現在の発言数479,164件!

好きな(好きだった)絵本

長女が好きだった本で印象に残っているのは「いないいないばあ」
いないいない・・・ばあ!とページをめくる時、絵本を見ずに「ばあ!」と言っている親の顔を見て笑ってました。
次女が好きだったのは「あひるのバーバちゃん」「はじめてのキャンプ」「からすのパンやさん」
読んでいる間、絵本のページをすみからすみまで見て、子どもに言われて何度か新しい発見をしました。
末っ子は「かいじゅうたちのいるところ」も好きでしたが「こぐまのくまくん」のようなかわいい本も好きでした。
そして私が好きだったのは「スイミー」
教科書にも取り上げられていますが、絵本で読むべき本だと思います。
ページをめくった時の感動が忘れられません。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全35件)

  • 「わたしのおふね マギーB」

    小さな姉弟が、自分たちの船で旅に出るというお話です。とにかく色が綺麗で大好きでした。また、その中で出てくるお魚のシチューや桃のオーブン焼きとか食べ物がすごく美味しそうで、そのシーンのページばかり何度も読みました。

    大人になってからどうしても読みたくて、ア○ゾンで中古で買っちゃいました。絶版?だったのか、ものすごく高かったです…でも満足。(笑)

    4198
    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >Mooming65さん

    私自身は、岩波書店の「ひとまねこざる」シリーズで育ちました。(今は「キュリアスジョージ」という名前でTVアニメにもなっています。)なので、子供たちには、この本を一冊ずつ揃えて、誕生日に贈っていました。

    芭蕉みどりさんの「サラとティモシー」シリーズの小さなねずみのイラストとお話が愛らしくて、こちらもクリスマスに一冊買って以来、シリーズを揃えていきました。子供が、お話の中にあったエピソードを真似て、「サンタさんにクッキーを作る!」と張り切って作ったときのことが懐かしく思い出されます。

    絵本作家さん、私のイチオシは黒井健さんです。やわらかい質感の絵を描かれます。クラシックなお話なら、「ごんぎつね」や「てぶくろを買いに」がお勧めですが、オリジナルで「ころわん」という子犬のお話もあります。

    作家さんはわかりませんが、お話として大好きなのは「泣いた赤鬼」です。何度読んでも大泣きしてしまいます。

    あと、これは日本語の本ではないのですが、「太陽の東、月の西」というノルウェーのおとぎ話があって、話の内容もとてもすばらしいのですが、カイ・ニールセンという方が描いたイラストが本当に幻想的で美しいのです。これは長年探していて、主人にいかにこの本がすばらしいかを何度も何度も聞かせていたら、ある年に主人が探して買って来てくれました。私の宝物です。何度眺めても、ため息が出る美しさ、そして力強いヒロインのお話が大好きです。(私は子供の頃に日本語の絵本で読みましたから、おそらく日本語でも出版されていると思います。)

    「ひとまねこざる」うちの子たちも好きでした。
    すてきな誕生日プレゼントですね。
    「ないたあかおに」本棚を探しました。
    浜田廣介さんという方のおはなしでした。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • あばばうぶー

    >ひみつさん

    ほるぷの各年代のセットを実母にプレゼントしてもらったので、絵本は潤沢にある状態で子育てしました。
    「どろんここぶた」は子供たちも特に大好きでした。
    「ぶたのたね」とか「おまえうまそうだな」。ノンタンシリーズ。「スーホーの白い馬」。「逃げ出したパンケーキ」「フライパンじいさん」「地獄のそうべい」
    どちらかというと、明るい話の方が子供が「読んで!」と持ってくる頻度が高かった気がします。
    タイトルを忘れてしまったけれど、迷子になる小象の話も好きでしたね。
    ライオンに会ってもカバに会っても「あばばばうぶー」。獰猛な動物たちが付いた助たくなってしまうって話。
    アレはなんて話だったんでしょ?忘れちゃいましたねー。

    何ていうお話だったっけと思って本棚を探しました。
    タイトルはそのまま「まいごになったぞう」でした。
    うちも、ほるぷのセットと童話館を何年かとってました。
    本屋や図書館では選ばないだろなぁと思うような本でも、子どもは気に入る本もありました。例えば「もりのなか」とか・・・
    子どもたちも成長し、絵本もほこりをかぶっていますが、思い入れがあってなかなか捨てられません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >40代さん

    「からすのパンやさん」・・・色んなパンがおいしそうだった♪
    「おおきなおおきなおいも」・・おいもパーティのおいもおいしそうだった♪

    ただの食いしん坊ですね(笑)

    「きつねもりのやまおとこ」・・・子どもたちが小さい頃、大根料理はあまり食べなかったけど、ふろふき大根は食べてました。ぶったぎるだ!
    「ジャイアントジャムサンド」「ふしぎなおなべ」・・・おいしそうな本はいっぱいありますね。
    関西在住の娘が絵本カフェに行ったら「ぐりとぐら」とかいろんな絵本をテーマにした料理があったそうですよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >40代さん

