現在の発言数479,341件!

学歴至上主義の母にうんざりしています…

去年から、母が大学についての話をよくするようになりました。
大学は人生の中で重要な部分だとは感じているので、そういう話もすべきだと思っています。しかし、最近それがエスカレートしているように感じるのです。
例えば、別の話をしている時にすぐ学歴の話にもって行き、
「学歴がすべてではないけれど、学歴は人の魅力の一部よね。」
と言ってきます。
私は「そうかもね。」
と答えるしかないのですが、そうしておくとさらに
「いい大学に入っていい友達を見つけていい会社に入ってお給料たくさんもらって幸せな人生を送るのよ。」
「ママはさきもりぱんの幸せが一番大切だからね。」
と言います。
母は東京の短大卒(昔はそんなでもなかったですが、今はそれなりにいいレベル)で、今は保育士をしています。自分はたいした所に行ってなかったのに、私にいい大学に行くべきということを言うと全然説得力がなくて、いまいち納得できません。
私に母の仇をとって欲しいのかとも感じます。
さらに、私は将来パティシエールになりたいと思っています。
以前お菓子を作る仕事をしたいとそれとなく言ったら、
「じゃあ大きい菓子メーカーにはいったらいいわ。パティシエはちょっと安定してないね。製菓学校?そんな誰でもはいれるようなところは行く意味ない。」
と言ってきました。
安定している仕事について欲しいと考える親心はわかりますが、本当に学歴、学校、職業などブランドを意識しているだけのようで、悲しいです。
母との意見が食い違って議論になり、
「もうあんたとは話したくない」
と言われてしまいました。
私が間違っているということでしたら、ぜひご指摘をお願いします。
よろしくお願いします。
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全22件)

  • さきもりぱんさんが賢すぎて親の気持ちを理解できるだけに苦しんでますね。いっそのこと反発してしまえば楽なのに。
    アドバイスにならないかも知れませんが、私のパート先で大学に通いながら製菓の専門学校にも通い、東京の名のあるスイーツのお店にパテシエとして就職した人がいました。親の希望も半分かなえつつ自分の道も諦めず進む方法もあるかと思います。何年か掛ければお母さんの気持ちも変わるかも知れません。もちろんさきもりぱんさんの頑張り次第ですが。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お母さんの考えは、今の親の親世代が目指した「素敵な人生」なんですよね
    多分お母さんも親にそう言われて生きてきたのかと思います
    そう生きるべきと言われてきたことから自分の子供が外れると不安でしょうがないんでしょうし、理解も出来ないんだと思います

    でも、さきもりぱんさんの人生はお母さんのものではなく、さきもりぱんさんのものです

    ただ、そのタイプの親は、言うことをきくようにするために、お金は出さないから自分でなんとかしなさいと言うと思いますので、自分で稼ぎながら学校に行く等の努力が必要になるとは思います
    まぁ、それなら無理と思う程度の夢なら、実現は難しいと思いますし、自分がどこまで頑張れるかだと思います

    大学は、無駄に行っても何の役にもたたないと思います
    なりたいものがあり行った人はしっかり身になってましたが、とりあえず行った人は中退したり、卒業してもフリーターのままだったりしてました
    親に流されて大学に行くなら行くで、しっかり目的意識を持って行ったほうがいいと思いますよ

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • どっちも間違いではありません
    何故なら未来は未確定だからです

    私が後悔しない生き方が私の幸せ

    と、伝えてみたら?

