現在の発言数519,969件!

愛読&一押し!料理本

『おすすめ料理本まんが』の話題がありましたが、とても面白かったです♪
そこで、まんがに限らず長年愛読している料理本や一押し!な料理本があれば、教えて下さい Smile
ちなみに、私は森須滋朗さんの「味の玉手箱」が大好きです。写真がなく、文章で綴ってある
だけですが、何度読んでも飽きないのです(^^)
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言15件 (全15件)

  • ベターホーム

    料理の本は大好きでいろいろ持っていますが、何つくろうかな~と思った時、いつも
    頼ってしまうのが「ベターホームが料理教室で50年教え続ける、しっかり作りたい
    定番料理100品」という、赤いハードカバーの本です。
    ベターホームは料理教室にも通っていますが、味も作り方もザ・王道な家庭料理で、
    幅広い層に好まれると思います。調味料も材料も基本的なものばかり、配合もわりと
    シンプルなのに、味に抜かりなし!
    この本を見て作ると、夫は必ず「おいしい」と言います。
    どれもおすすめですが、麻婆豆腐、中華ちまき、春巻、サンラータン、鶏肉とカシュー
    ナッツ炒め、ドライカレー、牛丼などなど、どれもとてもおいしいです♪

    私も皆さんの一押し料理本、とっても興味あるので楽しみにしてます!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 「お弁当の時間」いかがでしょうか

    こんにちは!

    全日空の機内誌、翼の王国に連載されている、「お弁当の時間」の書籍はいかがでしょうか。
    料理本、というかお弁当の写真と、それにまつわる話が書かれているものですが、お弁当もおいしそうだし、話も素敵です。

    二冊目も出ていたりするので、人気もあるんじゃないかなーと思います(^O^)v

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • エプロンメモ

    暮しの手帖に連載されているエッセイ?を集めた本です。
    料理の話だけではないのですが、ちょっとした生活の知恵みたいなものが集まっていて、ほっこりする感じでおすすめですよ~(^o^)/

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お菓子ですが

    なかしましほさんのお菓子の本が好きです。
    近所に御本人のお店があって、そこのクッキーが美味しかったので本を買って作ってみたら凄く簡単で、お店のクッキーとほぼ同じように出来上がりました。
    自分でお店の味が作れるって嬉しくて、その本に乗っているお菓子は色々挑戦したくなっちゃいます。
    今度はシフォンケーキも作りたいな〜(^-^)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ハンディエッセイ

    和食はおかずの一等賞
    うれしい食卓

    という本がお気に入りです

    中学の頃初めてすべての家事を
    こなす事になった時に
    母の残してくれたこのレシピ本が役に立ちました

    うれしい食卓は、基本の料理方法が
    ほぼ載っていて便利です

    揚げ物、煮物、ホワイトソースから炊き込み御飯からお出汁の取り方にソースの作り方まで凝縮

    これをもとにしてすべての料理を作りこなせました
    シンプルなのでアレンジもききましたし


    もともと定食系を食べない我が家
    父が和食好きなのもあって
    和食はおかずの一等賞という本は
    擦り切れるまで読みました笑
    和食の基礎がしっかり載っていて
    写真もたくさん載っていて分かりやすいのです


    うれしい食卓は2がでているようですし
    今も売ってると思いますが
    和食はおかずの一等賞はかなり昔の物なので
    もう売ってないかもです(>_<)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ベターホームの本

    さくらんぼさんのお勧めを読み、本を頼んで購入しました(海外在住のため日本の本は通販で頼まなくてはならないので)。料理本が大好きで沢山持っていますが、早速作ったカレーとグラタン、シンプルなのにとても美味しくて皆にも好評でした。次はちまきを作る予定です。有難うございました!!!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 基本の料理

    恥ずかしながら、私は結婚するまで実家暮らしだったので料理も満足にできませんでした。そんな中、旦那と婚約した年の誕生日に、母に「料理のきほん練習帳」という本をもらい、以後ずっと愛用しています^^
    「基本」というだけあって、野菜の切り方や計量の方法まで、本当に詳しく初心者の私にもわかりやすく書いてありました!
    今でもたまに引っ張り出してきては、参考にしています♪

