現在の発言数519,381件!

汚部屋になりつつある・・・

義両親共になくなって旦那の実家に住んで数年
義父の妹(叔母)が家を出ることもなくそのまま住んでます
子供の頃の怪我が原因で少し体が不自由ですが細かい作業や高い物を取ること以外はなんとか自分で出来る程度です

昔ながらの茶の間で仏壇があり叔母の生活圏は部屋と茶の間。高齢なこともあるのか仏壇に何かと供える。そして私物を仏壇周りとその近くの自分の席周りに置いてるんですがどんどん増えてって、そろそろ見ててヤバイだろう・・・これは・・・って感じになってきてます
普段は私たちの生活圏は2階なんですが行事ごとがあるとみんな集まり人数も多いので茶の間に座れる人数もその荷物で限界がきてます

生前、義母も困惑してましたがそれでもまだ、義母に気を使ってたのか物が多いなとは思ってもみんな集まり座れました。おもに、袋、雑誌、新聞、お菓子の空き缶や箱、他です。袋や箱は収集癖?のようにとっといてて違う部屋にも

普段は私たちはタッチしないのと叔母ということで微妙な位置なので言いにくい Sweat仏壇にいたってはお供えなのか自分の食べ物置き場なのか分からない感じになってます Sweat食べ掛けを置いたり、つみあがった荷物でその下はもう1年以上掃除機もかけれず、夏は虫も茶の間だけ多いのはそのせいなのか・・・?

これって片付けれない人なのか?上手く気分害さない言い方で片付けてもらえる方法ないですかね Sob
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言13件 (全13件)

  • お疲れ様です。
    大変ですね、気を使わないといけない事があり。
    もし私なら、旦那から言ってもらい片ずけしてもらいます。だって兄妹なのだから。虫、いやですし。臭いしそうですし。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 共感

    あ〜〜すごくよくわかります。私も同居の義伯父(義父の兄)の荷物には悩まされましたから。
    ただ、本人には悪気はなく悪習慣になっていたんですよね。
    義伯父の場合、工具や備蓄品の買いだを入れるために家の周りにびっちり物置が4棟、はみでる分を置くためにスチールラックが5個、使いかけのノコギリやナイフや釘やボルトが庭のあちこちに置きっ放しという状態、自室も掃除はせずお菓子も食べっぱなしで窓からスズメが侵入してくることも(笑
    それらが片付いたのは義伯父が亡くなってからでした。
    それまではある程度は目をつぶり、限度を超えそうなところで声をかけて私が片付けいました。声かけは正当な理由と思える感じで「子供達が遊ぶのに危ないから片付けますよ〜」とか「賞味期限切れているけどどうします?」など。
    そしてもどうしてもこれはヤバいでしょ?ってものはコソ〜〜〜と捨ててしまいました。
    「あれを知らない?」と聞かれても「さあ?どうしたんでしょうね?」とうやむやに。
    そうでもしないとお宝の山に侵食され続けてしまいますからね(^^)

    ハム好きさんの義叔母さんの場合も、そうとう目をつぶってこられたのですよね。
    やはり何か正当な理由と思えるような時に声かけ程度になるんでしょうか。
    たとえば法事の前に「来客全員が座れるようにしたいですね、この辺だけ私が片付けていいですか?」とか、正月や盆を前に「この部屋も大掃除したいんだけど」みたいな。
    その大掃除もハム好きさんだけでなくご主人も巻き込んでとなれば、甥(ハム好きさんのご主人)の手前、掃除の手も進みやすくなるかもしれません。

    同居って何かしら思うようにはなりませんよね。応援しています。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ゆうさんさん

    お疲れ様です。
    大変ですね、気を使わないといけない事があり。
    もし私なら、旦那から言ってもらい片ずけしてもらいます。だって兄妹なのだから。虫、いやですし。臭いしそうですし。

    お返事ありがとうございます。
    何かしら同居って気を使いますね Sweat
    旦那に言ってもらったんですがどうも旦那だとなんというか・・・
    「おばさん!これゴミけ?ゴミならこれ全部捨ててやっぉ?んっ?」
    職人でどくとくの訛りの口調で言うものだから
    叔母さんは これ使えるのばっかだ!
    と・・・ Sweat

