現在の発言数479,126件!

チアシード?って

どう使うの?
ダイエットする人が使うのですか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言5件 (全5件)

  • デザートやドリンクに

    ナタデココとかタピオカとかアロエとかと同じ感覚で
    デザートやドリンクで食感やのどごしを楽しむ素材といったところでしょうか。
    先に注目された時はそういったところからだったのでしょうが
    栄養面、ローカロリー、満腹感があることから
    ダイエットにもいいんじゃないか、ということでダイエッターの中でも流行ってるみたいですね。

    私はドリンクとして飲んだことがありますが、見た目や触感は小さなカエルの卵みたいで話のネタになり大いに盛り上がりましたね、当時は。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 今話題になってますよー

    アサイー、キヌアなどに
    スーパーフード
    無臭なのでサラダにふりかけて食べたり
    モデルさんたちが愛用されてる様です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 健康に良い栄養がたっぷり

    ダイエットのためと言うと語弊があるかな。
    ダイエット中も積極的に取りたい栄養が効率良く取れると言うこと。
    食べれば脂肪燃焼とかは無い。

    ダイエット関係無い人も健康のためとるよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 皆さん、ありがとうございました❗

    色んな使い道があるのをしりました。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ダイエットは副作用 チアシードの良い所は植物繊維と脂肪酸

    チアは、雨季と乾季がハッキリしている荒涼な大地でしか生育しません。チアの種子は風に飛ばされ、落ちた荒れ地に雨が降るまで何年でも待てるように非常に厚く強い殻(植物繊維)で覆われています。

    何年ぶりかの雨が降ると、それを1滴でも多く吸収するために、種は10倍に膨らんでジェル状になります。これをチアジェルと言います。

    チアジェルになると、ジェルに本来蓄えていたタンパク質が溶け出し、これを栄養分に発芽します。

    発芽した後は、チアジェルは消費されてなくなりますが、代わりに独自の油分を茎や葉にたっぷり蓄えて、害虫を寄せ付けないようにします。チアは農薬や肥料を一切使わなくても育つといのはこのためです。

    この油分が、ヒトが生きていくために絶対必要なオメガスリーとなって種子に凝縮されるので、チアシードから抽出したオイルは、エゴマ油と同等またはそれ以上に身体によいとされています。

    チアシードオイルを使ってオメガスリー摂取のために一般の方が毎日の健康維持に使うはもちろんですが、特に、食が細いが栄養分をしっかり取りたい、シニア食や介護職、病院食向けに推奨できます。

    チアシードを粉砕して顆粒状にした、ミルドチアシードなら、硬い殻の植物繊維も砕けてますし、チアジェルになるタンパク質もすぐに水に溶ける状態なので、普通のチアシードよりもお通じを気にされる方に向いています。

    チアシードがダイエット食になるのは、単に膨らむのでその分満腹になって他の食事を減らすことができる。それだけのことです。いわばダイエットはチアシードの副作用に過ぎません。

    ちなみに、ダイエットのためには、チアシードを予めしっかり大きなチアジェルにしておくことが絶対条件です。ふりかけて食べても胃酸が邪魔してお腹のなかでは膨らみません。

    健康とダイエットが両立できるため、英語でスーパーフードと呼ばれているのでしょうね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する