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 愛読料理本

    私は栗原はるみさんのシリーズが好きです。

    材料の使い方のアイディアが時に斬新ですし、料理の守備範囲も広いので勉強になります。

    ただ味付けはわたしは甘目が好きなのですが、栗原さんのは私にしてみると少し醤油・塩味が勝っている感じがするので、ちょっと調整しています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ファースト(レシピ)ブック

    小学生の頃にお年玉かお盆のお小遣いで買った
    金園社の「たのしいお菓子とパン」と、朝日出版の「おばあちゃんのおやつ」の2冊は
    小学生時代の私のお菓子作りのバイブルでした。
    引っ越しを繰り返してるうちになくしてしまいガッカリしてたんですが、
    アマゾンで検索をかけていたらヒットして、先日再購入できました。
    中のイラストも覚えているまま、あこがれながら見たケーキの写真も今見ると昭和の香りがして感無量です。
    目次に★マークを付けながら一所懸命作ってたのを思い出して、
    眺めているだけでちょっとほのぼのしてます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • みをつくし料理帖シリーズ

    レシピ本ではありませんが小説の中にたくさんおいしそうな料理が出てきます。江戸時代の女性料理人のお話ですが読みやすい本でついつい引き込まれますよ。著者は高田郁(かおる)さん。ハルキ文庫から出版されています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お菓子のレシピ本ですが

    主婦の友社の「はじめてのお菓子」を愛用してます。
    中学生の時所属していた
    家庭科部の部費で購入したのを見たのが最初です。
    定番のお菓子が沢山あり、かつ写真が多くてわかりやすかったので
    本屋さんで自分用に一冊購入しました。

    2003年に出た本なのですが、
    今調べてみたところ、2008年にリニューアルし
    最近流行のお菓子も加えた最新版として出ているようです。

    料理やお菓子の定番レシピは、いつになっても使えるので
    私も良く、母の古い料理本など結構参考にしてます^^

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • いまさらなんですが。

    最近ウー・ウェンさんの本にはまっています。
    作っていて楽しいです。
    中華料理を避けてきた人にもおすすめです。酢を使ったり、肉類を油で揚げることで脂が揚げ油に溶け出したりして、意外とさっぱりいただけたり、いろんな発見があるのではないかと思います。
    ほんと、いまさらなんですが…。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 読売新聞のクックブック

    読売新聞を定期購読すると毎月もらえるレシピ本。
    お正月料理やバレンタインのお菓子など、
    その季節にあったレシピがカラー写真と共に何品も紹介されていて、
    おまけとは思えないとてもしっかりした作りの冊子なんです。
    A5くらいの大きさで、保存にも便利。
    実家ではこれ目当てに読売新聞にしています Smile
    簡単なレシピが多くて、子どもの頃から利用してました。
    地域限定(東京)のサービスなのかしら。
    少なくとも20年前からありますね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 秘密のケーキづくり―おいしくて太らない 簡単で失敗しない

    お菓子の本ですが。中学のときに初めて買ったレシピほんです。少し前に復刻版が出たようです。カラー写真は一切なく、かわいいイラストと簡単な作り方のみ。でも本当に失敗しないんです。私はこの本のとおりの作り方でスポンジケーキを作っていますが、本当にふわふわのスポンジが最初から作れました。そして何より全ておいしい!本当にこれからもバイブルとして、ずっと使い続けて行きたい本です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • クッキングママシリーズ

    ダイアン・デビッドソンのクッキングママシリーズです。
    DVの夫と離婚して一人息子を育てている。
    ケータリングを生業にしているゴルディが、主人公のミステリーです。殺人事件や、危機一髪な出来事、そこに美味しそうなお料理が・・・!
    レシピも出ているのですが、ケータリング用のため、24人前とか・・・。
    ・顔に直撃ストロベリー・クリームパイ
    ・プリマヴェラ・パスタ・サラダ
    ・パーティ・ポークチョップ
    ・パーティ・アップル
    ・ストリップショー・ステーキ
    ・ホール・エンチラーダ・パイ
    ・虫の知らせのブランチ・ロール
    ・ゴルディのナット・ハウス・クッキー
    ・ハンドカフ・クロワッサン
    ・トゥルディの地中海風チキン
    ・ダブルショット・チョコレートケーキ
    ・ブラウニー・ポイント
    なお、カップは、米国サイズで、240cc。(クッキングママの鎮魂歌より)


    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する