現在の発言数566,265件!

今なら分かる、あの頃には分からなかった事。

母の話です。
私が30代の頃だったと思います。
家電の取扱い説明書をちゃんと読まずに、間違った使い方をする母を「何故、取扱い説明書をちゃんと読まない!」と怒った事があります。
ー 以前は 家電を新しく買うと、まず取扱い説明書を隅から隅まで読んでいた筈の私なのに、今は取扱い説明書を読むのが億劫である。

よく私の方を向いて、妹の名前を呼んでいたっけ。
ー 今 私は、複数飼っている猫の名前をよく間違える(ー ー;)

「あれは どうなった?」と聞かれ、「あれって何?」とよく聞き返していたけど、
ー 今の私は、アレ・コレ・ソレをよく言う。

学生時代、空の弁当箱を持って帰るのを忘れ、よく怒られてたけど、
ー 今、夫が弁当箱を忘れて帰ると私が怒っている。

独身時代、食事して帰る事を連絡できないでいると、凄く怒られてた。
ー 今、夫が食事して帰る事を夕飯の準備してる最中に連絡あったりすると私が夫を怒る。

今は、凄く分かるよ!母ちゃんゴメンね。


歌番組を見て、
「最近の歌はよくわからん!」とブツブツ言ってたけど、
ー つい最近まで♫あったかいんだから〜と歌っているのは フナムシ だと思っていた。しかも歌手だと思っていたし。

あの頃の母を笑えない(; ̄ェ ̄)
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全32件)

  • 温泉旅行に限らず、旅行は何時でもそうです。帰った時の安堵感、楽しかった故の次回への意欲。幸せです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 本当に白髪って生えているんですね。
    宴会の最中に眠たくなります。
    なかなか痩せなくなりました。特に腹回り。
    同年代の男性の髪が…(涙)
    そして、一日どころか一年が早い。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >30代さん

    温泉旅行に限らず、旅行は何時でもそうです。帰った時の安堵感、楽しかった故の次回への意欲。幸せです。

    そうなんです。例えは、旅館で豪勢な料理を食べても、家に帰って お漬物とお茶漬けが凄く美味しかったりしますよね(⌒-⌒; )

    >ゆうこさん
    そうそう、母が苦にしていた事があっと言う間に来ました。一年が早い早い!高齢者を労わらなければなりません。私もすぐそうなります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 家族旅行から帰ると

    >こんな筈じゃなかったさん

    そうなんです。例えは、旅館で豪勢な料理を食べても、家に帰って お漬物とお茶漬けが凄く美味しかったりしますよね(⌒-⌒; )

    >ゆうこさん
    そうそう、母が苦にしていた事があっと言う間に来ました。一年が早い早い!高齢者を労わらなければなりません。私もすぐそうなります。

    必ずお父さんが言いませんか?
    「あ~、やっぱり家が一番いいなあ~。」と。
    夫が出張から帰ると同じことを言ってましたが、旅行とは違いますからね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ゆうこさん

    必ずお父さんが言いませんか?
    「あ~、やっぱり家が一番いいなあ~。」と。
    夫が出張から帰ると同じことを言ってましたが、旅行とは違いますからね。

    それ、嬉しいですね♪

    いや、確かに聞くようになりました。若い頃は言わなかったように思います。
    お互い歳を重ねたんでしょうね(⌒-⌒; )

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 昔、おじいちゃんが「ドイツりんごを買って来てくれ」おばあちゃんは「そんな物は無い!」と揉めていた事がありました。
    おじいちゃんが言いたかったのは「インドりんご」(アメリカ インディアナ州から伝わった品種)だったようです。

    先日、道の駅で手に入れた豆で何か調理出来ないかとクックで検索するも出てきません。
    もう一度検索画面を見ると「モンゴルインゲン」と打っています(ー ー;)
    はい、私はモロッコインゲンを検索しているつもりでした^^;

    夫が観ていた映画を自信満々に「リーガルウェポン」と言っていました。
    リーサルウェポンと言ったつもりでした(ー ー;)

    頭に描いてると事と口に出る言葉が違い過ぎます。
    あの時のおじいちゃん、悪く無いよ(⌒-⌒; )

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 昨夜、ダンナと一緒にドラマを観てて、
    ある男性が
    「愛妻弁当ですか?」と冷やかされるも、
    ため息混じりに「夕ごはんの後始末ですよ(ー ー;)」と答えるシーンがあり、思わず「ごめん!」と隣のダンナに言っていました。

    昔、母親の作る弁当の色合いが茶色の事が多く、少し不満でした。

    そうよね、毎日毎日 早起きして作る弁当。そうなるよね。
    ごめんね、母ちゃん。今はよ〜くわかる。本当はとても美味しかったよ♡

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お母さんという大変さですかね。

    夜、お母さんが居なくて 私が家族の分の夜ご飯・お風呂洗い・洗い物
    をして、大変さがわかりました。

    夜ご飯は、レトルトだったのに「コロッケ温めなくちゃ!」
    「ご飯冷えちゃった!」「お皿並べなきゃ!」と順番もわからなくて
    ドタバタしながらやりました。

