。
    でも義父母となる方の不幸事の準備となると聞きにくいかもしれませんね。

    理屈と筋が通っていれば、それで大丈夫かと思います。
    ちなみに、実家で作る場合、婚家の家紋をつけるというのは逆にあまり聞かないかも。

    実際、地域によって違うらしい、そう思います。
    若い人達は、あまり着物を着ないから、成人式の着物しか持っていないと思いますね。
    「義父母となる方の不幸事の準備」ここだけの話であって、お口にはけしてだしませんよ
    私としては、冠婚葬祭を頭に入れて喪服セットと色紋付セットですよ。
    娘に言われましたね「そんなに、お値段するの?私現金の方がいい」ですって、大笑い
    でしたね。
    未来の旦那様の地域の常識と照らし合わせて検討してみたいと思います。
    ありがとうございました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 女紋です

    母の紋です
    母は、その母の紋
    女だけに、ずっと引き継がれてるもんですので、嫁ぎ先とも、実家とも違います
    でも、結婚するとき作ってくれた、紋付きの着物、一回もきたことありません
    いま、着ようとしたら、巾が悲しいことになります

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >トパーズさん

    女性の着物 に付ける紋は女紋といって母方の祖母→母親→娘…と女性側の血筋を表す紋だそうです。だから嫁ぎ先の紋と違ってても問題ないそうです。

    ただ私の周りでは桐の紋で無難に着物を仕立てるケースが多いです。

    紋を付けるなら、嫁ぎ先の紋よりご実家のお母様の着物(今回ならトピ主さん)の紋と揃える方が良いかも。
    実は、私が着物を仕立てたときに母方の家紋を付けようとして母に「葬儀の時に母娘でバラバラの紋はおかしいでしょ!」と母の着物の紋(桐)に揃えました。

    お返事ありがとうございます。
    私も、私の姉妹もみんな自分の母と同じ紋です
    祖母⇒母⇒私⇒娘です
    「家紋」と「女紋」って違うものですか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >あやママ・さん

    お返事ありがとうございます。
    私も、私の姉妹もみんな自分の母と同じ紋です
    祖母⇒母⇒私⇒娘です
    「家紋」と「女紋」って違うものですか?

    私も大学時代に授業で少し習っただけなので…。

    女紋は母系の紋で個人の紋ということになるので独身だろうが、結婚、離婚しようが使えるので絶える事なく一部の地域で使われ続けてるのではとおもってます。

    喪服も含めて、最近は仕立てずレンタルで済まそうとする人も多い(従兄弟嫁が黒留袖すら持ってきませんでした)ですね。
    私は着物が好きなのと主人の実家が田舎で事業をしてるので冠婚葬祭を含め着物が必要なので一通り揃えました。色無地は実家が結婚後に絽も追加で作ってくれました。
    一揃えはそれなりの金額…トピ主さまの娘さんに揃えようとされてるのを読んで、すごいなぁ私もいずれ娘にしてあげなきゃと思っちゃいます。

    色無地は葬儀だけでなく、親戚の結婚式、子供のお宮参りや入学式、卒業式に着れます。気になるのでしたら、色無地を仕立てるのでと念のためにお姑さんの紋だけ確認してみては?


    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >トパーズさん

    私も大学時代に授業で少し習っただけなので…。

    女紋は母系の紋で個人の紋ということになるので独身だろうが、結婚、離婚しようが使えるので絶える事なく一部の地域で使われ続けてるのではとおもってます。

    喪服も含めて、最近は仕立てずレンタルで済まそうとする人も多い(従兄弟嫁が黒留袖すら持ってきませんでした)ですね。
    私は着物が好きなのと主人の実家が田舎で事業をしてるので冠婚葬祭を含め着物が必要なので一通り揃えました。色無地は実家が結婚後に絽も追加で作ってくれました。
    一揃えはそれなりの金額…トピ主さまの娘さんに揃えようとされてるのを読んで、すごいなぁ私もいずれ娘にしてあげなきゃと思っちゃいます。

    色無地は葬儀だけでなく、親戚の結婚式、子供のお宮参りや入学式、卒業式に着れます。気になるのでしたら、色無地を仕立てるのでと念のためにお姑さんの紋だけ確認してみては?