    それでもお母さんと対立するなら
    貴方は両親の世話にならなければ良いだけです
    で、自力で夢を叶え安定してみせれば良いんですよ

    ⬆こう書かれたら貴方は出来るか不安にならないですか?
    お母さんの不安はそういう事ですよ

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 未来は分らない。

    見えないからこそ 安全圏で生きて欲しいのでしょうね。
    親はみんな そう言うので、お母様はごく普通の母親です。
    それに、縛られる事はありません。

    自分が向いている方へ 進んで下さい。嫌いな道では失敗しがちです。
    どこで生きるにしても 自分次第です。
    努力しないと生きていけません。
    日本の事を 色々不満そうに言う人がいますが。
    ヨルダンとかに比べると 余程 恵まれています。
    念ずれば花開くです。

    一つ 気になったのは、お母様の出身校が たいした事が無いと
    言っていらっしゃるところです。
    さきもりぱんさんが 学歴で 差別していらっしゃる様に
    感じました。
    親の嫌なところは 自分も似ているからと言います。

    本当に学歴では生きていけません。
    私 4大卒ですが、勤務先では 隠しています。
    英文科を出ているのに ヒアリングがいまいちです。
    仕事上 外人の応対が有りますが、若い方に 任せています。
    聞き間違えると 損益になるからです。
    本当の勉強を なさってくださいね。
    親への反発から 仕事を選ぶと後悔します。



    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 別トピ

    別トピの「大学選び」という投稿をご覧になってみては??

    投稿したのは貴方の親御さんでは無いし、その娘さんも貴方ではないですが…。

    反対側から「親」の気持ちというのをながめてみるのも良いかと…。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 何だかんだ言って、やっぱり学歴はあったほうが良いんです。
    お母様は、もしかして短大卒であるために何か悔しい思いをされたことがあるのでは?

    女性は特に、結婚や出産・育児で働き方を制限されてしまうことが多くあります。
    そういう時に、少しでも選択の幅が広いほうが良いとお考えなのではないでしょうか。
    大卒でないと応募すらできない求人も結構あります。

    私個人的には、パティシエの夢、とても素敵だと思いますし、是非叶えて欲しい。
    学歴のためだけに大学に行っても仕方がないと思います。
    でも、お母様の気持ちも分かるのです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • トピ主さんは間違ってないし、お母さんも間違ってないです。
    人生、生きてみなければ分からないので、どっちが正しいのかは、まだ分かりません。
    (やりたいことがきっちり実現できる人生なんて、経験上、なかなかありませんけどね。)

    私もトピ主さんと似たようなことを思っていた時期(高校時代)がありましたが、
    今の時点での結論は「お金と学歴と肩書きはめちゃくちゃ大事」です。
    但し、学歴はトップクラス(旧帝大、医学部など)でないあまり意味ないです。

    将来、パティシエールになっても、経営ができなければどうにもなりません。
    お店を開くにも、銀行で高額の借金をしなければならないでしょう。
    そうすると、銀行に対して、高額の借金をするけれど、相当の収入が見込めるので返済は可能です、という交渉をしなければなりません。
    銀行は、あなたのご両親よりも非情です。

    ご両親に対して「製菓学校の学費を出してください」という交渉をすることで、
    将来の営業能力が磨けるかもしれません。
    がんばって下さい。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 年齢と社会経験の差です。
    でも、私は貴女の考え方好きですよ。
    時代は推移します。
    価値観は違って当たり前。
    自分の道は、自分が決めれば良いんですよ。
    ただ、貴女がお母様に苛立つのは、
    何処かで共鳴してるんですよ。そんな
    ご自分が嫌なのでは?
    そうでないと断言出来るのであれば
    馬耳東風で我が道あるのみ!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • さきもりぱんさんが見ているのは夢、
    お母さんが見ているのは現実、の違いです。どちらかが良いとか悪いとか、正しいとか間違ってるとかではありません。

    実際に専門卒、一般洋菓子店勤務のパティシエと4大卒、大手お菓子メーカー勤務ではもらえる給与にかなり差があると思います。福利厚生の面でも差が出ます。それがお母さんの見てきた現実社会なのでしょう。保育士さんなら子供をとりまく、様々な家庭を見ているはずですから。さきもりぱんさんが想像する仇とかブランド意識ではないと思いますね(^^;)

    そして、これから出逢う人間の層も変わってきます。好きな事を仕事にする明確な夢やプロ意識を持つ人々か、ある程度の努力を持って受験をし、学生生活を楽しみつつ将来についてはやや模索している段階の人々か。

