現在の発言数478,596件!

ドイツ北部のクリスマス菓子

クリスマスシーズンにドイツのハンブルグで、塩味の固焼きクラッカーというかミルフィーユのようなものを食べました。とっても美味しかったです。塩味でバリバリと固くて、かつ何層にもなっていてヒマワリやカボチャの種が乗っていたと思います。夏にハンブルグに行ったときには売っていませんでした。名前やレシピをしっている方いらしたら教えてください。

Icon agree@2x 0
Icon nice@2x 0
お気に入り

最新の発言2件 (全2件)

  • もしかしたら『シュタンゲン・ヘルヘン』ではないでしょうか?
    ブレートフェンと呼ばれる小型のパンの一種らしいのですが、生地が層になっていてトッピング(塩、ゴマ、ケシ等)があるみたいです。

    トッピングの種類と形?によって名前が色々変わる(『シュタンゲン・○○○』とか)みたいですよ。

    また聞きなので、らしいとかみたいばかりでごめんなさい。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
  • >ひみつさん

    もしかしたら『シュタンゲン・ヘルヘン』ではないでしょうか?
    ブレートフェンと呼ばれる小型のパンの一種らしいのですが、生地が層になっていてトッピング(塩、ゴマ、ケシ等)があるみたいです。

    トッピングの種類と形?によって名前が色々変わる(『シュタンゲン・○○○』とか)みたいですよ。

    また聞きなので、らしいとかみたいばかりでごめんなさい。

    ひみつさん
    回答ありがとうございます。さっそく調べます。まさに、塩と種実のトッピングで、固めミルフィーユだったんです。ありがとうございます。

    Icon agree@2x 0
    Icon nice@2x 0
Arrow upトップに戻る

この話題に発言する