    お返事ありがとうございます。
    色無地で仕立てて、一つ紋を入れると、入学式とか卒業式にきれますが、喪服にすると
    紋が3個入りますよね。(一個の紋だけだと喪服として、着れないのかな)
    紋をどれにきめるのか娘に任せてみようかなと、思いました。




    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >あやママ・さん

    お返事ありがとうございます。
    色無地で仕立てて、一つ紋を入れると、入学式とか卒業式にきれますが、喪服にすると
    紋が3個入りますよね。(一個の紋だけだと喪服として、着れないのかな)
    紋をどれにきめるのか娘に任せてみようかなと、思いました。




    喪服は第一礼装なので染め抜きの5つ紋です。
    色無地は通常1つ紋で縫い紋の場合もあります。
    1つ紋、3つ紋だと略礼装や準礼装となりますが、色喪服になさるなら白無地を地味な色に染めてもらい、1つ紋の染め紋にしてもらうといいでしょう。
    色喪服もご自分のお身内の法事にお召になるとしたら3回忌以降ですね。
    また地味な色なので、30代でお召しになるだろう入学式・七五三等には映えないかもしれませんが、帯や重ね襟で華やかさは出せます。

    聞いたところでは入学式・卒業式は洋装の場合が多いとか。
    着物離れが進んでいるようで悲しい限りです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ハピネスさん

    母の紋です
    母は、その母の紋
    女だけに、ずっと引き継がれてるもんですので、嫁ぎ先とも、実家とも違います
    でも、結婚するとき作ってくれた、紋付きの着物、一回もきたことありません
    いま、着ようとしたら、巾が悲しいことになります

    ハピネスさんの文章を何度も繰り返し読んでましたら、記憶がよみがえりました。
    実は私の父が早く亡くなり、お葬式の日に母と私達娘が喪服を着ました、午後から納骨で
    その時、お墓の家紋と母が着ていた喪服のもん紋が違うよねのお話しがでて、「母の祖母の代からの紋だよ」の話だったような気がします。
    ハピネスさん正しい回答ありがとうございます。

    (留袖)紋付きの着物は、一度も袖を通してないんですか?もったいないですよね。
    仕立ては、その時の体けいに合わせて作りますもんね。。。私も人のことは、言えませんが(笑う)でも自分の子供の結納とか結婚式の時とかは?あーごめんなさい。
    姉妹の子供の結婚式は必ず留袖を着ますよね?
    子供の入学式、卒業式は、一つ紋ですよね。その紋は、何をつけてますか?刺繍で?
    色留袖は、金色とか銀色で三つ紋がつきますよね?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ichimaiさん

    喪服は第一礼装なので染め抜きの5つ紋です。
    色無地は通常1つ紋で縫い紋の場合もあります。
    1つ紋、3つ紋だと略礼装や準礼装となりますが、色喪服になさるなら白無地を地味な色に染めてもらい、1つ紋の染め紋にしてもらうといいでしょう。
    色喪服もご自分のお身内の法事にお召になるとしたら3回忌以降ですね。
    また地味な色なので、30代でお召しになるだろう入学式・七五三等には映えないかもしれませんが、帯や重ね襟で華やかさは出せます。

    聞いたところでは入学式・卒業式は洋装の場合が多いとか。
    着物離れが進んでいるようで悲しい限りです。

    お返事ありがとうございます。
    今の若い世代の入学式、卒業式に着物を着る人は、クラスに1人か2人しかいないって
    お話しですね、残念なことですよね。

    喪服は染め抜の五つ紋ですか。「そうなんですか」
    皆さんの喪服を見てますと三つ紋にしか見えませんが?
    一つ紋は、結婚式のお呼ばれに着れますか?皆さん着ないよと言いますが。

    留袖(色紋つき)でしたら兄弟姉妹の結婚式なら着れるけど、御呼ばれは、難しいかな?
    結婚式のお呼ばれの時は、振り袖の袖を直せば着られるかしら?
    着物は安いお買い物ではないので、何とか知恵をしぼり再利用法も考えてました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >あやママ・さん

    お返事ありがとうございます。
    今の若い世代の入学式、卒業式に着物を着る人は、クラスに1人か2人しかいないって
    お話しですね、残念なことですよね。

    喪服は染め抜の五つ紋ですか。「そうなんですか」
    皆さんの喪服を見てますと三つ紋にしか見えませんが?
    一つ紋は、結婚式のお呼ばれに着れますか?皆さん着ないよと言いますが。

    留袖(色紋つき)でしたら兄弟姉妹の結婚式なら着れるけど、御呼ばれは、難しいかな?
    結婚式のお呼ばれの時は、振り袖の袖を直せば着られるかしら?
    着物は安いお買い物ではないので、何とか知恵をしぼり再利用法も考えてました。

    着物の紋の数や位置については下記をご覧下さい。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1153190796

    結婚式に色無地でとの事ですが、新郎新婦との血縁関係によっては第一礼装の留袖(五つ紋)が正式です。
    例えば甥や姪なら留袖、友人としてなら色無地で差し支えありません。

    振袖の袖を短くして結婚後も着られますが、やはり柄付けを考えると子供の七五三の付添いの時くらいまでかも。
    袖を切らずにお子さん、お孫さんと代々着させる方も多いですよ。
    私の振り袖も姪っ子2人が着まして、その後私の手元に戻しました。
    海外在の為、着物着付けのボランティア等で振袖も活躍してくれる筈です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する