現在の発言数478,680件!

結婚=おめでとう?

結婚したら必ずおめでとうと言いますが、私はその言葉に疑問があります。きっと新しいスタートを切ること、新しい家族が法的に認められたというよかったね!の気持ちからだということは想像がつきます。Facebookなどではほとんど投稿しない人が婚姻届ネタ、結婚式ネタ、婚姻届ネタ、妊娠ネタ、出産ネタだけ投稿する人っていませんか?私は心の底では羨ましいと思っているからなのか、羨ましい気持ちの裏返しなのか、素直におめでとうが言えません。離婚するかもしれないのに、流産するかもしれないのに、健康に育たないかもしれないのに、これから大変なことばかりだというのに、なぜみんなおめでとうと言えるのか不思議です。本人は幸せな気持ちなのでしょうね。私は両親が離婚しました。それまで普通の一般的に幸せな家庭だと思っていましたが、母は私が幼い頃から父と別れたかったらしく、きっと20年くらい耐えていたのだと思います。離婚してからは、仮面家族だったのかとか、こんな風になったのは父の性格のせいだとか、結婚したって奴隷のような生活が待ってるだけなんだとか、考えています。友達や同僚も、旦那が◯◯してくれないとか、旦那に聞いてみなきゃ遊べるかわからないとか、旦那を育てなきゃとか、支配されているのか上から目線なのかよくわからず、幸せなのかな?と余計な心配をしています。そんな風に思ったりお伺いを立てたりするのって、幸せなんですか?近々私も結婚します。結婚する必要は感じませんが、いっしょにいるためには法的に認められ、彼の家族にも認められ、同じお墓に入りたいと思ったからです。取り立ててFacebookなどで結婚しました‼︎ということはしたくないし、お祝いされたいとも思いません。女の子って無駄に結婚への憧れを抱き過ぎですよね?私は幸せな結婚生活を期待していません。だからといって不幸だとも思っていません。だんだんと生活していくのみです
Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言20件 (全27件)

  • >どうどう\(__)さん

    Facebookでお知らせは、要はハガキと同じことでしょうね。
    名字、住所等変わるということを、お知らせしたいのではないでしょうか。

    一緒にいるために結婚する。

    それ自体、おめでたいことではないですか?
    何故なら、結婚をしたくても出来ない人だってごまんといるのですから。

    ある意味正論なのかもしれませんが、結婚したいのに出来ない方から見たら、きっと怒りをかいそうですよ。

    軽率でした。
    結婚して、舅姑と付き合って、子ども育てることに自信がありません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • お若いですね?

    こんばんは!ご婚約おめでとうございます。サヤンママです。愛する人と、めぐり逢い二人で、親になりたいのでしよう?おめでたいですよ!ご両親や他人様は、関係ありません。私は、赤ちゃんが作れない結婚を二回もして、辛い思いをしました。妊婦さんが心から、うらやましくて、妹が子供を二人生んでくれて、めでたいと思いました。肉親だと、羨ましいではなく、幸せなんてすね?あなたも、子供さんが授かるように、お祈りしています。親御さんが、離婚しないであなたの事を育てたのは、愛ですね?私は、三回目のダーリンと、猫や犬と幸せに暮らしています。今は、ドクターストップで、赤ちゃんは、作れなくなりました。あなたは、若くて、眩しいです。これから、お互いに努力して、幸せな家庭を築き上げて下さいね!サヤンママより。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >サヤンママさん

    こんばんは!ご婚約おめでとうございます。サヤンママです。愛する人と、めぐり逢い二人で、親になりたいのでしよう?おめでたいですよ!ご両親や他人様は、関係ありません。私は、赤ちゃんが作れない結婚を二回もして、辛い思いをしました。妊婦さんが心から、うらやましくて、妹が子供を二人生んでくれて、めでたいと思いました。肉親だと、羨ましいではなく、幸せなんてすね?あなたも、子供さんが授かるように、お祈りしています。親御さんが、離婚しないであなたの事を育てたのは、愛ですね?私は、三回目のダーリンと、猫や犬と幸せに暮らしています。今は、ドクターストップで、赤ちゃんは、作れなくなりました。あなたは、若くて、眩しいです。これから、お互いに努力して、幸せな家庭を築き上げて下さいね!サヤンママより。

