現在の発言数478,318件!

緩和病棟って

先月母が亡くなり、緩和病棟の看護師さんには感謝しきれないくらいの思いです。
患者の母にはいつも声をかけてくれたり、笑いを絶やさない様にしてくださったり。最期は眠るように静かに逝きました。
その時々に合わせて準備の仕方を教えてくださったり慌てることなく毎日を過ごせました。
24時間面会も可能、付き添いもいつでも出来ました。本人は怠いこともありましたが苦痛なく過ごせました。患者のための病棟ですから辛くなければいいのです。

でも家族はどうでしょうか?私だけそう思うのでしようか?毎日衰えていく母、声も出なくなり眠ることが多くなりまるで死んでいく様子を監視しているようで嫌でした。精神的にギリギリでした。良くしていただいたのにこの最悪感。経験ある方いらっしゃいますか?
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言6件 (全6件)

  • 緩和ケアを受けれただけでも幸せですよ。
    都内は、余命宣告されてからの予約では間に合わないケースも多々あります。
    緩和病棟に入れず、一般病棟で死を待つ患者は、あなたの感じた苦痛とは比べようもない苦痛を患者本人と家族が受けます。

    全国的に緩和ケアの医師はまだまだ少なく、一般病棟では緩和ケアの経験のない麻酔科医や担当医師が痛み止めを処方するケースもあるため、意識混沌状態に陥ったり、苦痛から精神を壊す方まで様々です。

    静かに眠るように逝けたのは、幸せですよ。
    隣りの芝は青く見えるものです。
    一般病棟を覗いてみてください。
    どれだけ贅沢な悩みを相談されているのか分かるかと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私の父は最終的に肝臓癌と多臓器不全のような感じで緩和病棟で逝きました。余命宣告されて生きる気力をなくして、手術や抗がん剤治療も拒否して自宅療養。しかし右半身が動かなくなり一度お世話になった緩和病棟に出戻る形でそのまま…でした。
    余命宣告を出した大学病院とはいろいろあったみたいで病院嫌いになった父も緩和病棟のスタッフさん達には心を開いていたみたいで、出戻った時はスタッフさんにただいま、なんて言ったらしくてそれを聞いた時なんだかもう泣けてきちゃいました。
    家族を失った悲しみ、何もしてあげられなかった罪悪感、この手の悩み苦しみに贅沢とかあるんでしょうか。5年が経とうとする今でも、もっと早く私が働きに出ていてお金があれば無理にでも手術させてあげられたのかもしれない。もっといいお医者さまを探してあげられたかもしれない。私がもっと早く生まれていればもっとしっかりした大人だったら何かしてあげられたのかもしれない…。思い出しては泣いてしまいます。主さんの罪悪感とは違う類かもしれませんが。見当違いな事を言っていたらすみません。
    それにしても、いつか涙も出なくなる日がくるんでしょうかね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 余命宣告を受けたら

    末期癌だった父は一般病棟に入院していましたが、出ていくよう通告されました。
    病院側の言い分では「病院は病気を治す処。直る見込みのない患者さんの為のベッドは無い。」とのこと。
    結局父は他の病院に転院する前に一般病棟で亡くなりましたが、医師からさじを投げられているので、看護師さん達の扱いもそりゃあ酷いものでした。
    3年前の事なので、今は違うのかもしれませんが・・・・

    お母様は緩和ケアを受けられて良かったのではないでしょうか。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 某 様へ

    >某さん

    緩和ケアを受けれただけでも幸せですよ。
    都内は、余命宣告されてからの予約では間に合わないケースも多々あります。
    緩和病棟に入れず、一般病棟で死を待つ患者は、あなたの感じた苦痛とは比べようもない苦痛を患者本人と家族が受けます。

    全国的に緩和ケアの医師はまだまだ少なく、一般病棟では緩和ケアの経験のない麻酔科医や担当医師が痛み止めを処方するケースもあるため、意識混沌状態に陥ったり、苦痛から精神を壊す方まで様々です。

    静かに眠るように逝けたのは、幸せですよ。
    隣りの芝は青く見えるものです。
    一般病棟を覗いてみてください。
    どれだけ贅沢な悩みを相談されているのか分かるかと思います。

    某さまのおっしゃる通りですね。
    母も私も在宅医療 訪問看護を受け担当医、往診の先生と皆様に支えられていたと思います。

    父の居る病室でもお隣さんは末期です。でも緩和がないためやはり時間でお薬を入れていました。

    ただこんな気持ちもあるんだということ、そういう経験のある方とお話がしたくて・・贅沢な悩みでしたね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ひな様

    >ひなさん

    私の父は最終的に肝臓癌と多臓器不全のような感じで緩和病棟で逝きました。余命宣告されて生きる気力をなくして、手術や抗がん剤治療も拒否して自宅療養。しかし右半身が動かなくなり一度お世話になった緩和病棟に出戻る形でそのまま…でした。
    余命宣告を出した大学病院とはいろいろあったみたいで病院嫌いになった父も緩和病棟のスタッフさん達には心を開いていたみたいで、出戻った時はスタッフさんにただいま、なんて言ったらしくてそれを聞いた時なんだかもう泣けてきちゃいました。
    家族を失った悲しみ、何もしてあげられなかった罪悪感、この手の悩み苦しみに贅沢とかあるんでしょうか。5年が経とうとする今でも、もっと早く私が働きに出ていてお金があれば無理にでも手術させてあげられたのかもしれない。もっといいお医者さまを探してあげられたかもしれない。私がもっと早く生まれていればもっとしっかりした大人だったら何かしてあげられたのかもしれない…。思い出しては泣いてしまいます。主さんの罪悪感とは違う類かもしれませんが。見当違いな事を言っていたらすみません。
    それにしても、いつか涙も出なくなる日がくるんでしょうかね。

    ありがとうございます。

    大切な人を亡くした悲しみは人それぞれだと思います。
    癒し方も違いますよね。
    今は 母と同時期に脳出血で入院をしている父の介護やリハビリで思いっきり泣くことが出来ませんが、いつか沢山泣いて母との思い出を懐かしく思えることが出来るようになると思います。
    お互いにそんな日が来るまと良いですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ichimai  様

    >ichimaiさん

    末期癌だった父は一般病棟に入院していましたが、出ていくよう通告されました。
    病院側の言い分では「病院は病気を治す処。直る見込みのない患者さんの為のベッドは無い。」とのこと。
    結局父は他の病院に転院する前に一般病棟で亡くなりましたが、医師からさじを投げられているので、看護師さん達の扱いもそりゃあ酷いものでした。
    3年前の事なので、今は違うのかもしれませんが・・・・

    お母様は緩和ケアを受けられて良かったのではないでしょうか。

    ありがとうございましす。

    お父様もご家族の方も大変辛い思いをされましたね。
    病院側に何か言いたくても患者は人質にとられているようで、なかなか言い出せませんよね。

    個人に合う病院を探すのは大変です。
    日々病院も先生も看護師も終末について考え方が変わってきたようです。
    患者にとって居心地の良い安心できる病院や施設が増えると良いですね

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する