    先にも書きましたが、どちらが良いとかではありません。どちらも現実に満足出来る人は幸せです。

    私個人の意見としては、将来パティシエになることを踏まえて、あえて大学を選んで欲しいです。
    社会人になってから、大学に入り直すのは難しいです。今、親の保護下でしっかり勉強しておいて損はないです。
    将来お店を持ちたかったら、経営や会計の勉強をしておくことも必要だと思いますし、家政学や栄養学も役立ちそうです。
    そして自由な学生時代はカフェなどでアルバイトし、有名店や海外を食べ歩いたり、趣味的にお菓子作りを研究したり。
    大学を卒業したら、働きながら製菓専門学校に通うか、ある程度資金が貯まってから実行するか…

    って最終的に決めるのは、さきもりぱんさんです。あなたの人生です。お母さんだけでなく、周りの大人の意見も聞きつつ、今出来る最善を尽くしてください。応援しています(^^)/

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >もさん

    さきもりぱんさんが見ているのは夢、
    お母さんが見ているのは現実、の違いです。どちらかが良いとか悪いとか、正しいとか間違ってるとかではありません。

    実際に専門卒、一般洋菓子店勤務のパティシエと4大卒、大手お菓子メーカー勤務ではもらえる給与にかなり差があると思います。福利厚生の面でも差が出ます。それがお母さんの見てきた現実社会なのでしょう。保育士さんなら子供をとりまく、様々な家庭を見ているはずですから。さきもりぱんさんが想像する仇とかブランド意識ではないと思いますね(^^;)

    そして、これから出逢う人間の層も変わってきます。好きな事を仕事にする明確な夢やプロ意識を持つ人々か、ある程度の努力を持って受験をし、学生生活を楽しみつつ将来についてはやや模索している段階の人々か。

    先にも書きましたが、どちらが良いとかではありません。どちらも現実に満足出来る人は幸せです。

    私個人の意見としては、将来パティシエになることを踏まえて、あえて大学を選んで欲しいです。
    社会人になってから、大学に入り直すのは難しいです。今、親の保護下でしっかり勉強しておいて損はないです。
    将来お店を持ちたかったら、経営や会計の勉強をしておくことも必要だと思いますし、家政学や栄養学も役立ちそうです。
    そして自由な学生時代はカフェなどでアルバイトし、有名店や海外を食べ歩いたり、趣味的にお菓子作りを研究したり。
    大学を卒業したら、働きながら製菓専門学校に通うか、ある程度資金が貯まってから実行するか…

    って最終的に決めるのは、さきもりぱんさんです。あなたの人生です。お母さんだけでなく、周りの大人の意見も聞きつつ、今出来る最善を尽くしてください。応援しています(^^)/

    私が見ているのは夢…目からウロコが落ちました。

    ご指摘ありがとうございます!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 大学はイヤですか?

    お母さんよりの意見です。
    絶対行かなくてはならないと思いますが、学歴はあって邪魔になる物ではありません。
    大学に行かなくては得られない資格も沢山ありますし、大卒以上と決められた求人もあります。
    大卒だから能力が高いか?という議論ではなく、貴方個人に大卒と言う肩書が付いた時に社会的評価が上がるかどうか、そう考えてみたら答えはどうでしょう。
    それに、大学って楽しい所ですよ。
    進学にはお金がかかりますが、それを勧めてくれる親がいるなら行かなきゃ損な気がします。
    モラトリアムな4年間は人生の肥やしになると思います。
    製菓学校に通うから、それからでも遅くないのではないでしょうか。
    製菓学校進学後にやはり合わない、と思っても、現実問題として、それから大学進学にシフトするのは至難の業だと思いますよ。
    なぜ、進学したくないのか。
    お勉強が嫌なのかな…なんて、同年代の子を持つ母として穿った見方をしてしまいますが、
    違っていたらごめんなさい。
    そう頑なにならず、選択肢に入れても損はないと思うのですが、いかがでしょう。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 人それぞれ