    あちゃーって感じでそれを聞いてしまったから全部使えるんだ?じゃーなんて言って片付ければいいのだろう・・・と5年目です。
    物がもう積み重なってどかしようがないので掃除機をかけるのをあきらめて1,2年・・・

    そうなんですよね~夏、臭うんですよ Screamハァ・・・

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >カイさん

    あ〜〜すごくよくわかります。私も同居の義伯父(義父の兄)の荷物には悩まされましたから。
    ただ、本人には悪気はなく悪習慣になっていたんですよね。
    義伯父の場合、工具や備蓄品の買いだを入れるために家の周りにびっちり物置が4棟、はみでる分を置くためにスチールラックが5個、使いかけのノコギリやナイフや釘やボルトが庭のあちこちに置きっ放しという状態、自室も掃除はせずお菓子も食べっぱなしで窓からスズメが侵入してくることも(笑
    それらが片付いたのは義伯父が亡くなってからでした。
    それまではある程度は目をつぶり、限度を超えそうなところで声をかけて私が片付けいました。声かけは正当な理由と思える感じで「子供達が遊ぶのに危ないから片付けますよ〜」とか「賞味期限切れているけどどうします?」など。
    そしてもどうしてもこれはヤバいでしょ?ってものはコソ〜〜〜と捨ててしまいました。
    「あれを知らない?」と聞かれても「さあ?どうしたんでしょうね?」とうやむやに。
    そうでもしないとお宝の山に侵食され続けてしまいますからね(^^)

    ハム好きさんの義叔母さんの場合も、そうとう目をつぶってこられたのですよね。
    やはり何か正当な理由と思えるような時に声かけ程度になるんでしょうか。
    たとえば法事の前に「来客全員が座れるようにしたいですね、この辺だけ私が片付けていいですか?」とか、正月や盆を前に「この部屋も大掃除したいんだけど」みたいな。
    その大掃除もハム好きさんだけでなくご主人も巻き込んでとなれば、甥(ハム好きさんのご主人)の手前、掃除の手も進みやすくなるかもしれません。

    同居って何かしら思うようにはなりませんよね。応援しています。

    コメントありがとうございます!同じような経験されたんですね。世代的に物をとっとく、貯めておく年代なんでしょうね~

    そうなんですよ!本人は悪気はないんですがとっとくにしろ習慣でただ積み上げて行くんです!
    本家なので正月、盆、命日など多くの親族が来てお土産を沢山頂くんですがその袋を全てとっとくし、お菓子の箱や缶もでこれは場所を取るったらありゃしないです。時にはしっかりしてるいいダンボールだとか言ってダンボールもです
    床の間?と和室が2部屋続きになってるんですがそこはもう叔母の物置き化してます。前もそんな感じだったんですが義父が亡くなったのを気に義母がずっと片付けたく綺麗にしたかったらしく義母が生きてた時はなんとか物置にはならなかったんですが亡くなったらまた叔母物置になりました。叔母の部屋は真ん中にドーンと布団で入口から布団までの2、3歩しか歩けません(笑)8畳もあるんですがね・・・
    仏壇と茶ダンスの2㎝くらいの隙間にスーパーの袋を押し込んでしまってるのには衝撃受けました Scream

    正当な理由作戦というか暮れにお客さん来るから茶の間大掃除しようと言って掃除機かけて横目で見てたら物の山を綺麗に積み直してるだけで捨てるのはこれだけと片手で持てる程度渡されて強者か!?っと心の中で突っ込んでました。それでにっちもさっちもどうしたら~と暮れからこのままじゃヤバイと本気で思い始めたんですよね
    茶の間の叔母エリアはバレそうなので違う部屋はこっそりと捨ててはいるんですがいつの間にか増えてるし