    これだけでも大変なのにお母さんは365日、ずっとやっている。
    そう考えると、進んでお手伝いしたいと思いました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 昔おじいちゃんが「毎日風呂に入ってるのに自分が臭い」と嘆いてました。
    加齢臭だから仕方ないじゃん、と冷めていた若かりし頃の私。
    ところが最近、私、臭いんです。なんか古い蔵の中みたいな臭いが自分からする!
    ああ、おじいちゃんと同じになったんだと思ったけど、当時おじいちゃんは70代、今私は30代。…どういうこと?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 姑の気持ち?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 「食べなくていいから料理したくない」
    昔、母はよくそう言っていました。
    なので、我が家は外食が多い家庭だったと思います。
    土曜昼食も近所のホカ弁を買いに行かされることが多かったです。

    時が流れ、わたしも家庭を持ちました。
    「食べたいけれど、料理したくない」
    そう思うことが時々あります。
    母は父が経営する小さな町工場で男並みに働いていました。
    その上で3人の子育てや家事は相当の負担だったと思います。
    一方、わたしは今、無職ですが、市街地から遠く離れた所に嫁いだため、
    近くにコンビニも外食できる店もありません。
    なので、3食自分で作ります。
    でも、たまには人が作った料理を食べたい、
    ホカ弁も今、食べたらおいしいだろうなぁ、と懐かしく思い出します。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • この歳になって分かることは沢山有るのですが、買い物をする度に身につまされます。
    お財布の中の硬貨が裸眼で見分けがつかないのです。一円、100円、500円。
    母がよく会計の時に 私にお財布を渡して「見て!」 と言っていたのですが、??
    だったのです。 今は よくよく分かります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • アッパッパーて分かりますか?大きめのタンクトップを膝までのばしたような簡単な作りのワンピース。ムームーのような感じです。
    語源はアッパッパ(up a part)
    綿100%だと思います。

    昔、おばあちゃんや中高年の方が家の中で着る普段着として着ていました。

    この蒸し暑い時期 突然訪れるホットフラッシュ。。
    そういう大きめの服を着て体温を外に逃がします。楽です♪

    今は凄く分かります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ごはん
    お喋りに夢中で「早くたべなさい」
    言われ、
    20年ごスマホに夢中の旦那に
    言っています。
    かたずけをすませて、休みたい気持ちと
    冷めていくごはんにイラッとしていたんですね。数回言われてもなおりません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 大人になって、大人って子どもの頃に思ってたより大人じゃない。

    よく『なんも知らんこどものくせに親に逆らうな』って怒られたけど、理不尽な怒り方だ、と大人になってからわかった。
    でもおかげで自分の子どもには
    『お母さんは、こう思うよ』という叱り方ができるようになった。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 真田丸を観てたダンナが

    茶々を演じる竹内結子と堺雅人(のちの真田幸村)のお姉さんを演じる木村佳乃が区別つかなくて困ってるようです。

    昔、おばあちゃんが言ってた西城秀樹と野口五郎、山口百恵と桜田淳子の区別がつかん!という歳になったようです(^◇^;)

    私はめざましテレビの女子アナウンサーが全く分かりません。
    ゆずの北川悠仁と結婚された方ぐらいまでは分かりますが、最近のはみんな「ホンマでっか? 」の加藤アナウンサーに見えます。

    最近紙兎ロペの放送が一定ではないので 必然的に前後の放送を見てそう思います。
    渡辺和幸アナウンサーと田中大貴アナウンサーが時々分からなくなります^^;

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • おでんにつける辛子。
    10代の頃は、皿に注ぎ分けたツユに少量の辛子を溶かしておでんを食べていました。
    もっと小さい子供の頃、祖母と一緒に新幹線に乗った時、車内販売の軽食はサンドイッチしか無く、それに塗ってあった辛子が辛くて祖母を困らせた事があります。

    今、おでんのネタに直に辛子をつけ、ヒーヒー言いながらビールを飲んでいます♪
    こんな大人になるなんて想像もしていませんでした(⌒-⌒; )

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 昨年末放送された「ご長寿早押しクイズSP」の録画をやっと見終えました。

    初めてからくりテレビで見た時は30代でした。
    単純に面白い(⌒▽⌒)と大笑いして見ていました。
    今回オープニングのナレーションで
    「これを見ればあなたも歳をとるのが楽しみになる!」と言ってて...身にしみて感じるようになりました。

    あの頃、スタジオで大笑いしていた人たちも60歳を超え、コーナー司会の鈴木史朗さんも もうすぐ80歳。
    そうです!明るく楽しくいきましょう♪
    笑顔の絶えない可愛いおばあちゃんを目指して(⌒▽⌒)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 独身の時は一人暮らしで、家計のやりくりを知りませんでした。
    職場の方の「今日は玉子の特売日だから買って帰ろう」とかいう話をいつも聞いていました。
    わたしは、どうして何十円違うだけなのにわざわざ買いにいくんだろうと思っていました。
    自分が主婦になって初めて、毎日節約に励んで、買い物をなるべく安い物にしようと思いました。やっとその意味がわかったんです。
    やりくりは自分でやってみないとわからないものですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 母は、正社員で働きながらも毎日きちんと食事作ってくれていた。
    私が学生の頃は、お弁当も。

    それがどんなに大変なことだったのか、
    今、主婦していて思う。

    当時は感謝もせずに、当然のことと思ってた自分。

    ごめんね。お母さん。ありがとうお母さん。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
≪ 最新
‹ 前へ
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する