    ありがとうございます!本当は希望いっぱいの人生なんですよね。そのことが幸せ=おめでとう!なんですね?なんとなくわかった気がします。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 僕にとって結婚は夢のまた夢です。現状では籍を入れるのはとても難しいです。だからこそ結婚には憧れます。羨ましくも思います。でも事実婚という選択は可能だし、そんなにこだわる必要もないような気もします。結婚って何なんでしょう。
    好きな人との関係を国に認められるのですから、おめでたいことだとは思います。どうすることもできない理由で認められない人もいますから。
    結婚後はそれぞれで全然違いますけど、その瞬間くらい盛り上がってもいいんじゃないですかね。もちろん盛り上がらないといけない訳ではありません。人それぞれです。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ゴールではなく、スタート。

    綾乃さんの考えは(結婚が)ゴールではなく、スタートだという考えの持ち主だと思います。実際、そうですよね?確かに結婚にたどり着くまで、決断するまでに、すんなりスムーズにいかない場合(金銭的にとか、家族の許可とか、色々)は「やっと」結婚できる感が沸きあがってくるんだと思います。私も私の主人も「スタート」派でした。幸いお互いの家族には反対されることもなく(二人ともバツイチ同士)、金銭的に余裕もなかったので結婚式も、指輪もなし。それでも今年で結婚10周年になります。冗談で「じゃ、10年後に結婚式しようか?」なんて話してましたが、今は「まっ、いいかー。」という結論になりました。お互いに信頼しあい、いつまでも尊敬できる関係でいられるお相手に出会えたのだから、綾乃さんも「おめでとう!」です。どうぞお幸せにね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • ちょっと昔の私みたい (笑)

    私もそう思う時期ありました!結婚して子供が出来たとかそれが絶対的な幸せではないのになんでお祝いをしたり幸せと決めつけるのだろうと。
    私も家庭環境は複雑でした。
    多分、普通に夫婦円満家族円満で育った子は素直に家庭=幸せであったかいものと思うでしょう。複雑な家庭で育つと家庭が絶対的に幸せではないことを学んでしまいます。どっちの経験もTVなどで見ても身を持って経験しないと分からない感情です。複雑な家庭ほど多くの辛い思いやその他の可能性など考えてしまうと思います。楽しい記憶より辛い記憶のが脳は強く記する。それは自己防衛の危険からの回避をする生き物の学習能力なのでしょうがないです
    幸せな家庭で育った子は素直で明るいと言うイメージがあるのは闇的部分を知らないから考えることもない。防衛しようと卑屈な考えや思考もなく気持ちのまま素直な思いが現れるんだろうな。
    とはいえ、どっちの家庭環境も経験することなんて人生タイムスリップでもしないとその時の経験は出来ないし家庭は選べないので

    他人や知り合いの幸せを願っての素直なおめでとうという気持ち。未来に何があるかはその人の人生であって瞬間の今を知ったことで祝う気持ちを持とうと思いましょう。大人になればその言葉に心がなくてもマナーと思いましょう
    新しい命や幸せな家族を自慢したい気持ちもなってみないと分からないですし幸せなアピールをすることで幸せを実感する人もいるし、そこは臨機応変に人の性格であり考えの違う自分が理解しようととか難しいことを思わずに人の幸せへを祝ってあげる気持ちを持とうとすること。

    自分の経験や考えから不の方のイメージしてしまうのはしょうがないしそれを無駄じゃない経験として役立て素直に人におめでとうと心から人に言える人になろうと今は思ってます^^ですがたまにどうせ~・・・なんてまだまだ思ってしまいますがね^^;;

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • Facebookって、幸せ自慢の場所じゃないですか??
    失礼ですが、マリッジブルーなのでは?
    そしてとてもお優しい方なのですね。彩乃さんの考え方も素敵だと思います。

    妊娠したら流産するかもしれないからおめでたくない…流産は妊娠に付きまとう当たり前のリスクであって、私は例え友達でも、最初からそこまで心配できないです(^^;)おめでとう!って言ってしまいます。無事に育つように希望を込めて。
    本当に流産してしまったのなら、その時はフォローしてあげたいですが。

