現在の発言数478,003件!

手作りヨーグルトは安い?

ヨーグルトが値上がりすると聞いて、ヨーグルトを家で手作りする事を検討しています!

私は、毎日ブルガリアヨーグルトを200g程食べているのですが、
ヨーグルトメーカーの電気代、材料費など全て込みでも、手作りの方が安いのですか?


Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言6件 (全6件)

  • 安いと思う

    ヨーグルトメーカーを買って、長く使えば安いでしょう。
    けれど、せっかく買っても、すぐ使うのをやめてしまえば、損です。

    我が家は毎日、450グラムのヨーグルトの10グラムを自家製ヨーグルト用に使います。
    10グラムのヨーグルトに100グラムの牛乳を足して
    自家製ヨーグルトにしたものがわたし用。
    もともとのヨーグルトは子どもが食べます。

    わたしは保温鍋で自家製ヨーグルトにしています。
    とはいえ、保温鍋がないおうちもあるでしょう。
    なので、まずは家にある道具で作ってみましょう。
    なお、わたしのレシピID : 1407784は気温の高い夏のほうがうまくできます。

    タオルで保温 1680516
    炊飯器で 2517677
    スープポットで 2387070
    電子レンジで 373718
    圧力鍋で 2501895

    ID : 1407784

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 微妙な範囲では?

    器具を買わずとも残り湯でも作れるしねぇ

    けど、乳製品全般が上がるのでしょ?作るのに牛乳は必要ですよね

    それに
    例えば特別な乳酸菌使用いているヨーグルトを培養してもその乳酸菌が増えるかは微妙だと思います

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • たぶん安いと思います。

    電気代がどのくらいかかるかがよくわからないため断言はできませんが、
    原材料を考えると安いような。
    表示を見ると、市販のヨーグルトの大半が原材料=生乳じゃなくて、乳製品。
    おそらく海外産の脱脂粉乳など使ってコストを抑えて作ったものなので、
    安く販売されてます。
    市販の生乳100%で作られたヨーグルトは少しお高め。
    それと比較すれば手作りは安いと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 作り方によると思う

    私はプロバイオヨーグルトを作りたくて、1℃単位で温度管理ができる器械を買いました。
    種菌も継ぎ足しをするのが性格的に得意ではなく、小分けパックを買ってきて毎回使い切りなので
    種菌代も50~120円。
    粉末の種菌も色々と手に入るので凝りだすと色々と楽しめます。が、やっぱりお金はそれなりにかかります。
    後、牛乳自体がそれほど安くはないです。
    一般に売られているヨーグルトでも生乳ヨーグルトは少々お高いですから、それと比べたら割安ではありますが、
    単純に安売りのヨーグルトを買った場合との出費のみの比較をすると、微妙な結果になると思います。
    朝のヨーグルトが楽しくて、フルーツを準備したり、ジャムをそろえたり、手作りしたりしていたらますますコストが嵩んでます。
    ただ、生乳ヨーグルトは美味しいです。
    それはお勧めします。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  •  税込160円の牛乳にカップ入りのプレーンヨーグルト100gを税込100円。
     それらを混ぜれば450mL入りのヨーグルトの約2.5倍分相当が出来る訳なのですが、そこに電気代を加えてどのくらいお得か?と言われると案外コスト的には差ほど変わらないのかも(^^;)

     でも、味が特売のヨーグルトに比べて格段に美味しいです!
     妻と「これは小○井ブランドのお値段高くて美味しいやつと変わらないのではないか?」と思えるくらいに美味しい。

     そう考えると質が格段に上がるので、その点ではオススメです!

     ただ、市販ヨーグルトを使っての培養だと、市販品と比べると菌の効用は劣ってしまうような気もします(^^;)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 気になるのはコストだけ?

    ヨーグルト菌は同じ元種で三回以上ヨーグルトを作ると変異しますよ?
    無害な菌へ変異するなら良いですが、有害な菌への変異も有ります。
    例え無害な菌への変異であったとしても、家庭で無菌を作り出すのは至難です。
    中途半端な機材で雑菌混入のヨーグルトもどきを食べて、
    体に良い効能も期待できるわけはありませんし、結論としてはお勧めしないですね~。

    ま、元種を毎回新しい物でというなら別ですが、
    コストを心配されるなら、そういう面でもお勧め出来ないですしね。

    通常、プレーンヨーグルトを作るには35~40度の温度が最適と言われています。
    カスピ海ヨーグルトはそれより低く20~30度、ケフィアヨーグルトも25度前後
    で発酵します。

    ただしこれらの温度は乳酸菌だけでなく、他の有害となる菌たちにとっても
    増殖しやすいです。

    一応、ザックリと衛生上の注意点を他サイトからコピペしてみました↓

    「使う道具はすべて洗浄+煮沸消毒」
    「出来たヨーグルトから種菌を取り分けるときは食べる前に空気に触れてない
     中ほどの部分をとること」
    「取り分ける際のスプーンも煮沸消毒を」
    「植え継ぎの回数は少なく」
    「人からもらった自家製ヨーグルトの種菌は使わないほうが良い」
    「使う容器は必ず密閉できるものを」

    と、この時点で私なら普通に市販品を買います。
    安心安全ですから。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する