    旦那がもっとそういうのに気をまわしてくれる人なら違うんでしょうね~旦那は興味ないみたいで年寄りだからしゃーねー!あきらめっぺ!と言って協力してくれません Sob

    最終手段は嫌われるの覚悟で言うしかないですかね。。。やっぱり・・・

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 同居の愚痴はお互いにあるでしょうから、ご高齢である叔母さんにも違う我慢はあるでしょうね。
    年代や生まれ育った環境が違うから理解出来ない部分はたくさんあると思います。
    物資が不足した時代、物を大事にとの時代の方々は捨てる物はないようです。叔母さんが育った環境には掃除機も普及されていないのならば、ほこりも気にならない
    それが普通で当たり前な時代ですから、
    それを覆すのは叔母さんにとって普通ではないのかもしれないです、地道に理解されるようにお掃除するしかないかもですね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >30代さん

    同居の愚痴はお互いにあるでしょうから、ご高齢である叔母さんにも違う我慢はあるでしょうね。
    年代や生まれ育った環境が違うから理解出来ない部分はたくさんあると思います。
    物資が不足した時代、物を大事にとの時代の方々は捨てる物はないようです。叔母さんが育った環境には掃除機も普及されていないのならば、ほこりも気にならない
    それが普通で当たり前な時代ですから、
    それを覆すのは叔母さんにとって普通ではないのかもしれないです、地道に理解されるようにお掃除するしかないかもですね。

    コメントありがとうございます!
    多分かなり我慢してる面はあると思います。今までは心置きなく義母に色々頼んでやってもらったり他の兄弟も近くにいましたから。なので基本、私は用を頼まれても仕事でない限りは答えようとしてますし、生活圏が別なので特に人が集まることさえなくれば平気です。
    時代背景で物を捨てないとっておくという年代の人というのも理解してます
    外の蔵を旦那が仕事用に使うように中の物をとりあえず旦那がいらないと思ったものはどんどんトラックに積んで捨てに行ってしまったことがありそれもトラウマなのかも Sweatあれもこれも使えるから捨てるな!と言ってましたが
    こんなの何に使うんだい?いつ使ったんだい?誰が使うんだい?と言って問答無用で捨ててましたし・・・

    あと心配なのが地震。震災で地震が強い地域だったので叔母の部屋は雪崩のような状態でした。ガラスの破片やらが他のものと入り交ざり片付けも大変だった Cry最初はそうならないようにしてたみたいですが今は元通り!座って動かず、私が一つづつこれはいる?いらない?とやらないと基本全ているになります

    地道に理解されるようにがんばるしかないですかね。賞味期限が5年前の缶詰をとっとくと言われた時くらいは反抗して捨てても大丈夫かな?(笑)それも地道な一歩にとなれるかな~。缶詰はいつまでも大丈夫なんだ!と言われそう・・・

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 一度に

    片付けるといわれると 全部捨てられると、インプットされて
    いらっしゃるのかも知れないですね。

    私は、母のへやを 片付ける際に、一度も捨てると言うことばを使わずに
    お気に入りの姪に あれを上げようか、
    これも きっと彼女なら大切に 使ってくれるよ って言いながら
    いろいろ捨てました。  ごめんなさい?

    一日1個づつ捨てても、十日で10個ですからね。
    少しづつ ネズミが持って行くみたいに 捨てて行きましょう。

    スッキリしたところに、わざと畳の上に お菓子を出して上げたりして。
    心を満たしてあげればいいのでは? 基本は 寂しいのだと思います。

    本当に 強者ですよね。相手は・・・・。判ります。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 根深ですねー。災害や食物の腐食による病気の発生も否めない。旦那もアテにならなさそう。

    叔母さんからわからないよう捨てて行くしかないのですねー。
    しようがない。

    でも、捨てても気付かなさそうですね。

    旦那に叔母さんを散歩に連れてってもらう、その間に片ずけなんてどうでしょう?