    40代になっていろいろな人と知り合いました。個人的な意見ですが、大学へいいて勉強した知識資格が役にったっていますそして友人もたくさんできました。心が折れそうになったとき学生時代の友人によく会いまた頑張ろうとパワーをもらったりします。

    今自分の友人もある程度の役職になり人脈もできってきって、大学を卒業をしてよかったと思うことがこの年になるとほんとにおもいます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 人間関係が広くはなりますね。

    大学だと 地方からも 学生が来ていますから。
    人脈作りには、良いかもしれないですね。

    私の場合は 医師の子供さんが 殆どでしたから、
    今も、病気で 心配な時には 皆が動いてくれますし。
    不安も消えるばあいはありますが。
    偏った人たちに囲まれている気には なります。

    大学だと 学部選びに 気を付けないと
    知識をもっているからって プライドだけが高い人がいます。

    パティシエールの事は あまり知りません。
    願望があれば、専門学校等 オリエンテーションを
    利用したりして、内情を調べてみる事が大事です。

    個人的には どこに行っても 自分次第と
    思いますが、学歴が [漠然]と必要とかでは、
    4年間も勿体ないです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • バカ大学に行く意味はない

    あまり難しく考えないようにしましょう。偏差値30台のバカ大学に行くより、偏差値60台70台の大学に行った方が将来性があると考えましょう。大学行った意味があった、無かったということは後からのことだと思います。私の場合、高校が偏差値43で大学が偏差値60台の学校でしたが、明らかに偏差値が上の学校の方が周りの人間もまともな人間が多いと思います。今までの人生で出会ったクソ野郎な人間はほとんどが高校の同級生です。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 大学が社会でて、全てではないですし、これからの社会は大学より本人がどれだけ会社にとって利益になる存在かを見るような時代ではありますね

    しかし、採用する人を決める会社の人は親と近い年齢ですから、学歴を見る人も多くいますよ。

    例えば、パティシエとして働くとして、
    語学、理系、栄養学、美術系の大学卒業後、製菓学校を経ての面接
    製菓学校だけ卒業だけ面接

    どちらを採用したいか?となれば前者を雇いたいと思う人が多いと思いますよ。
    洋菓子は欧米の語学が使えるのでそちらの国のレシピを読めたり、修行に行けたり、メニューをフランス語表記するのに使えるし、
    理系、栄養学は食物の知識も持っている安心さと、料理という分野でプラスαになる。特に、健康志向の人が増えてる時代ですから
    美術は造形など、見た目での美しさやセンス、手先の器用さなどが分かる

    私自身、仕事が食に関係してる仕事をしてるのでパティシエを新卒で雇うとすると、そういうとこも考えます。

    そんな大きな有名な店じゃなく、町の人から愛されるような小さくてもやり甲斐があるお店もあるけど、そういうとこは個人が出して求人はほとんどないので、難しいか低賃金になることも。もしくは開業。

    もちろん、私はパティシエになる!一生の仕事にする!と強い信念で専門校、修行を積むのもありです。そういう人は多くいますが、女性は結婚や出産のリミットがあるので、それも含め考えてみるのも必要かな?

    親は自分の経験から子に助言するし、自分の遺伝子が流れる子に優秀さを求めるものです
    こればかりは経験しなと分からないからね~
    だけど、あなたの本気度具合だと思いますよ。親が折れるくらいに将来を考えてるって伝われば心配だけど力になろうとしてくれると思います