    「女の子って無駄に結婚への憧れを抱き過ぎ」は、
    「私だって仮面夫婦じゃない親でいてくれたら、もっと結婚に希望をもてたのに」が裏に潜む本音かな?と感じました。

    親が~、父が~、は変えようのない事なので、受け入れて・許す、しかないです。

    結婚に希望が持てない中でも、結婚を共に選べた伴侶に出会えたこと、とても幸せなことだと思います。末永くお幸せに(^^)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • おめでとうの時もそうではない時もあると思います。
    私は特に友人や兄弟が結婚してもおめでとうとか思いませんが、とりあえず言葉では言っておきます。
    それが礼儀かなと。
    結婚式も正直面倒なので行きたくはないです。
    付き合いで行かざるおえない感じで。
    写真も撮りません。
    後々削除するなら最初から撮らない。
    幸せの押し売り。
    彩乃さんは彼の子供を彼と育てたいと思って結婚するならそれは愛しているからですよね?
    それならそれで良いのでは?
    御幸せに。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 難しい

    正直、結婚を発表した相手におめでとうと言われても本当に心からそう思ってるのかは謎ですね。関係ないけど妊娠すれば仕事の仲間にも何かしら迷惑?がかかることですしそうなったら素直に喜べない人もでてくるかと
    おめでとうは社交辞令こう考えればいいのです。
    ひねくれてるかもしれませんが私は人間皆二枚舌だと考えています!

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • おめでとう、の一言くらいで相手の方の人生全てをかけなきゃならないんでしょうか?
    結婚する、そのことだけをとらえればおめでとうでいいじゃないですか。

    人生いいことも悪いこともあって当たり前です。そんなことみんな知ってます。知ってて言うんです。
    結婚するの?離婚するかもしれないし、流産するかもしれないし、健康に育たないかもしれないし、大変なことばかりだからおめでとうとは言わないね。
    て、言うんですか?

    余計なお世話だよね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 軽くてもいいのでは?
    おめでとうは挨拶みたいなもんです。
    結婚おめでとう、あけましておめでとう、誕生日おめでとう、別に思ってなくても言いますよ。
    言葉と気持ちが一緒の必要なんてないんですから。

    ご自身は結婚にあまり積極的ではないようですね。
    それっていいことだと思います。
    ふわふわした甘い憧れや幻想を抱かず、現実的ってことです。
    私は複雑な家庭環境で育ちましたが、冷静に客観的に結婚を捉えることができたので、こんな生い立ちでも良かったと思ってます。

    ものは考えようです。
    期待しなければ、少しのことが喜びになります。
    期待する人だけが、がっかりするんです。
    あいさつも、旦那を貶める発言をする人も、それは時と場合によって使いわけすることのできる、言わば人間関係に必要なツールのようなもの。
    本当のことや幸せかどうかは、当人だけが知っていたらいいと思いますよ。
     

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • たしかに、部落差別や人種差別により認められないカップルもいますもんね。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • [コピペ]
    大和の国は言霊の幸わう国
    「おめでとう」※「御大切」に
    明けましておめでとうございます。
    一月は別名で睦月(むつき)、或いは「睦び月(むつびつき)」とも呼ばれます。
    睦び合い親しみ合う月、という意味です。簡単に言うと、みんなが仲良くする月、ということですね。正月に、親族一同集って正月を祝う宴をし、楽しく、笑顔で過ごします。
    そして、互いに「おめでとう」と、新年を迎えられた喜びを祝福し合います。
    「おめでとう」の語源は「めでたし」で、「愛(め)で甚(いた)し」という意味だそうです。
    「愛でる」は、愛する 、大事にする、 大切にする、楽しむ、味わう、 喜ぶといった意味があります。「甚(いた)し」は、それが甚だしいことです。
    「愛(め)で甚(いた)し」は簡単に言うと、「とっても大切な愛すべきものを、心から味わい喜ぶ」ということですね。
    私たちが「おめでとう」と言い合う時、「とっても大切な愛すべきもの」を、共に味わい、一緒に喜んでいる訳です。
    「とっても大切な愛すべきもの」とは、今まさに目の前にある一瞬のことでしょう。
    つまり、ありがたく新年を迎えられ、家族や友人が睦び親しくしている「その瞬間」のことです。「おめでとう」は、元々、単に挨拶とか儀礼としての言葉でなく、目の前の瞬間に対する「愛」の表現であり、その瞬間を祝福する言葉なんですね。
    (中略)
    「愛」とは、大切に思う心。
    「おめでとう」は、目の前の瞬間を、とっても貴重なものとして大切に思う心。そして、「その瞬間を味わえること」を祝う言葉と言えます。
    人生は、「目の前のこの瞬間」の積み重ねでできています。正月に限らず、「目の前のこの瞬間」は、二度と手に入らない大変貴重なものです。とっても大切な愛すべきものです。