    なーんてね(; ̄ェ ̄)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 有効なのは最初の1回だけですが…

    結構「義両親が夢に出てきて…」って、意外と効果あります。
    叔母さんのことを心配しているとか、仏壇まわりが雑多なため身動きが取れず淋しいとか、親戚が来ても座るところすらないことが悲しいとか…。
    叔母さんに堪えそうな言葉を厳選して。
    亡き親の“淋しい”“悲しい”などの負の“感情”はすぐではなくても、考えさせられちゃうんですよね。

    後は、そこに“義両親に心配かけないように私も手を出させてもらう”ことを訴え、上手くすれば日常(年に数回でも)に持ち込むことも可能です。
    但し、ここで上手く誘導できないと…また元の木阿弥なんですけどね^^;

    一度しか使えない手段として、慎重に(事前準備をしっかりwww)使ってみてください。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 防災目的で。

    震災を思い出すタイミングで、防災目的で片づけを提案されてはどうでしょうか?
    例えば、3.11。あと1ヶ月ちょっとです。
    「別に捨てなくてもいいから、避難経路はちゃんと確保しよう」と言って、
    使わないけど捨てたくないものを分類して、ダンボールにまとめるだけでも、
    見た目にスッキリするし、使い勝手がよくなると思います。
    本当は捨てるのが望ましいですが、捨てられるようになる前に、
    モノを手放すことへの抵抗感を和らげる必要があると思います。
    モノが少ない空間に徐々に慣れてもらって、
    「キレイになったね~」とか、「広くなったね~」とか褒めながら、
    キレイだと人に喜ばれるという充足感を得てもらうと、
    モノへの執着心も薄れていくのではないでしょうか?

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >いやし系さん

    片付けるといわれると 全部捨てられると、インプットされて
    いらっしゃるのかも知れないですね。

    私は、母のへやを 片付ける際に、一度も捨てると言うことばを使わずに
    お気に入りの姪に あれを上げようか、
    これも きっと彼女なら大切に 使ってくれるよ って言いながら
    いろいろ捨てました。  ごめんなさい?

    一日1個づつ捨てても、十日で10個ですからね。
    少しづつ ネズミが持って行くみたいに 捨てて行きましょう。

    スッキリしたところに、わざと畳の上に お菓子を出して上げたりして。
    心を満たしてあげればいいのでは? 基本は 寂しいのだと思います。

    本当に 強者ですよね。相手は・・・・。判ります。

    コメントありがとうございます

    多分インプットされてるかもしれません Sweat
    あげる作戦ならいいかもしれない!あげるって箱欲しがるんか?なんて言われそうですがね(笑)

    こっそりネズミのように捨てて行こうと思います!確かに一人になって寂しいでしょうね。物を溜め込む人の多いって聞きますし。

    本当に強者です Sweatコンビニから帰ってきてコンビニの小さい袋を持ってるとその袋くれ!とついさっき言われたばかりです・・・ Sweat

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ゆうさんさん

    根深ですねー。災害や食物の腐食による病気の発生も否めない。旦那もアテにならなさそう。

    叔母さんからわからないよう捨てて行くしかないのですねー。
    しようがない。

    でも、捨てても気付かなさそうですね。

    旦那に叔母さんを散歩に連れてってもらう、その間に片ずけなんてどうでしょう?

    なーんてね(; ̄ェ ̄)

    コメントありがとうございます!

    そうなんですよ~!実は最近ちょっとした切り傷で普段なら絆創膏貼っておく程度の小さい怪我だったんですがばい菌が入り、大きく晴れて膿が。体全体に菌が回って発熱してしまって病院にしばらく通ってたんです。
    私はやっぱり衛生面がよくないんじゃないかその汚部屋のせいももしかしたらあるんかないかと思ってしまいます Sweat

    片足が不自由で歩き方が恥ずかしいと一切外に出ない人なんでいない間に~は無理なので寝たあとにコソコソとちょっとづつ捨てていこうと思います

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • うちの母おやには お金を渡して・・。

    います。これは、フリーマーケットの身入り。
    本当は 売れないのも多々ありますが。
    ビニールも 袋に入れて上げるので要るというと、
    自分が死蔵していた袋を 500枚近くくれました。 Sweat

    それ以降 母の本も レトロが人気とか言って、売りまくりました。
    空箱も 人気があったのです。手作りお菓子をラッピングするのに
    使うとのこと。

    マーケットは 月一ですが、母には 毎週と言って、出かけました。
    道の駅に 用事があるからですが。
    要は利用できるから 取っておくと言うタイプだったのですね。母は・・・。

    わずかな 500円玉でも 喜んでいます。
    今では、フリマに出すのに 集めておいたっていう位に 進化しましたよ。


    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する