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 私は大学卒業後、社会経験を経て、製菓の専門学校に行きました。専門学校に行ったのは、趣味で毎日作っていたお菓子の味には満足したものの見た目に納得がいかなかった事と、理論を知って作りたいと思ったからです。またこの時今は夫になった彼氏と長く付き合っており、「独身最後に好きな事を学んでおいで」と背中を押してくれた事と、両家の両親の理解があり叶った事だと思っています。
    私の生家は国家資格を必要とする家業としており、小さな頃から勉強浸け、主様と同じ年代の頃、「大学進学」以外の選択肢は両親の頭には全くありませんでした。
    専門学校は女性の比率が8割くらいでしょうか。在学中にパティシエになってからの生活(過酷な仕事の実態・収入など)について講師の方からお聞きしたり、授業の一環で現場に入る事もありましたが、それは大変なものでした。まず体力がいる仕事なので男性が重宝されます。仕事は朝の6時~夜の9時、お給料は社会保険もなく15万あれば優遇に入るくらいです。腰痛・寒い場所での長時間の立ち仕事による婦人病の悪化などで、三年以内に離職される方がほとんどだそうです。
    また大手企業で商品開発をされる方は、大学卒業者で、専門学校卒業者はその土俵にすら上がらせてもらえません。
    大学に行けるのであれば、私は大学進学をおすすめします。大学の方が将来の選択肢が多い事・収入の高い職業につきやすい事・お菓子作りは教室などで習いながら上達も可能だからです。駆け出しパティシエでは、材料費も捻出できないかもしれません(私の先生は始めの三年年金も払えず、万年栄養失調だとおっしゃっていました)。そして社会にでれば学歴で判断する人が悲しいですが多いです。
    つらつらと書いてしまいましたが、主様が「どんな生活・環境・人生のプラン」を思い描くかが、主様の進路のヒントになるのではないかと思います。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 大学が嫌でなければ、経済的な心配もないのであれば、4年間社会勉強なさってはいかがでしょう。
    パティシエールになるために人生経験と思って。

    ご自宅を出て、自分で稼ぎながら製菓学校に通う!とまでの覚悟があるなら、それはもちろん立派だとは思います。でもなかなかそうはいかないですよね。
    さきもりぱんさんのお母さまのような方は、是が非でも大学に行かせようとしますよね。
    わたしの母もそんな感じで、なにかにつけわたしがうん、というまで夜な夜な説得口撃でした。
    アルバイトもしながら、4年間着々とひっそりとパティシエールになるための準備をしませんか?
    4年の間には、あなたもおかあさまを説得できるだけの交渉術も身につくかもしれません。

    学歴が全てではない、とわたしも思います。でも学歴で給与も違う、見る目も違うのがまだ実情です。
    誰にも文句を言わせない学歴を得てからの
    『学歴が全てではない』というセリフ、かっこよくないですか?

    お母さまは、さきもりぱんさんが大切なのはもちろんですが、自慢の娘でいてほしい気持ちや、自分が短大なことで悔しい気持ちもあったのかもしれません。保育士さんも短大と四大で給与も違うそうですよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 横ですみません。

    >30代さん

    あまり難しく考えないようにしましょう。偏差値30台のバカ大学に行くより、偏差値60台70台の大学に行った方が将来性があると考えましょう。大学行った意味があった、無かったということは後からのことだと思います。私の場合、高校が偏差値43で大学が偏差値60台の学校でしたが、明らかに偏差値が上の学校の方が周りの人間もまともな人間が多いと思います。今までの人生で出会ったクソ野郎な人間はほとんどが高校の同級生です。

    大層勉強なさったのですね。
    尊敬です。
    私は偏差値70の高校に通う高校生ですが、模試の偏差値は50台…。
    成績上げたいです。
    勉強のヒントとか、教えて下さい。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 勉強大切だからしかたないよー。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 集中だけ

    >10代さん

    大層勉強なさったのですね。
    尊敬です。
    私は偏差値70の高校に通う高校生ですが、模試の偏差値は50台…。
    成績上げたいです。
    勉強のヒントとか、教えて下さい。

    机の前にいると
    勉強した気になりますが、
    時間では無くて
    コンセントレーションが 大事です。
    15分位で 科目を変える
    インターバルを取ると 流れてしまうので
    休みは 1時間に 5分で 充分です。

    佐藤亮子さんの 学習の仕方参考になる部分が 大きいです。
    ただ、読んで見ただけにならないで、実行あるのみです。
    それと、ここへ来るのは まだ早いです。
    ネットは 時間のたつのが早いので
    ムダです。今は。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
≪ 最新
‹ 前へ
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する