    おめでとうございます。

    そして、全ての瞬間を、御大切に、御大切に。 



    (お邪魔しました。)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 結婚して幸せだと言ってる人に対してはおめでとうと言うでしょうね
    よかったね、という気持ちを込めて

    でも結婚して幸せだとか嬉しいと思ってない人に対してはおめでとうとは言わないと思います。

    人生の中でおめでとうって言う場面結構あると思います

    試験に合格した
    就職が決まった
    出来ないことが出来るようになった
    努力が評価された

    いろいろあると思いますがこれって嬉しい事だからおめでとうって言うんだと思います。

    例えば無理やり試験を受けさせられて合格した人に私はおめでとうと言いません。

    そして、みんな周りからおめでとうと言われたくて結婚してるわけではないと思いますよ?

    彩乃さんが旦那様を愛していて、その方と一生を共にしたくて、2人の間に子供がほしい。と思っているなら周りはあなたを祝福したいのです。

    好きでもない人と結婚するんだったらその方にも失礼だし、おめでとうという言葉はふさわしくないでしょうね

    でもきっと彩乃さんは他の方と同じように幸せを感じていると思います。
    大好きな方だから一緒にお墓に入りたいと思うのでしょう。

    周りなんて当てになりませんよ、喧嘩を一度もせずにらぶらぶのままおじぃちゃんおばぁちゃんになった夫婦だってたくさんいると思います!

    男は浮気するもんだって言ってる人がいますが私は旦那を信じているし、ずっと大好きなまま結婚生活を送れると信じています。

    似たようなケースがあってもみんな同じじゃないですから、怖がらずに幸せを信じてもいいのではないでしょうか?





















    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  •  私は38歳で見合い結婚だったのですが、母と二人で話しているときにふと「結婚って親孝行なのかな…」と軽く聞いてみたところ、「自分の子供が人様に認めて貰えたと思ったら、今までの自分の子育てが間違っていなかったとやっと認めて貰えた気がする」とやんわりと返ってきて、そんな風に思ってくれていたのならもっと早く安心させて上げられれば良かったなと思いました。

     「結婚」は社会参加への形の一つではありますが、それは当事者だけではなく周りにも強い印象を与えるもののようで、その結果から「社会によって支えられる」と言う意味を知る一歩のように感じました。
     私は結婚を経て「自ら生きる」から「周りに支えられて生きている」と感慨が変わったように思います。

     また、トピ主様はもしかすると「授かり婚」という形なのでしょうか?
     なので結婚という形への感情が整わぬままに、周りからの期待感が重荷に感じていたりするのかなと。

     ただ、「子はかすがい」と申しますが、「かすがいだけで家は保たぬ」とも思うのですよね。
     夫婦が様々な困難を乗り越えることで理解を超えた信頼関係を紡ぎ、しっかりした木組みと変わって行くところに子がかすがいの役目を果たすという形でしょうから、今その感慨が無くとも子育てを介して形が見えてくるのでは無いかと思います。

     不安や苦悩を超えたところに未到の幸せがきっとあると思いますので、「どうぞお幸せに」と言う言葉を贈りたいと思います!(^^)

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • どうしたの?

    「おめでとう」とは、門出のはなむけの言葉だと思います。
    仰る通り、万事上手く行くとは限りませんが、だがらこそ身近な人間が「おめでとう」とエールを送り幸せを祈るんだと思います。
    私は明るく生きていきたい。内実、苦しい思いや辛い思いがあったとしても、笑ってたいですね。
    なので、縁あって身近にいる方の幸せには笑って心から「おめでとう」って伝えたいですね。
    幸せって、きっと伝染すると思いますよ。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • まだまだ、結婚したくないの?

