現在の発言数520,598件!

本との出会い

人生観を変えるお勧めの本がありましたら教えて下さい。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言13件 (全13件)

  • こころ

    夏目漱石です。
    眠れなくなった事を今も覚えています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 夏目漱石ですか?
    学生時代少し読みましたが、どの本を読んだのですか?‥出来れば心境の変化もお聞きしたいです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >たけさん

    夏目漱石ですか?
    学生時代少し読みましたが、どの本を読んだのですか?‥出来れば心境の変化もお聞きしたいです。

    タイトルに書いた「こころ」です。
    主人公から、先生と呼ばれる人物の友人が自殺をするのですが、その文を読み、眠れなくなりました。

    スティーヴン・キングのホラー小説「シャイニング」と、この本以外にはそんな経験はありません。
    なんと言えば良いかわからないのですが、胸が押し潰されそうになった事は覚えています。





    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 追記です。

    先生が文中で、主人公に「恋をしている者はもっと甘い声を出すものです」と言うのも、とても印象に残っています。

    昔のものに触れると、ほっとするのは何故なのでしょう。
    良くわかりませんが、時代背景や言葉の美しさに魅力を感じるのかもしれません。

    人の気持ちの強さや弱さ、日々移り変わっていく気持ち、回想する事で、また胸に傷みを覚える事を、本から教わる事は実際にあるのだと思いました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 洋物SFはお好きですか?」

    私のおすすめはロバートAハインラインの「夏への扉」です。

    SF(サイエンスフィクション)で、登場人物がカタカナ名前なのでと
    敬遠する人もいますが、ファンも多い有名な作品です。

    私はこの本を読んで、幸せになるためにベストを尽くすこと、未知の領域に飛び込んでいく勇気の大切さ、みたいなものを感じました。


    20代さんおすすめの「こころ」も読みましたが
    読後はただ、ただ、切なくて。
    喪失感がすごいです。
    若い頃の先生の「K]への仕打ち。
    後に奥さんや主人公を残していく行動も共感できず、許し難し。
    先生のこころがもう少し弱かったら、救いもあったかもしれませんね。
    一人で思い込んで、周りも自分も不幸にしてしまう暴走っぷりが嫌いです。


    若い頃に読んでいればもっと違うのかしら・・?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ちかちゃんさん

    私のおすすめはロバートAハインラインの「夏への扉」です。

    SF(サイエンスフィクション)で、登場人物がカタカナ名前なのでと
    敬遠する人もいますが、ファンも多い有名な作品です。

    私はこの本を読んで、幸せになるためにベストを尽くすこと、未知の領域に飛び込んでいく勇気の大切さ、みたいなものを感じました。


    20代さんおすすめの「こころ」も読みましたが
    読後はただ、ただ、切なくて。
    喪失感がすごいです。
    若い頃の先生の「K]への仕打ち。
    後に奥さんや主人公を残していく行動も共感できず、許し難し。
    先生のこころがもう少し弱かったら、救いもあったかもしれませんね。
    一人で思い込んで、周りも自分も不幸にしてしまう暴走っぷりが嫌いです。


    若い頃に読んでいればもっと違うのかしら・・?

    私が感じた何かは、きっと喪失感だったのですね。
    10代の時に読んだので、心の底から共感出来る部分もあったのか、恐怖のあまり眠れなくなってしまったのですね。

    「夏への扉」とても有名ですね。
    持っていたような気がするので、探してみます。

    私は同じSF作家の、レイ・ブラッドベリの「たんぽぽのお酒」も好きです。
    夏になると読みたくなります。

    昨日、一冊読み終えたばかりなので、このトピのお陰で、更に読書熱に火がつきそうです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • マララさんの本は、自分たちがいかに平穏かと感じました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 遠藤周作さんの 海と毒薬  高校三年の夏休み  ちょうど今ごろですね~  

    涙が止まらなかったです。

    ちょっとずれますが、 花火  読みたいです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0

  • 森鴎外「高瀬舟」。〈足ることを知る〉を座右の銘にしています。現在はまだ欲まみれです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >20代さん

    私が感じた何かは、きっと喪失感だったのですね。
    10代の時に読んだので、心の底から共感出来る部分もあったのか、恐怖のあまり眠れなくなってしまったのですね。

    「夏への扉」とても有名ですね。
    持っていたような気がするので、探してみます。

    私は同じSF作家の、レイ・ブラッドベリの「たんぽぽのお酒」も好きです。
    夏になると読みたくなります。

    昨日、一冊読み終えたばかりなので、このトピのお陰で、更に読書熱に火がつきそうです。

    10代で漱石とはすごいですね!
    私は漱石は「坊ちゃん」「我輩は猫である」を読もうとして
    挫折した思い出しかありません・・
    「こころ」も朝日新聞で再連載になった時に初めて読みました。

    「K」の自殺シーンは多感な年頃には刺激が強かったでしょうね。
    このトシで読んでも恐かったですもん。


    レイ・ブラッドベリも有名な作家さんですよね。
    「たんぽぽのお酒」ですね、見つけたら読んでみたいです!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • トピ主たけさんのお勧めはないんですか?
    いいのがあったら教えてください!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 自分は社会人になってからは、自己啓発系を多く読んでました。『男、ビジネス、』をキーワードに読んでたので女性のちかさんにお勧めできるのはないかもしれません。

    良い物はいくら時間が経っても変わらなく良いものですよね(^_^)
    夏目漱石読んでみたいと思います☆

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • おっと、たけさん男性でしたか!
    じゃあハインラインの「宇宙の戦士」もおすすめしちゃおうかな。
    ガンダムの構想の元になったと言われてる作品です。
    大気圏突入のシーンもありますよ!

    ハインライン作品は読後に前向きになれるので好きです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する