    ぐるんぱの幼稚園(ちょっと記憶があやふやです)
    ぐりとぐら

    我が家も両方とも好きな絵本です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 鬼子母神

    お寺さんの行事で、稚児行列に参加した時にもらったのですが、好きというよりも、とにかく印象に残っている絵本でしたね。

    夜になると鬼がやって来て、子供を捕まえて食べてしまうと言うところ、もう恐くて恐くて Scream
    お釈迦様が出てきて、鬼に子供を食べる代わりにザクロを食べるように教え、そして鬼は子供を食べなくなり・・・
    え、、、ザクロは人間の子供の味?!
    とにかく子供心には恐怖の一冊でした。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ちいさいももちゃん

    >サヤンママさん

    おしゃべりなたまごやきですね!保育園で、ボロボロになるまで読みました。卒園の時に、先生がお芝居にしてくれました。私は、お花やさんをやりました。たまごやきが美味しそうで、楽しい絵本です。今読んでも、好きな絵本です。てぶくろをかいに。も、大人になり、買うくらいすき!ちいさいももちゃんシリーズも、保育園で、お昼寝の時間に、読んでもらい、大好きでした。妹のアカネチヤンが生まれて、ももちゃんがお姉ちゃんになるところが、自分と同じで、覚えています。最近、作者が他界され、シングルマザーの家庭のお話なのだと知りました。今になり、読みたくなる本です。サヤンママより。

    私も好きです。
    まつたにみよこさん、すてきな本がたくさんありますね。
    シングルマザーの家庭のおはなしだったとは知りませんでした。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ばばばあちゃんの「いそがしいよる」

    今でも読みたいくらい、好きです♪

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 「11ぴきのねことあほうどり」です。

    絵本はたくさん読んだけど、頭にくっきりと残っているのは
    この本だけです。
    11という数字が数えられず「3こと3こと3こと2こ」なんていう
    言い回しがあったりして、妙に印象に残っています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 百万回生きたねこ

    私が小学生低学年の時、先生がすごくに読んでくださり、凄く衝撃を受けました。
    この話は大人になってからも大好きで、自分で買って大切に持っています。
    何度も読み返し、3歳の娘にも何度も読み聞かせています。
    家族を持った今、ますますこの作品が好きになりましたよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • カロリーヌとゆかいな仲間たちシリーズ❤️

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • こんにちは

    うちの娘、今は9歳ですけれど絵本は結構たくさんあって はらぺこあおむし ぐりとぐら いないいないばあ ずっとずっと大好きだよ はじめてのおつかい
    等々読ませていましたね♪ Yum

    4202
    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 3歳になる息子のお気に入りは
    かがくいひろし作
    「おふとんかけたら」
    「だるまさん」シリーズ
    おふとん〜は私も息子も覚えてしまって絵本無しで朗読出来ます、、笑

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 絵本大好きさん

    うちはぐりとぐらです!
    ひとまねこざるとちいさなももちゃんです!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 11ぴきのねことあほうどり

    >くわママさん

    「11ぴきのねことあほうどり」です。

    絵本はたくさん読んだけど、頭にくっきりと残っているのは
    この本だけです。
    11という数字が数えられず「3こと3こと3こと2こ」なんていう
    言い回しがあったりして、妙に印象に残っています。

    我が家でも人気の本でした。
    きょうもころっけ あすもころっけ もうみるのもいやだ
    ころっけの部分をほかの言葉に言い換えて言ってました

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 百万回生きたねこ

    >アリカ丸さん

    私が小学生低学年の時、先生がすごくに読んでくださり、凄く衝撃を受けました。
    この話は大人になってからも大好きで、自分で買って大切に持っています。
    何度も読み返し、3歳の娘にも何度も読み聞かせています。
    家族を持った今、ますますこの作品が好きになりましたよ。

    ほんとにいい本ですよねぇ。
    深いなぁと思います。
    私も大好きです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひろたんさん

    うちの娘、今は9歳ですけれど絵本は結構たくさんあって はらぺこあおむし ぐりとぐら いないいないばあ ずっとずっと大好きだよ はじめてのおつかい
    等々読ませていましたね♪ Yum

    私にとってもなつかしい本ばっかりです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • あるある!

    >☆はるまま☆さん

    3歳になる息子のお気に入りは
    かがくいひろし作
    「おふとんかけたら」
    「だるまさん」シリーズ
    おふとん〜は私も息子も覚えてしまって絵本無しで朗読出来ます、、笑

    読み終わったと思ったら「もう1回!」と何度もせがまれて暗記してしまった本
    ほんと!あります!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ちいさなきいろいかさ

    です。
    たくさんの動物たちを、小さな女の子のきいろい傘に入れてあげるお話だったと思います。
    子供が書いたらくがきみたいな絵が、なんだかすごく好きでした。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 『からすのパンやさん』『カロリーヌとゆかいななかまたち』

    大人の好みで買い与えられた本が、子供の記憶の中にどれだけ残るのかは分かりませんが、私にとって『からすのパンやさん』の見開きいっぱいの楽しいパンや、『カロリーヌとゆかいななかまたち』に出てきたメープルシロップを雪の上に流して固めたキャンディは、まさに衝撃でした(最近TV番組で、本当に雪でメープルシロップキャンディを作っているシーンを見て感動しました)。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
≪ 最新
‹ 前へ
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する