    >20代さん

    僕にとって結婚は夢のまた夢です。現状では籍を入れるのはとても難しいです。だからこそ結婚には憧れます。羨ましくも思います。でも事実婚という選択は可能だし、そんなにこだわる必要もないような気もします。結婚って何なんでしょう。
    好きな人との関係を国に認められるのですから、おめでたいことだとは思います。どうすることもできない理由で認められない人もいますから。
    結婚後はそれぞれで全然違いますけど、その瞬間くらい盛り上がってもいいんじゃないですかね。もちろん盛り上がらないといけない訳ではありません。人それぞれです。

    こんばんは!はじめまして!サヤンママです。結婚は夢じゃないです。現実的な家族作りです。まだ、お若いから美化していますか?結婚式は夢です。結婚は、現実的で、妻や子供さんを持つ契約です。不貞ををしないという誓いや、扶養の義務などもあります。恋愛している気持ちのまま、結婚するとしんどいですよ。私の経験上、結婚は、恋愛ではなく、家族家庭を作る事です。恋人が、妻に変身するのです。夢じゃないのが、結婚です。サヤンママより。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >サヤンママさん

    こんばんは!はじめまして!サヤンママです。結婚は夢じゃないです。現実的な家族作りです。まだ、お若いから美化していますか?結婚式は夢です。結婚は、現実的で、妻や子供さんを持つ契約です。不貞ををしないという誓いや、扶養の義務などもあります。恋愛している気持ちのまま、結婚するとしんどいですよ。私の経験上、結婚は、恋愛ではなく、家族家庭を作る事です。恋人が、妻に変身するのです。夢じゃないのが、結婚です。サヤンママより。

    コメントありがとうございます。
    20歳なので今すぐという訳ではないですが結婚はしたいですよ。子供もできることなら。でも今のままではできないんです。日本では認めてもらえません。妻と子供のいる生活は今はまだ僕にとって現実的なものではありません。そういう意味での夢です。でもいつか自分が変わるか国が変わるかで結婚できる日がくるかもしれません。その時はサヤンママさんの言葉を思い出します。結婚に対する考え方、とても勉強になりました。ありがとうございました。まだまだ若輩者ですが、夢が現実となるように精進します。

    テーマとずれるかもしれませんがすみません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • 二十歳ですか?

    >20代さん

    コメントありがとうございます。
    20歳なので今すぐという訳ではないですが結婚はしたいですよ。子供もできることなら。でも今のままではできないんです。日本では認めてもらえません。妻と子供のいる生活は今はまだ僕にとって現実的なものではありません。そういう意味での夢です。でもいつか自分が変わるか国が変わるかで結婚できる日がくるかもしれません。その時はサヤンママさんの言葉を思い出します。結婚に対する考え方、とても勉強になりました。ありがとうございました。まだまだ若輩者ですが、夢が現実となるように精進します。

    テーマとずれるかもしれませんがすみません。

    こんばんは!サヤンママです。私は、21歳で、最初の結婚をしました。お式も披露宴も、きちんとしました。二回離婚して、大人の結婚がわかりました。夢を持つのは、素敵です。でも、夢では家族は持てないし、暮らせない。恋愛は、結婚がゴールではないと、覚えていて下さいね!そうすれば、私みたいに離婚を繰り返さないと、思います。サヤンママより。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >さじっとさん

    おめでとう、の一言くらいで相手の方の人生全てをかけなきゃならないんでしょうか?
    結婚する、そのことだけをとらえればおめでとうでいいじゃないですか。

    人生いいことも悪いこともあって当たり前です。そんなことみんな知ってます。知ってて言うんです。
    結婚するの?離婚するかもしれないし、流産するかもしれないし、健康に育たないかもしれないし、大変なことばかりだからおめでとうとは言わないね。
    て、言うんですか?

    余計なお世話だよね。

    大変なことばかりじゃないとしても、なぜおめでたいのかが分かりません。
    なぜ祝うべきことなのか説明無しに余計なお世話、では納得できません。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
≪ 最新
‹ 前へ
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する